カテゴリ:
憧れの先輩女性と寿退社の最後の一夜

当時、俺は入社2年目、相手は3つ先輩の営業事務。
当時勤めてた会社は関東に幾つか拠点があり、その中でも「○○営業所の佐藤さん(仮名)」と言えば誰でも名前を知ってるくらい綺麗な人だった。
割りと上品ぽい雰囲気で、目立つような派手さはないが、話し掛けると後輩にも笑顔で優しく接してくれた。

俺は当時学生の彼女がいたが、飲み会とかで誰が好みか議論になると
「おれは断然佐藤さんがいい!」
「じゃあアタックしろよ、絶対無理だから」
「えー、そうかなー」
とか言って楽しんでた感じ。
恋愛感情には至らなかった。
その話は本人にも伝わったけど、実際は彼氏いたし、まぁ俺もたまに話してホンワカした気持ちになる程度だった。
所謂『高嶺の花』という感じ。
そして、俺が2年目の終わりの3月に、佐藤さんは寿退社することになり、その送別会での事だった。



佐藤さんの彼氏は、会った人に言わせると俺に似ているらしかった。
酔った勢いもあって
「佐藤さん、もしもっと早く知り合ってたら、自分が佐藤さんと付き合ってたかもしれませんよね!」
そしたら
「そうだね」
なんて言うものだから社交辞令とはわかりつつも、送別会では最後まで
「あ~、もっと早く知り合ってれば~」
ばっかり言って、まわりから
「何勘違いしてんだ。馬鹿じゃない」
とかいじられながら、雰囲気としては楽しくお開きとなった。

スタートが遅くて、店を出た時は電車はなかった。
当時は今ほど飲酒運転が騒がれてなかったこともあり、帰る方向が同じ同士で何台かのクルマに別れて帰ることになった。
俺は飲んだ勢いもあり、「佐藤さんは自分が送ってきますよ!」とみんなに宣言。
方向は全然違ったけど。
佐藤さんは意外とあっさり「じゃあお願いね」回りの奴らは
「最後だからな。まぁ事故だけ気を付けろよ」とか
「おまえもしつこいねー。佐藤さん実は迷惑なんじゃねーの?」とか言ってた。
とりあえずクルマ発進。


内容は覚えてないが、取り留めのない話をしてたと思う。
途中でコンビニに寄った。
「酔いざましで、冷たいもの買ってきますよ」
「あ、あたし」
二人してコンビニへ。肩を並べて買い物してると、(佐藤さんと、こんなデートみたいな事したかったなぁ)っていう思いが沸いてきた。
クルマに戻り、また走らせてる最中に、ちょっと迷ったけどダメだったら酒のせいにしようと覚悟して
「佐藤さん、結婚する前に一回デートして下さいよー」
当然のように答えは
「えー、ダメだよ。明日から早速忙しいしね」
「ちょっとだけでイイっすから。でもヤバイですかね、やっぱり」
「うん。それより彼女とうまくやりなよ」
「うーん…、そうですかぁー」

この辺は、飲み会の延長で軽い感じ。雰囲気が変わったのは次の会話からかな。
「なんか、佐藤さんと二人だけの思い出が欲しいなぁー、なんて」
「思い出?私と?そうだねー、最後だしね」
この時点で、なんかありそうな雰囲気が出てきた。
と、俺は思ってた。
でも、どうしたら良いかわからず、その後は二人とも無言。
一気に緊張して、心臓はバクバク状態。
何を話していいかわからなかった。


でも、佐藤さんの実家があるマンションはだんだん近づいてくる。
助手席の佐藤さんも何も喋らず、時々俺の顔を見て様子を伺ってる。
ヤバイ!もうすぐ着いちゃうよ。
仕方ないから「あのー…、ちょっと止めていいですか?」多分声は震えてたと思う。
うまい具合にクルマ通りの少ない道の路肩に止めた。
とりあえず残ってた飲み物を飲んだり、溜め息ついたりしてたけど、次の展開がわからない。
すると佐藤さん
「どうしたのぉー?(笑)」
俺の顔を覗き込む。
「え?…いや、お、思い出をですね…」
「?思い出?」
「はい」また無言。
「えー?ほんとにー?で、どうするの?」

もう、勇気を振り絞って言った。
「ダメならダメでいいんですけど…。えーと、キ、キスさせて下さい。」
明らかにひきつった笑いを浮かべながら。
「あはっ、キス?うーん、いいよ。」
なんとオッケー!
「ほんとにいいんですか?ほんとに?」
「うん。でもちょっとだけだよ」
ニコッと笑いながら体を俺の方に向き直す。
俺も助手席の方を向く。
佐藤さんはまっすぐ目を見てくれるんだけど、
俺は照れ臭さと緊張で目を見たりそらしたり。


「やだー、どうしたの?」笑いながら俺の肩をたたく。
「えーっとぉ、じゃあ」とか言って佐藤さんの肩あたりに手を添える。
「手、震えてるよ」
「すいません。。。」
少し体を寄せると佐藤さんが目を閉じた。
そのまま唇をそっと合わせる。
緊張で何が何だかわからなかったけど、
そのままジッとしてるとだんだん落ち着いてきた。

舌を入れて、もっと激しくしたい。でも、なかなか勇気が出ない。
肩をつかんでた手に力を入れ、グッと抱き寄せる。
すると、佐藤さんは唇を離し、軽く俺の胸を押して距離をとった。
マズかったかな、と不安になる俺。
佐藤さんは、俺の両手を握り、下を向いたまま。
何も言えないでいると、佐藤さんが顔を上げて俺の目を見る。
俺は多少落ち着いてたけど、衝動的にもう一度キスをした。
またそのままでいると、佐藤さんは俺の手を離し、首のあたりにまわしてきた。俺の顔を支えるようにし、次の瞬間舌で俺の唇を軽く舐める。
俺もそれに答えるように舌を動かす。
ディープキスと言うよりも、互いの舌先の感触を確かめる感じ。


興奮してきた俺は手を佐藤さんの背中から少しづつ下へ。
脇腹あたりをブラウスの生地をさするように撫でていると、その手をよけるように体をわずかに動かす。
強い抵抗ではなかったので、手を腰骨にあてがいゆっくり動かす。
「ん、」と言う声がふさいだ口から何度か漏れる。
そうこうしてると、唇を離し、
「もう終わりにしよ?」
俺はえっ?て思いながら仕方なく
「あ、はい。すいません・・・」
性的な興奮もあったけど、同時にいとおしさも込み上げてきて、もう会えないかと思うとマジでつらくて泣きそうになった。

多分、涙目になってたであろう俺の顔を見ながら佐藤さんは、困ったような慌てたような感じで
「ごめんね。でもこれ以上はいけないでしょ?わかるよね?」
「わかります。でも‥‥」
「でも?」
沈黙する佐藤さん
「気持ちはうれしいけど、私もう結婚しちゃうから、これ以上は何も起きないよ。」
そんなこと改めて言われるとますます悲しくなった。
「もー、どうしたの?しっかりしなよ!」
「はい」
見兼ねたのか佐藤さんは
「まだ何かあるの?」
「……あの、ほんっとに何もしませんから……朝まで一緒にいてください」
佐藤さんはしばらく黙ってたけど
「ほんとに何もしないよね。約束だよ」
ちょっと困った様子だけどオッケーしてくれた。
ほっとした俺は、笑いながら
「ありがとうございます!」
純粋にうれしくて、何もなくてもまぁいいや、と思った。
そして適当にクルマを走らせ、最初に見つけたラブホへ。

そこは部屋がコテージみたいに独立してて、空きランプの部屋に勝手に入るとお金を精算するまでドアが開かないタイプ。
駐車場から部屋までのわずかな距離の間、佐藤さんはなぜか俺の腕につかまって寄り添ってきた。
「えっ?」
って思いながら
「なんか本当のカップルみたいですね」
佐藤さんはいたずらっぼく笑いながら
「でしょー?」
でも部屋に入ると腕はほどいてちょっとガッカリ。


普通だったらとりあえず風呂にお湯張るんだけど、そうもいかず、二人で何秒か立ち尽くしてた。
佐藤さん「すわろっか」ソファに並んで腰掛けた。
妙に落ち着かなくて、でもいきなり押し倒す勇気もなく、会社の人の噂話とかどうでもいいことを話してた。
なんか気まずい雰囲気で、不自然に話が途切れてしまう。
場が持たない事もあり
「ちょっとシャワー浴びていいですか?」
「え??」
「いや、変な意味じゃなく、ちょっとサッパリしたいんで。」
佐藤さんは何も言わずにうなずいた。
ガラス張りとかでなく、仕切られたバスルームだった。
シャワー浴びながら、やっぱり色々想像してしまい、ちんぽはムクムクと勃起。
雑念を振り払うように興奮を鎮めて、バスロープを着て戻った。

その姿を見て「あ、着替えたんだね」とか言いながら耳を真っ赤にした佐藤さん。
その後は、クルマの中と違い、俺の目をなかなか見ようとせず、急に落ち着かなくなった。
恥じらってる様子が分かり、また俺もドキドキしてきた。

話も全く弾まない。
思い切って
「あの、またキスしていいですか?」
「え?うーん‥」下を向いてしまった。
俺は佐藤さんの手に触れてみた。何も抵抗しない。
今度は手を握り、少し引き寄せながら「お願いします」そしてキス。
最初から舌を使い、今度こそやや激し目のディープキス。
佐藤さんも舌の動きが激しくなる。
そのままギュッと抱き締める。
さっきと同じように手を脇腹から腰へ。

佐藤さんの鼻から大きな溜め息のような息が漏れる。
どうも背中が感じるらしく、爪の先で触ると体がビクッと動く。
そして握ったままの俺の左手を強く握り返してくる。
次に手を下に這わせ、スカートの上からお尻を撫でる。
「ンッ」と声を出したが、すぐに顔をそむけ、俺の体から離れてしまった。
「ダメって言ったでしょ。約束したよね」
口調は怒ってたけど、目は優しいいつもの佐藤さんだった。

俺はもうカチカチに勃起していた。
いろんな意味でいたたまれなかったのか、あまり深く考えずに
「佐藤さん、約束はしましたけど、やっぱり我慢できません。…佐藤さんのこと好きです。だから、今日だけお願いします」
気が付いたら、土下座まではいかないけど、ソファに並んだ半身の体勢ながらも、はっきりとお願いした。
我ながら潔いと思うほど。
佐藤さんはまた下を向いてしまった。

もう一度、
「お願いします」
「ほんとに私のこと、そんな風に思ってくれてるの?」
「はい。本当です」
「えーっ?……最初で最後になるけどそれでもいいの?」
「はい」
「それから、今日のこと誰にも言わない?」
「絶対言いません」
「もし、結婚ダメになったら恨むよ」
「そんなこと絶対しません。」
「…じゃあ、ちょっと待ってて。私もシャワー浴びてくるね」
佐藤さんはニコッと笑いながらシャワーの方に行った。
俺は、お願い攻撃でエネルギー使ったせいか、放心状態でソファに座っていた。
その時はちんぽも起ってなかったと思う。

浴室のドアが開く音がして、我に返った。
佐藤さんが出てきた。
ピンクのバスローブ(安っぽいけど)、少し濡れた髪先。
すごく綺麗でポーッとして見てたら、こっちに近付きながら
「あんまりジロジロ見ないのっ」
ハニカミながら言った。
「す、すいません」
「謝らなくていいのに」
アハハって笑って、俺もつられて笑った。
しかし佐藤さん、ソファに座らず中途半端な場所でつっ立ってる。
俺がポカンとして見てると、
「しょうがないなぁー。本当は男の人がリードするんだよ。」
と言いながら目の前まで来て片手を差し出す。
ようやく察した俺は慌てて手を繋いで、ベッドの方へ。
二人でベッドの上に座った。

次)憧れの先輩女性と寿退社の最後の一夜 2