カテゴリ:
車が壊れて妹とホテルで一泊したときの最高の近親相姦エッチ体験談 3

前)車が壊れて妹とホテルで一泊したときの最高の近親相姦エッチ体験談 2

すかさず俺はスッと手を抜き、由貴の手にあるスポンジを奪い取る様に取ると、
「今度はオレが洗ってやるよ♪」そう言って由貴の背中から洗い始めた。
その間も由貴は両腕をギュッと身体の前で閉じて身を固くする様にしていた。
それを俺は
「ほら、手を広げてごらん」
と優しく囁くように言うと素直に腕を左右に広げてきたので、持っていたスポンジで丁寧に洗い始めた。
そしてスッと両腕の下から身体の前に手を廻して、由貴の背中に自分の腹を密着させる様にピタッとくっ付くと、
「由貴もすっかり大人になったんだなぁ♪」
と言いながら、持っていたスポンジで由貴の腹部から上に向かって両乳房をそっと撫でるように洗ってやった。
「あん♪お兄ちゃん…くすぐったい…んっ!」
丁度、乳首をスポンジが擦った時だった。



「くすぐったいの?気持ちイイんじゃなくて?」
そう言いながら執拗に乳首をスポンジで擦り続けると
「あんっ♪そこは…ダメ…あん♪」と喘ぎだした。
だが嫌がる素振りは無く、されるがまま俺に委ねているようだった。
そこで俺は持っていたスポンジを一旦離すと、
今度は直接手で両方のオッパイを優しくマッサージする様に全体を揉み先端に向かって搾り出す様な手の動きをした。
そして最後は乳首を軽く摘んでみると
「あっ!ダメっ!はっ!あ?ん♪」
と一瞬身体をビクッとさせたかと思うとすぐさまダラ?ンと脱力するように俺に身体を預ける様にしてきた。


すると「お兄ちゃん、腰に何か当たるよ?」と聞いてくるので、
「由貴の身体がこんなにも魅力的だから、お兄ちゃん興奮しちゃったんだよ
」と言って、勃起したチンポを由貴に擦り付ける様にグイグイと押し付けてみた。
「いや?ん♪お兄ちゃんったら?」
と、本気で嫌がる訳ではなく逆に嬉しがっている様な口調だったので、
「由貴、触ってくれるか?」と身体を横にずらし由貴に握らせた。
「おっきい?♪」
と世にも珍しい物でも見るような表情で俺のチンポを握りその形や大きさ、固さを調べるかの様に丹念に触っていた。


「なぁ由貴、綺麗に洗ってくれよ」
そう言うと
「うん♪」と嬉しそうに頷き、床に落としたスポンジを拾うと、
再びボディーソープを付けて泡立てると、優しくチンポを洗い始めた。
「こんな感じでイイ?」
と聞いてくるので、
「ああ、イイよ…出来れば今度は手で直接洗ってくれないか?」
と頼むと「
うん。イイよ♪」とこれまた素直に嬉しそうに答えた。
両手を使って先端から根元へ滑らすように、ゆっくり、ゆっくりと扱いて洗ってくれる。
「あ?気持ちイイ♪玉袋も洗ってくれよ」
と頼むと、片手で竿をもう片手で玉袋を軽く鷲掴み手の中で玉を転がすように洗ってくれた。
「あ?最高!気持ちイイ♪」
立った状態で洗ってくれていたので、俺も由貴を気持ち良くしてやろうと、そっと股間へ右手を伸ばし触ると、
一瞬ビクッと身体を震わせると今度は腰をクネクネとさせ
「あ?ん♪そこは…」と続きの言葉が出てこないが、俺は何処を触っているか確信していた。
更にクリトリスを攻めると、チンポを握っていた手の動きが止まり、
終いには力尽きたようにその場にヘナヘナと座り込んでしまった。


その動きに合わせるように俺も一緒に床に座り込み、
由貴の身体を支えるような格好で、足を広げさせ股間に再び手をやり再度クリトリスを刺激し肉ヒダを洗う様に上下に擦ると、
「はぁ…はぁ…気持ちイイ♪」と息を荒くし喘ぎ始めた。
そこで俺は由貴を床に横たわすと、その上に重なる様に跨りいわゆる素股ってヤツを始めた。
チンポで由貴の股間を擦りクリトリスを刺激し両手でオッパイを揉み、逆ソープ状態で由貴を喜ばせた。
すると由貴も両手を俺の首に廻し、抱きしめる様に自分の顔に俺の顔を近付けると、有無も言わずにいきなりキスをしてきた。
俺は一瞬驚いたが直ぐに由貴の唇を吸い舌を絡ませ、まるでアダルトビデオの女優と男優さながらのディープキスをした。
その間にも俺は腰を動かしお互いの股間を刺激しあっていた。


すると突然由貴が両足を広げM字開脚の体勢になったので、
由貴の股間はまるで俺のモノを受け入れる様に膣口は広がったので、予期せぬ事にチンポはスルッと由貴の膣内へ入ってしまった。
すると入った瞬間「あっ!」と声をあげ、
奥まで入ると「あ?ん、気持ちイイ♪」と嬉しそうに言った。
気持ちイイのは由貴だけじゃない。俺も同じ様に気持ちイイのだ。
こうなる事を予想して由貴は足を広げたのだろうか、挿入された事に関しては全く嫌がるどころか、気持ち良く喘ぎ声を上げている。
俺も覚悟を決め、このまま最後までやろうと決めた。
が、生で挿入している事に、はっ!と気が付き、でも今更やめる事も出来ないので、
そのまま続け中に出さなければイイかと、とにかく今は快楽を求め合った。
お互い泡まみれのまま性器を交じ合わせ血を分けた兄妹でありながら、
その快感と興奮は今までに味わったことの無い最高のものを感じていた。


正上位から対面座位へ、そして対面騎上位で由貴の好きなように動いて貰い、
今度はそのまま身体の向きを反転させ、背面騎上位にさせると、更に快感が増し直ぐにでも射精してしまいそうな快感を何とか押さえ込み、背面座位で由貴の巨乳を鷲掴み、これでもかと言う位に揉み乳首を摘み刺激を与えた。
そしてバックの体勢になりると、もうこれ以上に無い快感がチンポから伝わり、少しでも動けば発射してしまうほどだった。
それでも由貴をイカせる為、俺は必死に射精感を堪え腰を降り続けた。
そして由貴が何度目かの絶頂を迎えた時、俺も限界を感じ射精する事にした。
「あんっ!あんっ!気持ちイイ!♪お兄ちゃん、最高♪」
「オレも気持ちイイぞ!最高だ!こんなに気持ちイイのなんて始めてかも!」
「ホント?嬉しい♪私も始めてだよ♪あんっ♪」
「オレもうダメだ!出そう!」
「いいよ!出して!イッパイお兄ちゃんの精液ちょうだい♪由貴の中に!」
その時、俺は自分の耳を疑った。
「えっ!?中出ししていいのか!?」
と聞き直すと
「うんっ!イイよ♪今日は大丈夫だから♪」
と答えたが、いくら安全日とはいえ…なんて思ったのはほんの一瞬だった。
今のこの興奮した状態でそんな理性がまともに働くわけが無く、由貴がイイと言うならと、俺は思いっきり中に出した。

一滴残らず搾り出す様に由貴の膣内に射精し終わると、ギンギンになったチンポを抜く、すると暫くして中から白い粘ついた液が溢れ出して来た。
「由貴、身体を起こして腹に力を入れてごらん」
と言うと素直に従うと、更に膣内から俺の精子が出てきた。
それを見た由貴が
「すごい、いっぱい出てくる♪」と嬉しそうに言った。
それからは再度、身体を洗いなおして湯船に2人で浸かり、色々話をした。
どうしてセックスをしたのかとか、なんで中出しさせてくれたのかとか…答えは俺の事が大好きだからと言う事になった。
その日は時間が許す限り交わった。


翌朝、保険会社からの依頼で整備工場の人が代車を持ってきてくれて、それに乗ってまっすぐ帰宅…するわけがなく、今度はラブホテルへ直行して、両親には適当に誤魔化して夜まで、やりまくった。
後日、俺の車は欠陥車であることが判明し、当然無償で修理、更には謝礼としてメーカーから通常最初の車検(購入から3年後)までか、60,000キロの保障なのだが、保障期間の延期を約束され5年間または10万キロ保障にしてくれた。
それから俺達は両親にばれないように今でも関係を続けている。
お互い等分、恋人は出来ないだろう…って言うか俺には妹が恋人で妹には俺が恋人で満足している。