カテゴリ:
ギャンブルで勝ったお金でエロい人妻をゲット!

昨日スグに会える女を探して、いつも使ってる出会い系を見てみました。
パチンコで5万勝ったので、少し気分が大きくなってたんだと思います。
いつも以上に念入りに探して募集も掛け、ある人妻にメールを送ってみました。
目とかは隠してイイから、ある程度分かる写メを送ってくれませんか?と。
しばらくメールの返信が無かったから、写メはダメな人なんだろうなって思ってたんです。

他の子を探そうかと思っていた頃、やっと返信がありました。
「写メはダメなので・・・」という内容かと思ったら、ちゃんと写メを送ってきてくれていました。
本文には「寝起きのまんまだったから少し着替えたりしてました」と可愛い内容も。

写メを見てみると、イイ~~じゃ~~ん!と思いました。
少しヤンキーちっくな茶髪でしたが、目も隠さずそのまんま素顔を曝してくれています。
少し気が強そうなツリ目でハッキリとした顔立ち、細過ぎる眉毛にシャープな顔のライン。
多分着替えたんでしょうね。



黒に花柄のワンピース姿で全身が写っていました。
鏡越しに撮影したらしく、若干ピンボケはしていましたが・・
それでも足の細さや痩せてるのに不釣り合いな胸のボリュームは確認できました。

気に入った!と即決でメールしました。
それで今日何時頃がイイ?と聞くと、今からでも大丈夫との事。
さすがに俺が用意も何もしてないので、2時間後に待ち合わせをしました。
いつも使う待ち合わせ場所を指定すると、ケイバンも送ってきました。
挨拶がてら電話をして、それじゃ2時間後に・・と切って早速用意。

その待ち合わせ場所は、駅から遠いんです。
だからほとんどの場合が車で来るんですが、駐車場がかなり広い複合型のショッピングモールです。
だから車のナンバーとか気にしないで置いておけるし、しかも歩いて5分ぐらいの所にラブホもあります。
車で初対面の女に会うのはどうも不安ですが、そこなら人も多いし歩いてホテルに行けるしで重宝していました。

待ち合わせの駐車場に車を停めて、本屋で立ち読みをしていました。
待ち合わせの10分ぐらい前にメールが入り、駐車場についたとの事。
じゃ今から行きますと送ったら、乗ってきた車を教えてきたんです。
あぁ~警戒心の無い子だなぁ~と呆れてしまいましたが、そのおかげですぐに見つける事ができました。
白い軽だったんですが、これがまたヤンキー丸出しと言うか何というか。
今時フロントガラスのとこに、モハモハと白いムートンみたいなのつけてるヤツっているの?
ルームミラーからはいろんな人形がぶら下がってるし・・・
真っ白のカバー?がハンドルに巻き付いてるし・・・
近寄っていくと俺と目が合い、手を振るとペコペコと頭を下げていました。

とりあえず歩いて行こうと思ってたんですが、彼女は車から降りてきません。
ん?と思っていると、俺が乗り込んでくると思っていたみたいです。
運転席に近付いて「歩いて行こうと思ってたんだけど」と言うと、焦ったように頷きながら出てきました。
さっき写メで見たまんまの黒のワンピースにサンダルという格好。
でもやっぱり胸のボリュームは抜群で、谷間が眩しい程丸見えです。

ヤケに下手に出る子だったけど、歩きながら自己紹介しつつホテルヘ向かいました。
休憩で4,000円ほどの部屋に入り、あげるもんはあげてさっさと行動開始。
さぁ~てキスでもしようかと思ったら、なんと彼女はお風呂の準備をする始末。
気を使っているのかお茶をいれてくれたり、何かと準備をしてくれるんです。
やっと落ち着いたのでベッドに呼び、軽くキスをしてみました。
若干緊張気味の彼女は、キスもたどたどしい状態。
仕方ないなぁ~と後ろに押し倒して舌を捻じ込んでみました。

遠慮がちに舌を絡めてくる姿を見て、これが素人のイイとこだよなぁ~と興奮気味。
「緊張してる?」
「あぁ・・っ・・はいっ・・」
「じゃ~くすぐってあげるね?」
「えっ??いやぁーっ!ガハハハッ!やめてっ!くすぐったいからっっ・・・だめっ!だめっ・・!」

緊張してる子にはくすぐるのが1番手っ取り早い。
彼女もくすぐると爆笑しながらのた打ち回ってた。

「緊張は解けた?」
「はぁはぁ・・・はいぃ・・・」

変な男だと思われたのか、ニヤニヤしながら「もう大丈夫です」と言われた。
また緊張してるようだったらくすぐるからね?というと、笑いながら「勘弁して下さい」との事。
やっと緊張もほぐれ、さっきとは打って変わったような濃厚なキスを楽しめた。
積極的に俺の舌をジュルジュルとしゃぶってくるし、口の中にもグイグイ入れてきます。

「旦那さんともこんなエロいキスしてるの?」
「うぅ~・・ん・・・最近してないから分かんないです・・・」
「えっ?こんな可愛い奥さんがいて?」
「可愛くも無いですよぉ~」
「十分可愛いだろぉ~セックスレスとか言わないでよ?」
「1年以上レスです」
「まぁ~じっすかぁ?」
「まぁ~じっですぅ」

俺との会話にも自然な笑顔が入り始め、緊張はもう普通に解けたみたい。
それにしてもこんな可愛い奥さんがセックスレスとは・・・旦那は何してるんでしょうかねぇ。
そんな事を考えつつ、濃厚なキスを楽しみながらボリュームのある巨乳に手を伸ばしました。
ムギュッと掴んでモミモミと揉んでみました。
大きいだけじゃなくちゃんとボリュームがある巨乳です。
持ち上げるように揉みあげると、キスをしながら「ふぅんっ・・・」と吐息交じりのエロい声。
両方の巨乳を揉み揉みしつつ、舌を人妻にしゃぶらせてました。
揉まれて感じ始めているようだったので、股の間にヒザを入れてみました。

次)ギャンブルで勝ったお金でエロい人妻をゲット! 2