カテゴリ:
教師志望で2つ上の大学の先輩にホテルで童貞を捧げた話

あれは去年の出来事。
大学に入ったばかりの俺は、先輩に紹介された塾で講師のバイトをすることになった。
待ちに待った大学生活!ということで俺は浮かれ気分で、塾講師のバイトも大いにはりきっていた。

その塾には正講師になるための研修期間があり、研修生同士で授業のやり方や黒板の書き方を練習し合っていた。
俺は板書が下手だったので授業後にひとりで板書の練習にあけくれていた。

そんなある日のこと、いつものように練習していると、「あれ、O君まだやってるの?」と後ろから明るい声が。
チョークの手を止め振り返ると、小野真弓似のSさんがいた。



Sさんとは挨拶くらいしかしたことがなかったので、話しかけられて俺はびっくり。
話をしていくうちにSさんがふたつ年上で教師志望の大学生であることなどを知った。
それがきっかけで話すようになり、挨拶プラスアルファ程度の話はするようになっていた。

しばらくそういう関係が続いたある日、Sさんからバイト帰りに「軽く飲みに行かない?」と誘われた。
気軽にOKし、池袋の居酒屋でふたりで飲みはじめた。
Sさんはかなりの酒のみでグイグイとグラスを空けていき、俺もつられてけっこう酔っぱらってしまった。

店を出た途端にSさんは酔いが回ったのか、俺が腕をとらないとろくに歩けもしない状態になってしまった。
「大丈夫ですかSさん、電車乗れますか」
と聞いても
「ごめんね~O君、こんなになっちゃって~」
とか言ってるので、ひとまず近くの公園のベンチに座らせた。

ぐったりしているSさんを見ながら、俺はこれからどうすればいいんだ!と呆然と立っていた。
この状態じゃ電車にも乗れないし、ひょっとしたら朝までここにいなくちゃいけないのかよ、とか考えていた。

とりあえずコーヒーでも買ってきたほうがいいかな、と自販機に向かおうとすると、
「ねえ、怒ってる?」
と聞いてきた。
「いやもう全然そんなことないです。それよりコーヒーかなんか飲みますか?」
と言うと
「いいから隣に座って!」
Sさんは苛立たしげに言う。

ドキッとした。
高校時代は部活ばかりやっていて純情だったので、女の子と付き合ってもキスしかしたことがなかった。
Sさんの隣に座った瞬間、「好き…」と言って頭を俺の左肩に乗せるではないか。

その言葉にはっとした俺は「Sさん…」と言うと彼女は顔を上げて目を閉じていた。
どぎまぎしながらそーっとキスをした。
するとSさんはすぐに舌を入れてきた。

キスもフレンチキスしかしたことがない俺は
「おーっ、これがディープキスか!」
と興奮し、キスをしまくった。

バイトの帰りだから、Sさんは就職活動の学生のようなスーツ姿だった。
そんなかっこうをしているSさんがねっとりとディープキスをしてくるそのギャップに驚いたが、それよりもSさんのキスが、やたらと慣れているのにさらに驚いた。

「どっかに入ろう」(←もうタメ口)と俺は言い、二人でホテルに入った。
俺はまだ童貞。
ホテルになんか入ったこともない。
平然を装いながら、なんとか部屋までたどり着いた。

Sさんは
「あーけっこういい部屋じゃん!」
とさっさとスーツの上着を脱ぎ、白いブラウス姿でまたキスをしてきた。
「私、シャワー浴びてくるね。」
とSさんは手際良く風呂に入っていった。

ひとりぽつねんと残された俺は、好奇心丸出しで部屋の中をうろうろ歩き回ったりしていたが、我慢できず、「Sさん、俺も入るよ」とがらがらと戸を開けて風呂に入った。
全裸のSさんは、ちょっとびっくりした様子だったが、にこっと微笑んで「なんか恥ずかしい」と言った。

風呂場で俺はSさんの首筋や腕にむさぼりついた。
Sさんの肌は赤ちゃんのようにすべすべで、女の人の肌はこんなにすべすべなのかと感動した。
(他の女の子ともSEXして気付いたことだがSさんの肌の綺麗さはダントツだった)

Sさんも俺の胸や腹を触りながら少し石鹸の残った手で手コキをしてきた。
「うっ…」俺はすぐにいきそうになったがこらえ、わからないながらも手マンをした。

するとSさんは「こういうところに、あまり、来たことない?」と多少遠慮がちに聞いてきた。
俺の手マンがあまりに変なのでばれたらしいことはすぐに分かった。

そこで正直に俺は、キスとか服の上から胸を触ったことはあるが、エッチはまだなんだと言った。
「そっか…」
しばらく風呂でいちゃいちゃしたあと体をふいていよいよベッドイン!

Sさんの胸や腹を吸うと、「あん!…」とかあえいでいる。
ホントにあんとか言うんだな…
AVと同じようにあえぎ声をあげていることに新鮮な驚きを感じた。

興奮してきたSさんが今度は上になった。
Sさんは慣れた手つきで俺の乳首をさわりながら首筋や耳にキスをし、さらに手で股間をしごいてきた。
俺はあまりの気持ちよさに息もとまりそうになった。
Sさんは乳首もペロペロなめてくれ、俺のへその辺りにも舌を這わせた。

そして、Sさんの顔が下にさがってきて、俺のあそこをぱくっとくわえた。
じゅぼじゅぼと音を立て、Sさんはピストン運動をした。
「あー!」俺は思わず叫んでしまった。

Sさんはこんどは舌先を硬くしてペニスの下の方からすーっと舌を這わせたかと思うと、舌先で亀頭をれろれろする。
とにかくSさんのテクは慣れていた。
初体験の俺にも、この人は相当上手なんだろうな…と分かるくらい上手かった。

Sさんはそうやってフェラをしながら、手を伸ばし、俺の乳首をなでなでする。
「はあっはあっ…」
ときどき息をしながらもSさんのフェラはとまらない。
「このままだと、いっちゃいそうだよ」
と言っても、Sさんの口撃を休めることを知らない。
「Sさん…」と俺が頭をちょっと上げてSさんを見ると、Sさんは俺のをくわえたまま、こちらを見て、いたずらっぽく微笑んだ。

「O君気持ちいい?」
ぷはっとペニスから口を離してSさんが聞く。
「もう最高に気持ちいいです。」
と言うとまた、ぱくっとくわえ、さっきよりもじゅぼじゅぼのスピードを早める。
「ああマジでいっちゃいますよ!いいんですか!」
と聞くと、ピストンをしながらうなずく。

「あーいくっ!いくっ」
と大きな声をあげると、Sさんのじゅぼじゅぼのスピードはものすごい早さになった。
ピストンしながら、亀頭の辺りになると、ちゅーっと吸うような技をはじめるではないか。

「あっ…!」
と俺は瞬間声をあげ、Sさんの口の中でいってしまった。
声と共にSさんはぴたりと動かなくなり、下を向いたまま、Sさんの口の中でどくんどくんいってる俺のペニスが落ち着くのを待っている。

俺のペニスが収まった後も、Sさんは下を向いたままぴくりともしない。
「S…さん?」
口の中で出されて怒ってるのかなと心配になり、
「なんかごめん。口の中で出しちゃって…」
と言いかけると、Sさんは口を閉じたまま顔をあげ、小悪魔的な笑みを浮かべ俺の方を見る。

「あっティッシュ出します!」
俺は慌てると、Sさんは首を軽く振る。
「えっ…と、大丈夫すか?」
と俺は自分の精子の行方を気にしながら尋ねると
「飲んじゃったっ!」
とSさんは笑って言う。

なんか突然、緊張の解けた俺は、ホッとしつつも恥ずかしさとうれしさのあまり
「マジごめん!」
と多少ふざけながら言い、Sさんをぎゅっと抱きしめた。

翌朝、めでたく正式に初体験をした。
はじめての俺をやさしくリードしてくれたSさんを俺はいまも感謝しています。