カテゴリ:
車が壊れて妹とホテルで一泊したときの最高の近親相姦エッチ体験

その日は親戚の結婚式に家族で招待された帰りの事だった。
クリスマスの近い12月の半ばの週末、俺たち家族は高速道路で2時間、一般道を更に1時間ほど行った場所の親戚の結婚式に呼ばれ俺の運転する車で行った。

式は淡々と進み無事に大団円のうちにお開きになった。時間は夜の7時頃だった。
両親はそのまま親戚の家に泊まって翌日、電車で帰ってくると言った。
俺たちも泊まっていけと誘われたが、酔っ払いの相手をするのは嫌だったし、妹の相手になる同年代の親戚が居なかったので、俺は妹を連れて先に帰ることにした。

俺は21歳。車が好きで高校卒業と同時に免許を取得し車を買う為、今の会社に就職した。
その時、妹の由貴は17歳の高校2年生だった。俺たち兄妹は仲が良く特にケンカもしたこと無く、世間一般で言うところの仲良し兄妹だった。
兄が言うのも変だが、へたなアイドルより由貴のが可愛いと思う。
それにスタイルも良く、さぞ学校ではモテテいる事だろうと、ちょっと嫉妬していたぐらいだ。



親戚の家を出て2時間…高速に乗って1時間くらいした時だった。
突然エンジンが止まってしまった。
一瞬焦ったが、俺は慌てず、まずハザードを点灯させ、ゆっくり左に寄せて路肩に入るとブレーキを踏み停車した。
シフトレバーをPレンジに切り替えて、キーを回しセルモーターを動かした。
だけど掛からない…
普段から小まめに点検整備をしているので、こんなトラブルが起きるなんて予想もしていなかった。しかも、買ってまだ最初の車検も受けていない、つまり新車なのに何故エンジントラブルが起きたのか、不思議でならなかった。


今の今まで助手席で可愛い寝息を立てていた由貴が異変に気づき起きてしまった。
「ん…?ほーか、ひたの??」
大欠伸をしながら両手を伸ばし訊ねてきた。
「突然エンジン止まっちゃったんだよ…」
「えっ!?そう言えば寒くなってきた…」
エンジンが止まってしまったので当然エアコンも停止…車内は段々冷えてきていた。
色々原因を考えたが、どうにも埒が明かないので保険会社に連絡をした。
すぐに担当の者が今後の手続きを全てやるからと、寒いでしょうけど車内にいては危険なので万が一に備えてガードレールの外側で待機していてくれと言われた。全ての手続きが完了したらまた連絡すると加えて。
俺は三角表示板を持って妹と一緒に車の後方50メートル辺りまで行き設置した。
その付近のガードレールの外側で二人寒さを堪えて待った。
田舎の高速道路、夜の9時ともなれば通る車もまばら…街灯も少なく自分の車のハザードランプの明かりが一番明るく輝いていた。
5分も経たないうちに身体は冷え切り、ガタガタと震えが出てきた。
妹は必死に両手で身体を擦って暖かくなろうとしていた。
そんな妹を見て俺は、着ていたジャケットのファスナーを開けると、「由貴!こっち向いてごらん」そう声をかけ振り向かせると、妹の前からスッポリ身体を包み込むように抱きしめた。
「暖か?い♪」
嫌がられるかと思ったが、意外にも素直に抱かれたのでちょっと驚いた。
由貴は自分の腕を体の前に置いていたのを俺の背中に回して、お互いに抱き合う形になった。
これで少しは寒さが凌げることが出来た。
その時、以外にも由貴の胸が大きい事に気が付いた。


どのくらい経ったのだろうか、突然、携帯電話の着信が鳴った。
保険会社からだった。
「全ての手続きが完了しましたので、もう暫くすると公団の車両が来ますので、最寄のインターまでレッカー移動してもらえます。
」との事…更に、
「時間が時間なので指定整備工場が営業していないもので、翌朝、代車と引き換えという形で来ますから、今夜はこちらが手配したホテルに御宿泊して頂く形でよろしいでしょうか?」
と訊ねてきた。
まあ、時間も時間だし、場所も場所だし、これで帰ったところで無駄に疲れるだけだろうから、
俺は承諾するつもりだったが、妹がどう答えるかが一番の問題だった。
そこで、事情を説明すると、意外にもアッサリと承諾した。
とにかくこの寒さから一秒でも早く逃れたいと思ったのだろう。
承諾する事を保険会社に伝えると、
「それでは、最寄のインターの駐車場にタクシーを待機させておきますので、着きましたら乗っていただければ当社が手配したホテルへ行ってもらえますので、申し訳ありませんが、タクシー代だけは、お客様の方で立て替えてくださいますようお願いします。後日、責任持って当社からお支払い致しますので、領収書だけ必ず頂いて下さい。」
それから暫くして公団の車が来て俺の車は車載車に載せられ俺たちと一緒に一番近いインターへ向かった。

そして、保険会社の言うとおりタクシーに乗り、ホテルへ行った。
ホテルのフロントで事情を説明すると、
「あれっ?お二人ですか?」と聞かれた。
「はい」と答えると、
「○×損保様からは、お一人だと伺っておりましたけど…」
「えっ!?俺ちゃんと二人だって言ったけど…」
「そうですか!申し訳御座いません。すぐにお部屋の準備をいたしますので、少々お待ちください。」と言われた。
どうやら、保険会社との連絡ミスがあったらしい。
暫くしてフロントの人が申し訳なさそうな顔で物凄く言い辛そうに
「あの?只今御用意出来るお部屋がダブルしか御座いませんのですが…よろしいでしょうか?」と聞いてきた。
「え?ダブルって、ダブルベッドが一つの部屋だよね?」
「はい…」と俺と妹の顔をキョロキョロと見て答えた。
ふと隣を見ると妹が渋い表情で
「仕方ないじゃん…それでいいよ私は」と答えた。
俺的には手足が伸ばせて寝れればどんな部屋でも構わなかったが、やはり年頃の妹にとって、そこは最重要事項なわけで…最悪、俺がソファーか布団を用意してもらって床に直に寝れば済む事だからと、ダブルの部屋でお願いした。

次)車が壊れて妹とホテルで一泊したときの最高の近親相姦エッチ体験談 2