カテゴリ:
取引先の年上の綺麗なお姉さんとのドS調教エロ体験談

二十歳そこそこで就職して三流企業。
でも仕事は楽しく別にイヤじゃないしだんだんと面白く感じる年代になり二十二歳。

小さいクレームで出向いた中企業の応接室。
すいませんでした。と頭を下げるがお相手の会社は怒り心頭でガミガミと小うるさい。
けれど誠心誠意の謝罪とそれに伴う対応で(もちろん俺一人だけじゃなくみんな手伝ってくれたおかげ)相手先社長も
「まぁまぁちょっと熱くなってしまったよ、わはははは」
と笑い終えたころ…
 
応接室にお茶を運んできた女性に思わずハッ!!っとなった。
容姿はすらりと伸びた脚、胸は大きくなくバカっぽさもない洗練されたイメージで都会風味な化粧は彼女の顔を一層際立たせる。
名前も知らなかったが、胸の所の名札を見る。
仮に「杉本さん」としとく。




杉本彩の様な華奢で綺麗なんだけどどこか可愛さを残す女性で(賛否はあると思いますが)吸い込まれるような肌の白さ、折れそうな腕の細さけれどガリガリという訳じゃなく、しなやかな筋肉。
インナーマッスルとでも言うのだろうか、女性らしいラインを描いていた。

「こんにちは」と言うその唇に思わず貪りつきたくなる。
じーっと凝視していたんだと思う。
杉本さんは「お、お茶どうぞ?」とお茶と俺の顔の間で視線を上下させている。
屈んだ時に見えた胸元はすべすべな肌を連想させストッキングに包まれた脚はそこにぶっかけたい衝動に駆られる。

社長「ん?あぁ初めてか?うちの杉本さん、先月入社したばかりだ、よろしくね」
俺「あぁ、よ、よろしくお願いします。」
杉「こちらこそ」

最初の出会いはこんなもんだった。年上の綺麗なお姉さん。そんなイメージ。
綺麗で可愛げがあってああいう人とお付き合い出来たらなぁなんていう高嶺の花。諦めの境地。
簡単な挨拶と名刺交換と彼女が入れてくれたお茶を飲む。
だけれど翌週から急展開を見せる事となった。

翌週初め再びお相手の会社へ、今度はクレームではなく新製品の意見調査。会社の玄関で挨拶していると杉本さんがやってきた。俺は緊張していた。
一目惚れでもないけれど綺麗な人の前だと緊張する。
「こんにちは!」
「あら、こんにちは」

少し雑談をする。
お酒が好きな事もわかり、機会があれば行きましょうね~とさり気無く言われた。
だけれど俺は期待に胸が張り裂けそうな感じでドキドキ感が止まらない。綺麗な人とお酒が飲める。

とんとん拍子に話は進み顔を出すと「週末行きます?」と言われた。
特段予定もないのであっさりOK。会社にバレてもまずいので、ちょっと離れた駅の居酒屋へ腰を下ろす。お互いの故郷とか住んでるところとかいろいろ話して宴もたけなわ。

ドSだったorz

飲み始めてから一時間半程度。
「俺君はさぁ~」とか口調が絡み口調に。
なんだよこいつ!とは思ったが、終盤にかけてはかなりキワドイ話に彼女いるの?から始まった話はオナニーするの?いいSEXしてるの?どういう体位が好きなの?と笑いながら質問攻め。
一個一個正直に答える俺。

すると「家でのもっか!」と立ち上がりお会計。
タクシーで杉本さんの家に。
軽く飲み直して遅くなったので「そろそろ帰らないと…」と立ち上がった。

「ゲームしない?」といきなり言い出す杉本さん。
なんのゲームなんだろうと思ったいた矢先、なんかロープとか出された。
後は床に敷かれたツイスターゲーム。
「これ知ってる?楽しみながらダイエット出来るんだって!」
「え、知りませんでした」
というとこうでしょ、こうでしょ?とか言いながら俺の手を縛ってる。

「んで俺君は男だからハンデで腕縛りま~す」
「え?なんでです?」
と最初は笑ってたんだけど杉本さんの顔がちょっと変わってきた。
ちょっと色っぽいというか、もともと色っぽい感じだったんだけどさらに頬を赤くしてるみたいな、ボーっとした感じがエロく見える。

この時杉本さんは着替えて室内着ジャージみたいなのを来ていたんだけど、あれ?酒でもこぼしたのおかな?と思ってた股間の小さいシミは明らかに濡れてた証拠。
人の腕縛ってる時点で微妙にはぁはぁ興奮してる様に見える。

手首を完全に固定される。
「動ける?」
「いいえ、全然動かないですよ」
と体をくねくねしてみせる。
「じゃ脚もねーーーー」
とか言いながら俺を突き飛ばしソファにごろんとなってしまった俺の身体をまたぐようにしてお尻をこちらに向けて太ももに座る。

ジャージのシミが明らかになってくる。
何かをこぼしたなら丸いシミになったり垂直面なら垂れて状態でシミが出来るはずなんだけど、お尻の割れ目に沿ってシミがある。
シミというか滲んでる感じ。
下着のラインがうっすらと浮き出ててちょっとドキドキした。

「両手両足縛ったらゲームできないですよ~」
「大丈夫だよ」
その大丈夫だよの言葉を信用しちゃいけなかった。

「こういうの好き?」
俺の脚の上でくるりと向きを変えて正面になる。
いきなり両頬をうにゅっと抱えられさらに
「いじめていい?」

俺は即座に「ダメ」と答えた。
「やだ」
不貞腐れたような言い方。

「杉本さん、冗談きついよ~痛いから外して下さいよ~」
「やだ」
なんか怒っている様だ。

カチャカチャ、ベルトに手がかかる。
「ちょっと!杉本さん!ちょっと!」
シカトしている。
ソファで向きを変えようとするが杉本さんが上に乗ってる関係でなかなか寝返りがうてない。

トランクス状態になってしまう。
「杉本さん?」
それでもシカト。

すると指が、優しくトランクスの上からなぞる。
思わずピクンと体が反応してしまう。
「きもちいい?」
「え?ちょ、杉本さんまずいですよ」

ずるりん。
いきなりトランクスを下ろされる。
勃起したちんぽがあらわになる。
「じゃこんなのどう?」

優しい綺麗な手がちんぽを握りしごいてくる。
この感覚はヤバい。
「うっ、でも…杉本さんダメですって」
「俺君って意外といい形してるね、私好きかも」
俺の話など聞かずしごいてくる。
「ほらほら、どんどん大きくなっていくよ~」
先端に充血して敏感さが上がる。
しばらく無言でしごいてる。でも俺だってそんなに我慢できるものじゃない。
「俺君いきそうなの?息遣いが荒いよ」
「あぁ!杉本さんいきそうです!」
「ん?いきたい?いきたいの?」
「だめ、もういきそう!杉本さん!」
「じゃいかせてあげな~い」

意地悪そうな目つきで俺の視線を舐める。
手が離されたちんぽはひとりビクン、びくん、と脈打ちながらひくひく動く。
ジャージの股間部にはすでに湿り気が感じられて音さえしてきそうな位濡れている。

「いかせて欲しい?」
「はい」
自然と答えていた。なんだか従順な自分がいた。
「咥えて欲しい?」
「はい」
「こんなにいっぱいエッチな液出しといて?」
「そ、そんな」
口調が完全に攻め口調で主導権は俺には無かった。
「私のも見たい?」
「はい」
「じゃしっかり見て、その後綺麗にしなさい」
「はい」

ジャージをするりと下半身だけ脱ぎ
俺の顔を跨ぐ。
トイレでも行ってビデでもしてきたのだろうか
濡れているのに嫌な臭いは全くない。
綺麗なピンク色の穴周辺に小粒なクリが奥から顔をだし
アナルは黒ズミもなく、綺麗な形だった。

「見て!」
「はい」
「どう?」
「綺麗です」

完全に相手のペース。逃げ出そうとも思わない。
はやく抜いてくれ!その思いだけが駆け巡る。

「杉本さん!」
「彩様って言いなさいよ」
「え?」
「彩!下の名前は彩」
「彩さん…」
「彩様でしょ?」
「はい彩様」
「よくできました、綺麗にするのよ」

そのまま股間が顔に迫ってくる。
強く押し付けられ息がすえない。吐けない。窒息する。
「どう?私の?」
何も言えない。

「俺君の、ほら!びくびくしてるじゃない!やらしいちんちんね」
ビラビラも気にならない位収まっていて、綺麗なあそこに俺は

むしゃぶりついていた。
両手が使えればアナルからなにから広げてでも舐めただろう。

なぜ自分が縛られてちんぽいじられて、さらには跨られて彩さんのあそこを舐めながらちんぽびくんびくんさせているんだろう?
こんな綺麗な人に苛められて喜んでる自分がいる。
完全にMに目覚めた瞬間を自覚した。

次)取引先の年上の綺麗なお姉さんとのドS調教エロ体験談 2