カテゴリ:
未亡人を調教して生で挿れ、言葉で虐め、最後は中出しを懇願させてる話

少し前まで定期的に会っていた未亡人との話です。

7年前とあるSNSで知り合った秋頃は旦那さんを不慮の事故で亡くし色々と大変な時期でした。

旦那さんは自営をしており財務処理に四苦八苦している中、色々とアドバイスしているうちに仲良くなりました。

財務処理もひと段落した年末、彼女からお礼の食事に誘われました。

それから頻繁に会うようになり、年明けの連休に結ばれました。

それから数年関係が続き、彼女が子供達を学校に送っていった後、彼女の家で愛瀬を重ねていました。



その頃30代後半に差し掛かっていた彼女ですが、細身で黒髪ロング、松下奈緒を崩したかんじの風貌で俺の言う事は何でも聞く従順なタイプ。

セックスも人妻の割りにあまり経験もなく俺好みに調教するにはもってこいでした。彼女は感じやすく指で入り口を少し弄るだけで逝くほどです。

身をよじり歓喜の声を出したっしてしまいます。

生で挿れ、言葉で虐め、最後は中出しを懇願させるのがいつものパターンです。

危険日は口に出し、綺麗に後処理をさせます。

髪を掴み前後に激しく腰を打ちつけ喉の奥に出します。

安全日は膣奥に流し込んでいました。

台所でスカートを捲くり、下着を片足だけ脱がし犯した時は彼女もよほど良かったのか「こんな所で後ろから犯されてる・・・奥に当たる・・・」と喜んでいました。

もちろん中出しです。

彼女の型の良い尻を鷲づかみにして激しく突くと背を反らせ同時に達しました。

仕事が遅くなった時などは子供達を早くに寝かせ彼女の自宅へ、さすがに家ではできないので車の中で。

舌を絡ませた熱いキスの後、指で何回か逝かせると彼女はたまらず俺のイチモツを取り出し口に含みます。

俺が教えた喉奥まで咥え込むディープスロートに加え、長い舌をイチモツに絡めたフェラは一品です。

出合った頃のフェラは歯が当たり痛いだけでしたが今では風俗嬢にも負けないテクニシャンです。狭い車の中、彼女は必死にしゃぶり逝かせようと頑張ります。

たっぷりとしゃぶらせた後、彼女の頭を押さえ込み口の中に出します。

本当に都合の良い女で呼び出せば必ず股を開く様な女でした。

今は少し連絡を経っていますが、そのうちまた呼び出してやりたいと思っています。