カテゴリ:
マダムを抱いて成績を上げる訪問販売員の体験談

私は32歳で訪問販売の仕事をしています。
仕事は当然、営業マンですから、毎日各家庭を飛び込んでまわっています。

そんなある日、いつもよりなかなか話をしてもらえる家庭が少なく、調子が悪いな、と思っていた時、
ちょうど80軒目くらいでしょうか、一軒家のお金持ちそうな家の奥さんが中へ入れてくれた。

年は40歳くらいですが、まだ30代前半くらいにしか見えず、とりあえずラッキーと思って、ずうずうしく上がり込みました。

いろいろ聞くと、ご主人は会社社長で、小さい会社ながら経営しているそうで、私は絶対に売るまで帰らないと決め、リビングで待っていました。

奥さんはコーヒーを持ってきてくれて、本題の訪問販売の商品の説明をし始めました。
マニュアルどおりに説明すればいいことで、誰でもできるのですが、訪問販売は家に上がり込むことが一番難しい。
でも今回はすんなり入っていけたので、チャンスは逃すわけにはいきません。



そして話も徐々に私の事にまでおよび、奥さんは興味深く、聞き始め、まずまずの調子である。
しかし最初から気になっていたことは、奥さんは非常に薄着で、ブラウスからブラははっきり見え、胸もなかなかの大きさである。
だから私は説明をしている時も、奥さんの方を向いて話すのですが、どうしても胸に目がいってしまう。
そして、なかなかの美人でもあるので、ムラムラしないわけがない。


私が訪問販売を辞められないのは、家という密室の中で、ほとんどは奥様と2人きりで話をすることが多いので、男だとどうしても、いやらしいことばかり考えてしまう。
AVの見すぎだろうが、現実に私も2回ほど誘われてエッチしたことはある。
だからこの仕事はノルマがきつくても辞められない。

でも、ほんと、この奥さんは、美人で、髪から鼻、唇、そして胸、どれを見ても、私を興奮させるものでした。
するとやはり勃起してくるもので、それを隠すのにジャケットのボタンを留めたりしていました。
でも、奥さんと話をすればするほど、奥さんの笑顔が私の下半身を刺激します。
とりあえずトイレを借り、沈めにいったほどでした。

すると奥さんは紅茶を入れると言って台所に行ってしまった。
私はソファに座って待っているだけではなく、リビングを物色し始めました。
すると、ソファの下から紙袋が出てきました。
袋を握ると、どうもペニスのような形をしています。
そっと中を覗くと、えっ!そうです。
バイブレーターが出てきたのです。
どう考えてもこの家では奥さん以外に使っている人はいません。
子供さんも男の子が1人だそうで、それもご主人の連れ子で大学生で東京にいるとか言ってたので、明らかにそうです。

また奥さんが戻ってくる音がしたので、すぐにソファの下に戻し、平静を装っていましたが、私の心の中は、もう奥さんとのセックスを妄想していました。

「お紅茶入りましたよ」「あ、すみません」
「それで商品はおいくらなの」「17万ちょっとです」

でも私はもうどうでもよくなっていた。
ただ、奥さんがほしくてたまらなかった。
でもバイブのことを聞くと、どんな顔をするかとかいろいろと考えたが、直接聞くことにした。
奥さんはその時までは非常に上品でした。
しかし・・・・。

「奥様、ちょっと伺いたいことがありまして・・」「はい、どうぞ」
「実はですね、見つけちゃったんですよ」「何をですか?」
「これなんですけどね」

たぶんその時の私は悪徳訪問販売員の顔をしていたと思います。
そしてソファの下の袋を取り出してテーブルの上に置いた。

「あっ、そ、それは・・・・」
「これ何か教えてほしいんですけど・・」
「で、ですから、こ、これは・・・」
「奥さん、これ使ってるんでしょ?」
「・・・・・・・・」

私は奥さんの前に立ち、一気に奥さんをソファに押し倒しました。

「いやっ、なにするんですか、警察呼びますよ」
「いいんですか、警察呼ぶとバイブのことも話しますよ」
「そ、それは・・・」
「旦那さんはなんて言うでしょうね」

すると奥さんは黙り込んでしまいました。

「さあ、今から何をしてもらいましょうか」

奥さんはちょっと抵抗しながら、

「商品は買うから勘弁して」
「こんな使えないもの買わなくていいですよ」
「今日は私が奥さんを買いますから」

奥さんはおびえながら、でも諦めたのか、体の力を抜き、

「わかったわ、何でもするからバイブのことだけは言わないで」
「奥さん、ご理解いただけましたね、私もうれしいですよ」

私は奥さんを掴んでいた手を離し、すっと立ち上がり、

「さあ、わかりますね、何をしたらいいか」
「何をすればいいの」
「まずはコレを使ってオナニーショーといきましょうか」
「え、で、でも・・・恥ずかしい」
「奥さん、旦那さんや警察に知られるほうがもっと恥ずかしいですよ」
「わかったわ」

すると奥さんはバイブを握り、スカートをめくり上げ、パンティーの上からバイブをおまんこあたりに押し付け、スイッチを入れた。

「あ~っ、あ~ん、ああああ~ん」

私はデジカメを取り出し、写真を撮り始めた。
奥さんをデジカメで写真を撮り始めると、奥さんも徐々に感じてきたのか、足の開き具合が大きくなっている。
一瞬の奥さんの感じている顔を取り逃さないように、デジカメに集中していた。
そしてある程度撮り終わると、私はジャケットを脱ぎ、ネクタイを外し、奥さんに近づき、バイブを握ると

「奥さん、そんなに気持ちいいの」
「あっ、そ、そうよ、あ~ん、だめよ~、そんあことしちゃ」

バイブをおまんこの周辺部にもあてがうと、奥さんはさらに大きな声をあげ始めた。

「あ~ん、そこもいいわ~、あん、あん、だめ~」
「ここもいいのかい、奥さん敏感だね」

奥さんは自分で胸を揉み始めると、

「奥さん、それは私がやってあげるよ」

奥さんのブラウスのボタンを外すと、たわわな乳房を支えている大きめのブラが見えてきた。

「あっ、いや~ん、あ~ん」
「奥さん溜まってるんだろ、いつもこれでしてるんだろ」

奥さんはだいぶ我慢できないような顔をしてきた。

「もうほしいかい」
「あ~ん、もうだめ~、は、はやく~して~」
「そうあせらないで、今からじっくりいじめてやるから」

次)マダムを抱いて成績を上げる訪問販売員の体験談 2