カテゴリ:
得意先の営業事務の人妻とのエッチな体験談

俺当時32歳 見た目普通
相手 Aさん 当時28歳 見た目 黒谷友香

俺はフリーで中小向けの社内SEみたいなパソコン便利屋をやってて、社内サーバ管理からwebページ作成、社員向けExcel研修など、何でもやってます。
どれも中途半端なスキルだけど…
だいたい便利がられて、他の会社を紹介してもらうって感じで、どうにか食いつないでます。

その会社も紹介で行って、事務の人に一通り社内の人に紹介してもらった時が初対面でした。

Aさんは営業事務という立場で、営業さんの補佐みたいな事をしていましたが、事務の人みたいに私服ではなく、いつもしっかりとスーツを着てるし、よく社外にも出るので、ほぼ営業って感じでした。



営業の人には、社外でプレゼンする時のパワポのスライドや資料作成でよく仕事を頼まれてたから、自然とAさんとも仲良くなっていきました。

結婚指輪をしていたので、結婚していることはわかっていましたが、ある日お昼を外に食べに行こうとしたら、外から帰って来たAさんに階段でばったり会い
「今からお昼ですか?私もまだ食べてないので一緒に行きましょう」
と言われて荷物を置いてくるから、と一度社に行き、小走りで戻ってきました。
とりあえず、向こうから声をかけてきたことがうれしくて、何を食べに行こうか色々考えてました。

Aさんは和食がいいと言ったので、夜は居酒屋でランチをやってるお店に行きました。
二人ということをお店に伝えると、さすが夜は居酒屋!
昼間でもいい雰囲気作れそうな、個室に近い席に着きました。
話の内容は普通に会社のグチから始まり、私生活のこともチラチラと出てきます。
そこで俺が子供を作らないのか的な事を聞いたら
「まだ検査してないけど、旦那か私に子どもが出来ない原因があるかもねぇ」
ともらしました。

ちょっと前に、産科のクリニックに仕事行った時に色々と情報を得ていたこともあり
「2年しっかりと体温調べて計画的に子作りして、出来なかったら検査したほうがいい」
という事を伝えて
「いつから子作りは初めてたんですか?」
と聞いてみました。

若干話がエロくなってきた気がしていたのですが、Aさんはそんな気もみせずに
「もう2年経つかもしれません。最近ではその日の前後だけを狙ってですけど」
と言外に子作りだけのセックスで、それ以外はしてないってことをもらしました。

「じゃあ今度しっかりと検査した方がいいかもね。まぁ気持ち的なものもあるから一度旦那さんとゆっくり旅行でも行ってきたら?」

「そうですよねー最近普通の休日意外全然休んでないし、
旦那も出張多いし不規則だから
全然時間合わないから、旅行なんて頭になかったですよ」
「日帰りだとゆっくりできないから、休みの前後で有休とって行ってくれば?」
「出来るならそうしたいですよw」
自分は休みは取れるけど、旦那と時間が合わないというので、ほぼあきらめてる感じでした。

そこでやる気マンマンだった俺は、よく使う手なんですが、様子をみる感じで冗談っぽく
「んじゃぁ俺とどっか旅行でも行きますか?もちろん泊りで~ハハハ」
と攻めてみました。

だいたいこういうセリフってのは、相手も冗談ぽく言われているけど男の下心は感じているので、結構返ってくる言葉で、相手の気持ちとかわかります。

Aさんの返事は
「…いいですねぇ、でも俺さんの彼女に悪いからパースw」
と俺に彼女がいるかどうかを確かめてくる感じで流しました。

まぁ勘違いが90%以上なんですけど、俺のポジティブ回路がフル回転でこの答えは「イケル」でした。
「彼女かぁ、俺はもう1年ぐらいいないですねぇ」
「またまたぁ、そう言って皆に同じ事言ってるんじゃないですか?」
とその後は俺の彼女話になり、ちょっとエッチな話もしつつ、いい感じのところでタイムオーバー。

店を出る時に、私用携帯のメアドを交換しつつ
「今度Aさんが外に出て直帰の時とか、メールくださいよ。晩飯ゆっくりどっかで一緒しましょ」
「いいですよー、都合のいい時連絡してください。私もタイミング良ければメールします」
という感じで別れました。

もうすでにこの時ヤリタイ気持ちでいっぱいだったので、自分の仕事が終わって会社を出てから
『今日晩飯でもどうですか?俺はもう今日の仕事はオワリなので』
とメールしました。Aさんの返事は
『今日かい!っていきなりですねw今日は旦那も出張で明後日までいないので、ゆっくり外で食べようと思ってたから大歓迎だったりして、行きたいお店があるので連れてってください』
という、もう後光が差してるかのような返事メール。

すぐに現金をおろし、暇な時間を漫喫でエロ動画を見ながら精力高めつつつぶしました。
17時過ぎごろに『そろそろ会社でます。』とメールがあり『んじゃぁ××の交差点近くのスタバで待ってます』と返信

小走りで来たAさんを見つけて、笑顔で挨拶
「いきなり誘って大丈夫でしたか?」
「全然OKです。というかナイスタイミングですよ。行きたいお店って新宿なので乗せてってください」

実はフリーで働いている特権として、移動は大好きなクルマでして、都内なら電車の方が早いとは知りつつも、いつもクルマで移動しているのは、契約している会社の全部が知ってます。

そして趣味と女性受けのいい両方を兼ねた古い車で(車種は言うとバレるくらい少ない)、維持費というか、いつでも修理が大変ですがAさんも、少しだけ興味があったようです。

そのクルマで目的の店(高層ビルの眺めのいいオシャレ居酒屋)で飲み食いをして、いざ帰る時です。
(食事中かなりきわどい会話が連発でした)
「俺は車なのに飲んじゃったから、少し休んで帰ります」とまたカマかけ。
「えぇ、さびしい事言っちゃってますねぇ。私はどうしよっかなぁ、明日は契約先直行だしぃ」
「Aさんだって家に帰っても一人でさびしいくせに」
「ですよねぇ…」
「どこかで一緒に休んで行きますか?」
「…どこかってどこですか?」
「静かなところでってのはどうです?」
「…俺さんってエッチぃんだ、それも既婚者相手に」
「えっ?どうしてですか?俺はルノアールでコーヒーでもって思ってたんですけどwww」
「なにそれっ!超ムカツクwww、うわー恥ずかしっ……別にいいですよ」
最後のいいですよはかなり小さい声でボソって感じでした。

ここでまた冗談めかして突っ込みをいれても、空気悪くなりそうなので、そっと手を握ったら、握り返してきて、なおかつ俺によりかかる感じで歩き始めました。

いつも思うんですけどこの瞬間が一番最高ですね。
もうこの時バッキバキに勃起してて、後でわかるんですけど、俺が先走りでパンツ濡らしてました。

次)得意先の営業事務の人妻とのエッチな体験談 2