カテゴリ:
鍼灸師に妻を性感マッサージするようお願いした結果…!

私40歳妻36歳そろそろ倦怠期で夜の夫婦生活も年1回有るか無いか位です。
妻は腰痛持ちですので余りSEXは好きでは無いみたいです。

妻とのSEXの内容は何時も直ぐ挿入して出して終わりみたいなパターンでした。
それに私も早漏気味ですし妻を満足させていないと思います。
私にテクニックが無いのが悪いのでしょうね…
話は変わりますが、私の古い友人にKという鍼灸院を経営してる男がいましてアンマ師をしているそうです。

以前一緒にお酒を飲んだ時「俺は人体の色んなツボを知っているので」
「女性の股のツボさえ触らしてくれればどんな女でも逝かせる事が出来る」Kは自慢げに話していました。

Kに妻の腰痛の事を話すと骨盤矯正してあげるから一度店に妻を連れて来たら良いと言ってくれました。



私はKに妻の骨盤を診て貰った後に性感マッサージをしてとお願いしました。
どんな道具を使用しても良いから妻を逝かして欲しいとお願いしました。
序に其の光景をカメラで盗撮もして欲しいとも願いしました。
Kは少し間をおいて返事して来ました。

K「もし奥さんが求めれば俺のチンポ挿入しても良いか?」とか「俺だって危険を犯すのだからそれぐらいの事良いよな?」です。

私は少し悩みましたがSEXに淡白な妻が欲しがるわけ無いとタカをくくってOKしてしまいました。
ただ私は妻が性感マッサージで逝く姿を見たく成った、だけなんです。

妻に友人の鍼灸院の事を言うと素直に見て貰うと言いました早速妻をKの鍼灸院に連れて行きました。
2時間後妻がすっきりした顔で診察室から出て来ました私がどうだった?と尋ねると妻は笑顔で次からは週一で診て貰うのと言いました。

私は盗撮のビデオ動画を早く見たくて夜妻が寝てからKの自宅に行きましたKからメモリーカードを受け取りました。
その診察の一部始終を解説します。


始めは妻が下着姿で診察台に乗せられています。
その姿だけで恥かしながら私は興奮してしまいました…
Kが妻をうつぶせにしたり腹ばいにしたりして腰の辺りを押しています。
妻はKの言う事は素直に聞いていますKの事を先生と呼んでいるようですKは妻の事を奥さんと言っていました。

K「次は奥さんの股関節を矯正するから脚を思い切り出来るだけ開いて下さい」
妻「こ、こうですか」

妻が診察台の上でガバッと大股開きに成りました…愈々K先生の性感マッサージの始まりです。
私は唾をゴクリと飲みながらPCの画面を見つめています。

K「もう少し大きく股関節開きませんか?」
とK先生が両手で妻の膝をグイグイ押しながら更に脚を拡げていました。
妻「先生これ以上は無理です痛いですぅ~」
K「…そうですか?奥さんは少し体が硬いようですね」
とか言いながら妻の太股の裏側を手で擦っていました…
妻「…あっ、先生何処触ってるんですか?こそばゆいです…」
K「脚、閉じないで動いては駄目、これも診察です」
と強い口調で言いました。
怒られて妻は大人しく成りました。

セクハラ触診が始まりました。
始めは足先からゆっくり上がって来ました優しく全身をマッサージしています。
正直妻も気持ち良いみたいですが声を出すのを我慢していました。

K「私のマッサージ気持ち良いでしょ?」
妻「…はい、日頃の疲れが飛んでいくみたいです」
K「アロマオイル使いますか?今回は特別に無料です試してみますか?」
妻「はい、無料なら是非お願いします」
K「それと奥さんマッサージ中に変な所に私の指が当たる時が有りますが、あくまで治療なので我慢してください」
妻「はい…解りました…」
K「それと気持ち良い時は大きな声を出しても構いませんから」
妻「クスッ…そんなのだしませんよ…」
K「いえ…皆さん案外大声だしていますよ」

性感オイルマッサージが始まりました。
お腹の辺りからオイルが伸ばされて行きますオイルまみれの指先がブラの下から妻の乳房に触れました。

妻「…あっ先生…胸は…?」
K「ハイ大丈夫…治療です…全身にこのオイルは効きますから…」
妻「あ、はい…胸…熱くて…感じます…」
K「ハイ声奥さんも声出しても良いですよ…誰も他に居ませんから…」

とKが妻の豊満な乳房を鷲掴みでマッサージしています。
そしてK先生がすかさずブラを外しています妻の胸が露になるとオイルで濡れた指で妻のコリコリ乳首を摘んでいます。

妻「あんっ…ワタシ乳首弱いんですぅぅ…駄目ぇ…」
とだんだん甘えた声に成っていました。
K「ハイ丁度いい大きさの乳房です、しこりも無いし乳癌も大丈夫ですよ」
と言いながら妻の乳房を揉みまくっていました。
妻「…駄目ですぅ…本当に感じちゃいますぅ~」
K「奥さんもっと感じる気持ち良いマッサージしましょう」
と今度は妻の股間の付け根を指で押しています。
おそらく女性の股間のツボを刺激しているのでしょう…
妻「あああ、気持ちいい、そこ、そこ気持いいですぅ…」
妻が悶え始めると今度はパンティーの上からオイルを垂らしてアソコのスジにあわせてツツーっと指でなぞっています。
妻「…あんっ…感じちゃうぅ…アソコ…駄目よ~駄目えぇ…」
K「奥さん?痛くないですか?気持ち良いでしょ?証拠に奥さんの女芽凄く大きく成っていますよ」

よく見るとパンツ越しにクリトリスが勃起しているのが私にも解りましたK先生もそれがチャンスだと…
左手は妻の右乳首そして右手はパンツの隙間から指を挿し込んでクリトリスと小陰唇のビラビラを刺激しているようです。
ぺチャ、ぺチャとオイルの音が響いていました。

K「奥さんどうです?気持ち良いでしょ?アソコもうビチョ、ビチョですよ」
妻「せっ先生…指…挿ってます…ナカに指…根元まで…挿っちゃっています…」
K「大丈夫ですよ膣肉もオイルマッサージするのですから…」
妻「もう駄目、逝っちゃう、逝っちゃうぅぅ…」
K先生の指マンで妻が逝きました診察台のうえでハアハアしています。
K「代わりのパンティ有りますので、この汚れたパンティは脱ぎましょうね…」

と、妻のパンティを脱がしていました。
妻は逝って体に力が入らない様子で簡単にパンティを剥ぎ取られていました。
K先生がタオルで妻から溢れた白い愛液とオイルが混ざった自分の指を拭きながら妻に質問していました。

K「奥さん普段オナニーしています?」
妻「え、オナニーですか?そんな事まで言うのですか?」
K「治療の一環です…旦那さんには言わないから…正直に言って下さい」
妻「…はい…少しだけ…たまにします…」
K「どんなオナニーしてるの?恥かしがらないで言って下さい」
妻「指でクリトリスを擦ったり…指を挿入したりしてます…」
K「そうですか…奥さんは正直御主人とのSEX満足してますか?」
妻「最近全然していませんし…腰痛が有るので…」
K「御主人の男性器しか知らないんですか?」
妻「ハイ…それと余り…最近はSEXは好きでは無いんですどちらかかと言うと自分のペースで出来るオナニーの方が好きです…」

K先生は「奥さん…こんな綺麗な肌してるのに勿体無い」と言いながら指で妻の太股部分から上がってアソコを撫で回していました。

妻「あんっ、先生そこは…」
K「もう一度聞きますね…奥さんは御主人以外の男性器は挿入された事は今まで正直無いんですね?」
妻「…はい…無いです…けど…4年前…」
K「けど?4年前まで?何ですか?正直に言って下さいココでの会話はオフレコ…御主人には秘密にしますから…」
妻「4年前まで…元彼と数回…逢って…」
K「…肉体関係…有ったでしょ?」
妻「…ハイ…でもワタシ腰痛が酷くなって…別れました…」
K「気にしないで…秘密ですから…他に秘密は今現在の…」
妻「…恥ずかしいですけど…野菜オナニーは…」
K「はい…大体分ります。主婦の方は手ごろの人参や茄子ですね?元彼とのSEXを思い出してしてましたね?」
妻「…は…はい…言っちゃった…何で分るの…恥ずかしい」
K「じゃ奥さんディルドを使用して膣内を全体をマッサージしてみませんか?女性ホルモンが出て疲れが取れますよ」
妻「…それ…本当ですか?」
K「女性はホルモンの影響を受けやすいですから…さっき少し試した指でするよりも新陳代謝も良く成ります」
妻「…それって…他の女の人もするんですか?」
K「はい人気のメニューです。今回は特別に無料ですよ」
妻「…それじゃ…お願いします…」

K先生が妻に「人妻狂乱」という長さ20cm亀頭太さ5.5cmの大型ディルドを見せました。

妻「そんな大きいの無理です…挿入出来ないです元彼や…主人の物よりも…お茄子よりも大きいですぅ…」
K「大丈夫です膣は柔軟ですからそれに子供を産んだ女性は随分と拡がりますよ~」

と言いながらK先生はディルドーにアロマオイルを浸けていました。
妻の脚をM字開脚に開かせています小陰唇のビラビラをクパァと拡げながら…

K「奥さんのビラビラも肉厚が有り色も綺麗で健康な女性器ですね…」
妻「…あ、あ、ワタシ…ビラビラ大きくて…恥かしいから先生…余り見ないで下さい…」

K先生は妻の大きめの小陰唇のビラビラをなぞるようにディルドの亀頭部分を下から優しくクリトリスに掛けて擦っていました。

妻「…あんっ…クリ擦らないで…駄目…声出ちゃう…恥ずかしい…」
K「奥さん…恥かしがらないで、程良く男性器を刺激する理想的な小陰唇ですよ」

ディルドの太い亀頭部分が妻の膣口にあてがわれました。

妻「…あっあああ…も…もう挿れるのですか?」
K「奥さん力を抜いて痛かったら言ってくださいね…オイル付けてるから大丈夫ですよ…挿入しますね」

ズブ、ズブ、ズブッと妻の胎内に大型ディルドが意外と簡単に飲み込まれて行きました其の瞬間妻の膣口は大口を空けていました。

K「…あらら、意外とすっぽり…」
妻「あん…太い、挿ってる、挿っちゃってるぅ…」

意外とすんなりと挿入されK先生も驚いたたみたいです。

K「奥さん、これ半分程挿ってますね気持ち良いですか?」

とディルドの先から13cm位の所で一旦止めてズコズコと出し挿れしています。
膣口からディルドが抜ける度にポコッ、ポコッと大きな淫音が聞こえていました。

次)鍼灸師に妻を性感マッサージするようお願いした結果…! 2