カテゴリ:
「どう?妹とした気持ちは?」下宿先に妹を泊めたらお礼に…

妹が都内の大学寮にいる友達のとこに遊びに行くから、何日か泊めてと言われました。
泊めてやってんだから、片付けや洗濯くらいするかと思ったら何もしない。
二日ほどしたとき、妹に泊めてやってんだから何か恩返ししろよと言いました。
遅れましたが俺は23才、妹留美は20才で秋田の実家在住、一応弟も15才で実家にいます。
「え~?何してほしい?」
「飯作るとか、洗濯してくれるとかよ」
「そんなんでいいの?」
「泊まり代よこせっても金そんなにないだろ?そうゆうのでいいから」
洗濯したり飯を簡単に作ってくれて、俺は風呂に入ったんです。
すると妹がバスタオルを巻いただけの姿で入ってきました。
「あ・な・た。お背中流しましょうか」



「おいコラ!ふざけんなよ」
ニヤニヤしながらスポンジにソープをかけてる妹でした。
「マジか?お前」
「なんか新婚家庭みたいだなって」
妹の胸の谷間にどうしても目が行きました。
半立ちになってるチンポを妹に見られました。
「兄貴、ちょい立ちしてるじゃん」
触ろうとしてきたのを必死に阻止。
「馬鹿、やめろ!兄妹なんだぞ」
妹はニヤニヤ顔が真面目顔になりました。
「あのさ、何で近親関係ってタブーなのかな?道徳とか倫理なんて人それぞれ考えが多少違ってもよくない?私は兄貴は男として有りだよ」
そりゃ妹はまぁ可愛いほうだし、俺だって妹は有りだ。
「変な気持ちになったらどうする」
「だ~か~ら~、兄貴なら有りだって」
「エッチしてもってことか?」
「そ」
「恵次(弟)は?」
「あいつはない!ナヨっとしてるから」
「親父は?」
「パス!おじさんに興味ないから」
「ほ、ほんとにいいのか?お前」
「兄貴がしたいってなら私は構わない」
風呂を出て布団を敷いて、妹のバスタオルを取りました。
プルンとした柔らかい胸で乳首はピンクよりやや茶色が入ってる感じ。
いざ事を始めようとしました。
「あるよね?スキン。つけないではダメだかんね?」
元彼に使った余りがあったはずと必死に探しました。
「あった!」
妹は俺にフェラしてくれて、スキンの袋を破き、俺につけてくれました。
妹が上にのってきて。
「入るよ?」
キュ!キュ!キュ~っと入っていきました。
「き、きつい!」
「使用回数、まだ浅いから」
とニヤリとしてました。
髪を乱しながら腰を動かされ、情けないことに数分と持たず。
「早っ!」
妹に言われました。
妹は俺から降りて、スキンを外しました。
「うわ!こんな出てる!すげ~!この量は初めてみた」
と目を丸くしてました。
兄としての面目丸潰れ。
「どう?妹とした気持ちは?」
ちょっと返事に困りました。
「普通に女の子としたって気分かな?」
「普通かよ~」
「いや!きつくて我慢できなくて、すごい気持ち良かった」
「私はね~、兄貴と今やっちゃってんだと思うと、すごく興奮してた。彼氏とかとしてる感覚と全然違かった」
妹は俺のチンポを握ったままでした。
「俺は留美と今してるとか、考える余裕がなかったよ」
「もう一回。今度は留美を考えてね?兄貴早すぎだから」
畜生!と思いながら、妹に襲いかかった。
揉みごたえ十分の胸を揉んだり吸ったりしながら聞きました。
「何カップある?」
「D、かE」
「今彼氏は?」
「なし!彼氏なし半年だよ!去年暮れに振ったもん」
「いつ初エッチした?」
「兄貴は?」
「俺はこっちに来てからだよ。19だ」
「私は17だよ」
クンニしながら俺は69に持っていった。
妹のアソコはまだまだ綺麗な色で、元が色白なせいか、黒さもほとんどない。
妹はスキンに手をのばし、また俺につけてくれて、俺は妹の足を開き、入れました。
「くわ~!やっぱきっち~な」
見ると妹がニコニコして俺を見てました。
そのニコニコ顔が徐々に歪み始め、妹が女の顔になって行くのに普通ではない興奮を覚えました。
「やっぱり普通の感じじゃないな。今妹としてるんだっておかしい感覚だよ」
「でしょ?でしょ?」
力いっぱい胸を掴み、むしゃぶりつきながら腰を動かしました。
荒い息の合間から出る妹のセクシーな声。
「兄貴、私、いく」
「俺もだ」
密着状態でほぼ同時に果てました。
終わったあと、イチャつきながらまた妹に質問。
「恵次はやっぱダメか。お姉ちゃんっ子だぞ。恵次、可愛そうにな」
「絶対やだ!有り得ない!男らしくないんだもんあいつ!甘ったれだし。今でもまとわりついてくるよ、家で。その点兄貴はこっちで一人暮らしして立派に仕事してるし。今回の費用だって私、全部学校の合間にバイトして貯金したんだ。恵次、最近私に金せびりにくるし」
そうとう嫌われてるみたいだ。