カテゴリ:
幼稚園のママ友飲みに参加して朝まで人妻と乱交エッチ体験談

当時、20代最後の夏を謳歌したい欲求不満気味だった俺は、生命保険の出入りの兄ちゃんに、合コンセッティングをお願いしまくっていた。
この兄ちゃん(仮にN君)には、何度も合コンを過去にお願いしており、その都度、期待を大幅に裏切られていたわけだが、それでもN君に再びお願いしてしまうあたりに、俺のルックスの限界が分かるってもんだ。

数日後、N君から吉報が。
どうやら、数少ないコネから合コン相手をなんとか確保したようだ。
聞くと、相手は主婦とのこと。オッケー、オッケー。全然オッケーよ。

でも、一応年齢を確認すると、連絡をとったのは30代後半らしいが、連れはもうちょい、若い女性が来るかも、と。
で、問題になるのが、人選。
N君曰く「5人くらいかな?」などとアバウトな返事。



とりあえず、うちの上司T部長(30代中頃)、同僚M(30歳)、俺、N君、N君の上司(推定30代中頃)の5人で出撃することに決定。
土曜日の夜、神奈川県の某駅前に向かった。

到着してすぐ、N君が連絡をとる。
すると、すでに居酒屋で飲み始めているらしい。
電話口では、冷静だった(道順を教えてもらった)ので、まだ始まったばかりと推測。急いで居酒屋へと向かう。

指定された居酒屋の2階へ上ると、なんとそこに!たった2人の女性が。
ここで俺の感想は当然ながら、ショボーン。
が、よくよく見ると2人の女性、片方は20代中頃の、まだまだピチピチな感じが残る しいてあげるなら、うん、(当時の)堀ちえみか? 少々ぽっちゃりしてるけど、胸も結構ありそうで何より背が小さそうでカワイイ。

残る片方は、30代後半(N君の知り合い)で、スラッとした美人。
と、いっても女優クラスというわけでもなく、しいてあげるなら、う?ん、思いつかん。でも、足とかがホント綺麗で、結構そそられる。

とりあえず、7人で乾杯するも、
いくら2人が(N君紹介にしてみたら)高レベルとはいえ、たった2人では、盛り上がりに欠けそうなのは一目瞭然。
俺も含めて、いまいちな自己紹介タイムに入ろうとした、その時に堀ちえみが言った言葉。
「実は今日、子供の幼稚園のお母さん達の飲み会があって、そこから抜けてきたの」
な、なんだって?

その言葉を聞いて、俄然盛り上がる男性陣。
まあ、女性を目の前にして失礼だったかもしれないが、こちとら、上司と駆け引きするほど人間が出来てません。
小一時間ほど飲んだ後、誰とも無く切り出しました。
「さっき、言ってた飲み会って、近くでやってるの?」
「うん、すぐ近くだよ」
この言葉を聞いてからというもの、男性陣5人組は、いかにその飲み会に合流するかをアイコンタクトで相談し始めます。
が、突然長身美人の女性の方が、
「幼稚園の飲み会の方に来いってうるさいの。一緒に行かない?」
きたー!!!!
どうやら、さっきから長身美人さんが電話でこそこそ話していたのは、あっちの飲み会の方から、戻ってこい!と言われていたからだそう。
しかもうっかり、「男と飲んでる」って口走ってしまったので「そいつらも連れてこい!」てなことになっているらしい。
残っているビール、焼酎を一気に飲み干す男性陣。

ここで、簡単に男性陣を紹介しておきます。
うちの上司T部長は、ルックスはセルジオ越後似のおっさん。が、部長が20代の頃から知り合いなので、気心も知れた仲。
生命保険N君は、眼鏡を掛けた、なかなかの男。強いていうなら、陣内を若くして細くした感じ。
明るい奴で、こちらも気心が知れた仲(何度も一緒に合コンしてるし)。
同僚Mは、ちょっと彫りの深い顔が特徴で、そこそこいい男だが、いかんせん根性ナシ。たぶん推測だが、素人道程。

N君の上司(名前は忘れたので、Hさん)は、こちらもダンディーな感じでいい男。ただ、この時が初対面なので、この時点では あまり話をしていない。
この5人が、2人の女性に連れられ、飲み会開催中だという、カラオケボックスへ。しかも、随分と大きな部屋へと導かれる5人組。
期待と不安のなか、扉を開けると…

ナントそこには20人以上の女性達が!!!
よくよく見ると、20代前半から40代後半のおばさん達まで、幅広い年齢層で構成されているものの、2人で取り合う展開よりは全然マシ。

しかも相手の方から、
「キャ?、オトコよ?」とか「こっち、こっちに座って?」みたいな声がかかって喜ばないオトコがいるわけがない。
ま、素直に喜べない女性もいるにはいるが。
男性陣の中で比較的若く見られる、俺とN君はそれこそハーレム状態。
やれ飲めだの、歌えだの。終いには、あちこちを触られる、逆セクハラまで。

そんなこんなで、愛想を振りまきながら、狙いの女性を捜していると、25?6くらいの、控えめな女性を発見!
子供を産んだとは思えないほどの、肌の綺麗さと、ちょっと地味なファッションが目を引く。
他の女性達が悪のりしているのに対し、ニコニコしながら、相づちをうってお酒を飲んでいる様が好印象!

さりげなく近づく俺。
横を見ると、N君の上司Hさんが、そのダンディーさを売りにホスト化しているのを見たのは内緒だ。
この控えめな女性(仮にCさん)に運良く近づけた俺は、早速、トーク開始。
が、このCさん、主婦でもなんでもなく、幼稚園の先生と判明した。どうりで、若くて肌が綺麗なはずだよ。
しかし、ここでCさんから帰宅宣言。

まあ、半分無理やり誘われていたようなので、早く帰りたい気持ちも良く分かる。
ヘタレの俺は、電話番号を聞くことすらできず、他の妖怪たちに再び捕まってしまった。
ここで、ターゲットを堀ちえみに変更する俺。

ちえみを探すと、うちの上司T部長の隣で、まったり酒を飲んでいる様子。ここは、突入するしかない。
さらにその隣に座った俺は、なんとかトークに参加することに成功!
これだけ女性がいるのに、やっぱり2対1かよ的な展開に、哀しさ半分、嬉しさ半分だ。

堀ちえみ(Aさん)、長身美人(Bさん)、他2人の女性と、男性陣5人組は、近くの居酒屋へ移動。ゆっくり飲み直すことに。
幸い、時間はまだある。欲求不満が爆発しそうな俺にとって、この展開ならやれる!と思いこもうとしていたのかも知れない。
散々飲ませ、気が付くと午前2時。

東京在住の俺達は、タクシーしか帰る術はない。
が、現地集合だったN君とダンディーHさんは、自慢の車で来ていたらしく、女性2名を車に乗っけて、どこかへ行ってしまった。
まあ、乗っけた女性も若かったけど、それほど好みじゃなかったから良しとしておこう。
彼らの健闘を祈っていると、横でうちの上司が
「もう、帰られへんから、どっかで朝まで時間潰そうよ?」
とか言っている。

部長、ナイスです!この時ほど、上司を頼もしく思えたことは無かったかも。
しかし!更に横で同僚Mが「俺、帰るわ?」とか言い出して、俺はもうブチギレですよ。

お前、空気読めよと。それでも帰るとか言い出すヘタレ道程は、もうしらん!
一人帰るMを見てAさん(堀ちえみ)が、「え?M君帰るの??」とか言い出す始末。
「ああ、あいつの実家が近くにあるらしいんだよ」
とか何とかごまかし、4人で4次会へ向かう。

次)幼稚園のママ友飲みに参加して朝まで人妻と乱交エッチ体験談 2