カテゴリ:
取引先の保険代理店の女性と飲みの後に自宅へお持ち帰りした体験談

仕事終りに取引先の保険代理店の人と飲みに行った。
1時間ほど居酒屋で飲んでるとその保険代理店の人は男同士じゃつまらなくなったのか、自分の懇意にしているお客さんの女性を電話で呼び出した。

20分程してその女性がやってきた。
名前は彩子、30歳で少しふっくらとはしているがブスではない、キャリアウーマンといった感じの女性だ。
ムチムチのボディーラインが分かる様なタイトなスーツ姿でやってきた。

3人でワイワイと1時間ほど飲んでいたが保険代理店のおじさんは酔っ払ってしまったのか、「先に帰るわ?」と言って家に帰ってしまった。
後に残されたのは初対面の俺と彩子。
一瞬気まずくなるかとも思われたが、そこは営業職の俺、トークで盛り上げ2件目のBARへと彩子を連れ込んだ。



BARでも1時間ほど飲む。程良く酔っ払う彩子。
松下由紀の若い頃のようなその顔がほんのりと赤らんでいる。
次第に俺へのボディタッチが増えてくる。

その頃の俺は×1になって4年ほど経過した頃、ショックから立ち直りかけで性欲も徐々に復活してきていた頃だった。
聞けば証券会社に勤務をして8年ほどのキャリアウーマンで、仕事もなかなか出来る女性だった。
「忙しくて男なんて作ってる暇ないわ…」
そう言って彩子は俺の方をじっと見た。
俺は何かピーンと感じるところがあった。

『こんなことをいう女性は大抵性欲が溜まってるもんだ…』

直感的にそう思った俺は彩子の腰に手を回した。
一瞬かすかに「ビクッ」っと反応する、そして俺の方を上目使いで見ながら微笑む。

俺「結構飲んじゃったね、酔ってない?」
彩子「私お酒強いのよ、でも少し酔ったかも…」

そう言って俺の方に頭を預けてきた。
俺は『もうひと押しかも…』そう思ったがここはBARカウンター、他にも5,6人の客がいる。
大胆なことは出来ないと思い様子を伺う。

すると彩子は「ちょっとトイレ行ってくる。」そう言って席を立った。
トイレは店の少し奥まったところにあり、少しだけ死角になっている。
『チャンス!』と思い、俺もトイレの方へ向かう。
そこは小さなBARだったため男女兼用のトイレだった。
トイレの前で立ってると彩子が出てくる。
入れ替わりで入ろうとする俺。

俺「カウンターで待ってて…」

そう彼女の耳元で言うと頬に軽くキスする。
するとどうだろう、彩子の反応は意外だった。

彩子「嫌っ、もっとちゃんとキスしてよ。」

俺はもう一度彩子の唇に軽くキスした。

俺「場所変えよ?」

彩子は軽く頷いた。
しかし、トイレの中で財布の中身を見て『俺ピンチ!』現金も残り少なく、カードも家に置いて来ていた。
『どうする?』考えも定まらないままカウンターへ戻る。

俺「彩さん家行きたいな…」
彩子「それはちょっと…」
俺「もう帰っちゃう。?」
彩子「やだよ…」
俺「じゃ、うち来る?」

彩子は小さく頷いた。
明らかに顔は赤くなって上気したようになっている。
さっきのキスで火がついたのだろうか…

タクシーを呼び乗り込む。
俺の家までは15分程だろうか。
その間の会話は常に彩子の耳元で行った。
時折耳に息を吹きかけ直接耳たぶに俺の唇をくっつけたりして小声で話した。

どんどん彩子の体温があがっていくのが分かった。
耳元が感じるのかな?そんなことを考えながら俺の家の下に到着、降車してタクシーが行ってしまうと彩子は俺に抱きついてきた。

彩子「もう、こんな風にされるの久し振りだから…」

俺にしがみつきながら少し息が荒い…俺はもうフル勃起状態だった。
一度強く抱きしめ、そして彩子の手をとり俺のズボンのチ●ポの位置に持っていく。

俺「俺なんて、BAR出てからずっとこの状態だよ。」

すると彩子はズボンの上からフル勃起状態のチ●ポを強く握りしめ小さく「あぁっ」と声を上げた。

彩子「もう、こんなになってる…ねぇ…嫌だあたし何言ってるんだろ…ねぇ」

そう言って俺を見つめる彩子に今度はディープなベロチューをしてやった。
ものすごい勢いで舌を絡ませてくる、しかもその間握りしめたチ●ポは離さないどころか一層強く握ってくる。

彩子「もう…火付けたのあなたよ!?」

俺は彩子の手をとり足早に自分の部屋へ向かう。玄関に入り、鍵を掛けると彩子はまた俺に抱き付いてきた。

明かりもつけないままお互いの唇をむさぼる。
彩子は再度俺の股間を握りしめてきた。
俺も彩子のタイトスカートをたくし上げ、股間に手を伸ばす。
パンスト越しだが明らかに股間は熱を持って湿り気を帯びていた。

そのままグイグイと指でこねくり回していたが爪でひっかけてしまったか、パンストが少し破けてしまった。
しかしこれ幸い、その破れた穴から右手の人差指と中指を突っ込み、パンティの脇をずらし、直接オ●ンコにタッチした。
もう、ヌルヌルの状態だった。

俺「はぁはぁ、いつからこんなになってたの?」
彩子「あぁん、もう…タクシーに乗る前から…あぁ…」
俺「どうしたい?」

そう言って彩子のクリトリスを猛烈に指バイブで刺激する。

彩子「あぁぁぁ…嫌、立って…らんない…」

彩子は膝をガクガクし始めた。

俺「どうしたい?」

分かってはいたが俺は女の口から言わせるのが好きだ。
指の動きを激しくしたり、クリの周りをなぞるようにしたり、でも穴には直接触れずに焦らしていった。

俺「ねぇ、どうしたい?」

3度目に俺が耳元で囁きながら聞くと彩子は遂に陥落した。

彩子「このオチンチンが欲しい…」

そう言うと俺の前に跪きズボンのチャックを下しパンツのナニの取り出し口からすぐに俺のチ●ポを取り出した。
まだ、シャワーも浴びていない、ムッとした臭いがするであろう俺のチ●ポを酔って興奮しているせいか、彩子は躊躇なく口の奥まで咥え込んだ。
チ●ポに生暖かい感触が広がる。
俺も酔っていたせいかいつもより大胆になっていた。
そのまま彩子の頭を掴みイラマのような形で前後に腰を振った。
少し苦しくなったのか彩子はチ●ポから口を離し、「ねぇ、入れて欲しい」そう言った。

俺は酔っていたので少しさっぱりしたかったので「シャワー浴びよっか。」と言ってバスルームへ向かった。

次)取引先の保険代理店の女性と飲みの後に自宅へお持ち帰りした体験談 2