カテゴリ:
新幹線で隣の女子大生のスベスベの足を触りまくった体験談

GWに乗った新幹線の中での話。
3人シートに、窓側に中年オヤジ、真ん中に若い女性、通路側に自分が座っていた。
中年オヤジが女性に話しかける。

「今からどこ行くの?どこ出身なの?学生さん?いくつ?」

話を聞いていると、女性は大学1年の19歳。九州の実家に帰るところらしい。
しかもかなりかわいい女の子。デニムのホットパンツで生脚を大胆に露出していた。
中年オヤジも自分も女性の生脚をずっと見ていた。

だんだん中年オヤジの質問が女性の脚のことに。



中年オヤジ「あんたきれいな脚してんな〜ほんと美脚だね!モデルさんみたい!そこらへんのアイドルなんかよりよっぽどきれいだよ!」

女子大生「そうですかぁ〜?ありがとうございます。脚は見せた方がきれいになるんですよ!」

中年オヤジ「若いから何もしなくたってきれいでしょ?」

女子大生「そんなことありませんよ!オイルでマッサージしたり、いつもお手入れしてます。」

と美脚トークが加熱。
中年オヤジがいやらしい目で言った。

中年オヤジ「ちょっと触ってもいい?」

女子大生「ん〜・・・いいですよ!」

自分は耳を疑った。この子、褒められてうまく乗せられて何言ってるんだ?

中年オヤジ「え!?ほんとに?ほんとにいいの?素手でいいよね?」

中年オヤジは女子大生の生脚を素手でお触りし始めた。
いやらしい手つきで、しかも両手で。

中年オヤジ「ほんとスベスベ・・・」

女子大生「ちょっと恥ずかしいです・・・」

自分も触りたいが、加わる勇気もなく、ただギンギンになっていた。
女子大生はサンダルを脱がされ、つま先から脚の付け根まで
いやらしく触られた。

到着するまで3時間ほど、ずっとオヤジは女子大生の脚を触っていた。
女子大生が寝てしまって、私がトイレに席を立って戻ってくると、女子大生の脚が湿っているように見えた。
こいつ、舐めたな・・・

脚を触ること自体は合意してるから痴漢にはならないだろうな。
でも寝てる間に舐めるのは反則だし、もしかしたらキスだってしてるかも・・・相手は未成年。

こんなことしていいのだろうか?とずっと考えていた。