カテゴリ:
女友達と体関係をもてるのか?身近の女友達で実験してみた結果

俺は世間一般に言われている女友達・・っていうのはありえないと思っている。
良く女友達が口に言う男友達・・とは俺からしてみたら友達ではなく必ず体の関係があるけど友達って大きく言っている物だと俺は考えている。
※肉体関係でもいいという男(彼氏候補)にとってはまぁ許せるだろうが。

俺もそうだが、かわいくない女を自分の友達として付き合うだろうか?
ある程度かわいい女と仲良くするのが筋ではないだろうか?
皆どうだろう?

そんな考えから俺自身も自分の目でためしてみたくなったのだ。

実験内容:
1、一人の女友達とならどこまで行けるのか?
そして友達ではなく彼女みたいに最後までやるのはたやすいのか?
という検証をしてみたくなった。
2、いままで何も関係の無かった友達を友達として肉体関係を持たずに女友達は拒みつづける事ができるのか?

文章が下手でもご理解の程お願いします。



実験をする為、実験条件に該当する女友達を選ぶ事にした

【条件】
・肉体関係をしていない女友達
・恋愛感情に発展した事がない
・学生の頃から友達

条件にあう友達を探してたらまさにこの実験にふさわしい
女を選ぶ事ができた。

【スペック】
名前:あき(仮)
付き合い:女友達になって5年、もちろん肉体関係もなければ恋愛も俺とした
     ことなし
個人的な条件:一人暮らし

あきと決めたわけだしまずは誘わない事には話が進まない
まずは大前提として相手の家で飲むこと。
とりあえずメールを打つ事にた。
俺「久しぶりに飲みたいんだけど、いつ飲める」
あき「いいね~飲もう!どこにする?」
俺「ワインボトルを持っていきたいから家で」
あき「了解!ジャック(仮)の家にする?」
俺「いや、あきの家で・・。OK?」
あき「了解。他に誰かさそう?」
俺「いや、あきが呼びたいならいいけどできれば2人で・・」
あき「了解、じゃぁ仕事終わったら連絡頂戴ね。私のほうが早く終わるから家にいます」

こんな簡単に見えるメールでもいくつかの罠に気がつかないあきはやっぱり友達だから
気がつかないのかはわからないが、うまく誘えたので良しとした。

仕事も終わり、作戦を考える事にした。

まずはワイン!!
あきはお酒が弱くもなく強くもない女だ。
ワインは別にお酒事体は強くないもののなぜか女は飲むとテンションを上げてくれるもってこいの酒だ。
いままでの経験上落す酒にはワインと俺は決めている。
しかし、ワイン事体そうそうたくさん飲める酒でもないし、女からみればそこそこ強い酒と思っている事が多いのでたくさん飲ませようとすると警戒心を持たせてしまう。
理想としては、女から飲んでくれる方がいい、そして一本全て女が飲んでくれるのがいい。
そこで、ワインはやめてスパークリングワインの「A○TI」にした。
俺用には芋焼酎の「○山」を購入する事にした。

おれが焼酎の訳は2つ・・。
1、あきが必ず1本飲ませること
2、あきを酔わせようという意図がばれないように俺も強い酒を飲んでおくこと3、あきが飲むワインがなくなっても必然的に芋焼酎に切り替える事ができること。

さておきお酒も購入してあとはあきの家にいくだけだ・・。

あきに電話をした
俺「仕事終わって買い物もしたから今からあきの家にいくけどいい?」
あき「いいよ~部屋片付けたし」
俺「10分くらいでつくのでよろしく~」

歩く事10分!あきの家についた。
普段は長く感じる道のりもずっと未来予想図(いい方向)の事ばかり考えていた俺はいつもは長く感じるはずが、早く感じた

ありがとうございます。
では続きを書きます。

俺「あき~着いたから迎えにきて」
あき「了解」

あきが迎えにきた。
服装は夏だった事もあり、軽装だった。
上は白のキャミで下はジャージっぽいハーフパンツだった。
スタイルは身長は155cmくらいで細め、バストはDカップとCカップの間くらいだと思う。

俺「うぃ~す」
あき「はやかったね、ジャックの事だからもっと遅いと思っていたよ」
俺「思ったよりはやく終わったからね~」

時間にして20時半くらいだったと思う

部屋は相変わらず女の匂いがする、女らしい部屋だ
良く部屋にいくので変わったところを探したが見当たらなかった。
俺が部屋に座るなり普段の会話がはじまる

あき「仕事いそがしいの最近?」
俺「そうだね、最近いそがしいかな」
あき「適当につまみ買ってきたのと作っておいたけどこれでいい??」
俺「充分、充分!ビール買ってないけどあるよね?」
あき「あるよ~」
以下省略・・

そんなこんなで乾杯をした

乾杯も終わり日常会話をしながら缶ビールを3本ほどあけた後
そろそろあき専用ボトルを空けられると判断した俺はボトルを飲ませる事にした。

俺「そういえば買ってきたスパークリングワイン飲む」
あき「そうだね~のもうのもう」
俺「とりあえず俺甘いの苦手だから俺用の焼酎買ってきたから、ロックグラスお願いね」
あき「持って来るね」
あき「んじゃ~再度乾杯~」
俺「どう?おいしい?」
あき「うんおいしい」
俺「甘いけど平気?」
あき「カクテル間隔で飲めるから平気」

とりあえず酔わす作戦は成功。あとは時間があきを酔わしてくれる。
あとは、あきに悟られずにどういう展開で関係に持っていくかを考えるだけだった。

スパークリングワインも終盤に差し掛かり、あきを観察してみると顔が若干赤くなっていた。
テンションはあんまりかわっていないが、普段よりは良く笑うようになってきた。
あとはあき自身のガードを調べる必要がある。

ガード具合を調査するにはうってつけの方法がある、それは「マッサージ」だ。
「マッサージ」というのは女のガード具合を調べるには手っ取り早くかつうまくいけば最後までいけるとっておきの手段である。

ただし諸刃でもあり多少のリスクが伴う、マッサージを誘う時に失敗すると逆にかべを高くされてしまう可能性があるのだ。
そんなリスクを頭にいれながら、あきをさりげなく誘ってみる事にした。

俺「俺最近視力悪くなってきたせいかわからないけど初めて肩がはって痛いんだよね」
あき「まじで、歳なんじゃないの?」
俺「そうなのかな?肩触ってみる?硬いから」
あき「本当に硬いね」
俺「やばいでしょ?」
あき「あきさんが肩揉んであげようか?」
俺「おっいいね、お願いします。」
あき「しょうがいないな」俺「俺そういえば人から揉んでもらうの久しぶりだよ、いつもマッサージしてるほうだよ」
あき「彼女さん?」
俺「そうそう、俺マッサージうまいらしいよ・・。じゃぁ終わったらジャック様がしてあげよう」
あき「ありがとう」
俺「あいよ~でもまだ俺マッサージのご褒美の前に俺の肩揉んでね」
あき「了解」

10分程あきに肩を揉ませて攻守交替の時がきた
俺「ありがとう、交代する?」
あき「うん、お願い」
とりあえず肩からマッサージをしながらあきを観察してみた
肩を触ったところ、あたたかくなっていた、俺が思っている以上にワインが効いていた。
先ずはマッサージに専念する必要があると思った俺はあきからハンドタオルを借り、肩に掛けてタオル越しにマッサージを続けた。
もちろん理性と戦いながら・・。
理性と戦っていた俺だったが、ここで大きな戦いをするとはこの時俺は思っていなかった。

次)女友達と体関係をもてるのか?身近の女友達で実験してみた結果