カテゴリ:
【女性】女友達カップルのセックスに混ざって3Pちゃった体験談

はじめての3Pは社会人になりたての23か24歳の時でした。
仲のよい女友達とその女友達の彼氏としました。友達カップルに私がまざった形です。
後から聞いたんですが、完全に女友達にハメられました(笑)


社会人になって、その友達と、彼氏と三名で居酒屋に行き、その時に初めて彼氏を紹介されました。
爽やかで、カッコよくて、とても優しそうな殿方でした。
友人に、こんないい彼氏が出来たんだと、嬉しくて、居酒屋からかなり盛り上がっていました。
お金もそんなになかったので、二次会は友達の家で飲むことに。
家にいくと、お酒や食べ物がセッティングされていました。最初からここに連れて来る気だったんですよ(笑)
ズボラな友達にしては、珍しいなぁ、彼ができてよっぽど嬉しいんだろうなぁとその時は思いました(笑)





飲み会スタートと同時に、その友達は私と、その彼氏にガンガンお酒をススメテくるんですね。
これも普段の彼女ならしないことです。友達自身もやたら飲んでるので私も負けじと飲んでいましたが、あとあと聞くと彼女は、ほとんど水を飲んでいたようです(笑)
皆で結構ベロンベロンになって、女二人で、彼の恋愛経験やナマナマしい性経験を根掘り葉掘り聞いたりして大いに盛り上がってました。
その内、私は酔いつぶれてしまいました。

どれぐらい寝てたかわかりませんが、友達の喘ぎ声で目を覚ましました(笑)
エッ?夢?と思って目を開けると、友達とその彼、おもいっきりやってるし…。
お互いハジハジにいますが、8帖ぐらいの1ルームなので、思いっきり見えるし、聞こえるし…。かろうじて、間のテーブルが目隠しになるかな、ぐらいでした。身を一段と低くして、テーブルの間から二人の様子を固唾を飲んで見たのを今でも鮮明に覚えてます。

状況把握後は思わず寝たフリですね(笑)
しばらく目をつぶって、二人のナマナマしい情事をいやおう無しに感じていました。
しばらくして彼氏がトイレに行く気配がしたので、慌てて起きて、友達に何事か問いただしました。
すると、友達は、ゴメンだけど見てて欲しと言ってきます。
私はムリムリと言いいますが、友達も、お願い、寝たふりしてていいから とひたすらお願します。
私も根負けして、わかった、寝たふりじゃなくて、寝るから!二人で適当にやってて!と言い寝ました。

彼氏が戻ってきて、また イチャイチャはじめます。寝るつもりですが、寝れないですよね(笑)
しばらく息を殺して二人のやり取りを聞いてましたが、お手洗いにも行きたくなるし、一人で寝たフリしてるのもバカらしくなってきて、
いよいよ、起きて 私はお酒飲みながらあなた達を見とくから自由にやって!と宣言して
グラスを片手に座って二人のカラミを見てました。

その内、目の前の二人は裸で、何で私は服を着ているのだろう。私がおかしいよね?
という感覚になりだして、二人に気づかれないようにそっと服を脱いでいき、全裸になりました。
私もなんとも言えないイヤらしい気持ちになってました(笑)
すると、友達が、こちらを見て、
あれ?佳奈のオマンコがキラッと光っているのが見えたけど、濡れてるの?
と言い私に近づいてきました。

いやいや、来ないでいいよ!とハジに逃げますが、すぐに追い詰められ、体を触られはじめました。
友達は、離れてみている彼も呼び寄せ、二人で私の体を弄びはじめます。彼もムリだと抵抗してましたが、彼女のしつこさに根負けでした(笑)

しばらくして、彼女が私の耳元で言いました。
『私の彼氏とSEXして...。彼が他の人としているのを見てみたい』と。
そこから私の中の何かが壊れ、気づいた時には、女友達にオマンコを舐められながら私は彼のモノを口に咥えてました。
友達の目の前で、友達の彼氏とSEXして、彼に突かれながら、友達とチューをしたり、友達に体中を舐められたり。
また、彼に入れられている彼女を見てあげたり、彼女の胸を舐めたり。なんでもありでした。
その内、皆疲れ果て寝てました。目を覚ますと二人は寝てましたが、
私は彼のモノを舐めて、彼を起こし、寝る彼女を横に 二人だけで楽しんだりしました(笑)
たぶん、未だにそれは知らないかも(笑)

それから、3名で飲むときは、3名でSEXをする事が決まりごとのようになり、1年程そういう関係が続きました。
1年程して、めでたく二人が入籍する事になり、それをきっかけに、飲むことはあっても、そういう関係は無くなりました。


しかーし、少し前にまた
『子供も大きくなったし、数時間なら親に預けられるから、また3名でどう?』というお誘いのメールが(笑)
丁重にお断りしましたが、しばらくしてまたメールが
『いい相手が見つかったよ!相手も夫婦!同じ趣味みたい笑。見に来る?(笑)』

『いくか!変態!(笑)』と返事をしました。