カテゴリ:
職場の女友達・24歳・常盤貴子似の泥酔女との体験談 2

前)職場の女友達・24歳・常盤貴子似の泥酔女との体験談

おもむろに美和のおっぱいをブラの上から攻め始める。
ブラの上から揉む揉む、ねぶるねぶる。
美和は「うう~ん」たまに「んっ!」と呻く。

そろそろ、と思いブラの中に手を入れ乳首を触ると「だめっ!!」と身体をひねる。
(やばい!!)と思い顔を見たが美和は反射的に動いただけらしく寝ている。

まあ、いい。次に下に移動。レースからうっすらと毛が見えている光景にまた興奮。
そっと脚を開きパンティーの上から舐め始める。



十分に舐めたところでパンティーをすこしずらし直に舐める。
クリに舌が当たるとピクン!と身体が動く。まだ起きる気配はない。
調子にのって舌を高速運動させる。寝たまま反射的に手で払おうとしてるのだが下半身までは届かない。


そして俺の頭を掴んで「ああ、ああっ!」と喘いでいる。
ああ、もう起きちゃったかな?と見てみると目は閉じている。寝ているのか寝たふりなのかはわからない。
もちろんどちらでももう止まれない。

おもむろにパンツを脱ぎ、痛いほどビンビンになったジュニアを取りだす。
美和のパンティーをずらし、美和の中心にあてがいゆっくりと沈める。
「んんん~っ」と美和がのけ反る。そしてびっくりしたように大きく目を見開きおれを見た。
その時はすでにおれのジュニアは美和の一番奥に入っていた。


「美和が可愛くて(特に下着姿がw)我慢できなかった」
「いいよ、たくさんキスして」

ディープキスしながら腰も動かす。痛いくらいビンビンになっている上に生でやってるのであまり持ちそうになかった。
「悪い、早くでちゃうかも?」
美和は無言でこちらの首に手を回しキスを求める。こっちが体勢を変えようとすると手に力を入れキスを続けさせようとする。まさにキス魔だw

そうこうしているうちに限界が近づいてきた。中だしはやばいし下着を汚すのも論外、顔もまずそう。
口中なんかに出したらそのあと激しくキスを求められたらさらにやばい。
てなことを一瞬のうちに考え、美和の腰を掴んで激しく腰を振った後お腹に発射。
少々ブラや顔まで飛んだがいた仕方ない。


息も荒く美和に添い寝、美和も荒い息をしている。
ティッシュをさがしてお腹を拭いてあげる。見ると美和はもう寝息を立てていた。
美和の横でこちらも爆睡。明け方に目を覚ますも美和はまだ寝てた。

始発も出るのでそっと美和に布団をかけ、服を着てマンションをでた。

家に帰ってまた爆睡。起きると美和からメールが。「今日会えないかな?」と
さて、今後美和との付き合いをどうするか。相性はいいみたいだから付き合っちまうかな?どうすっか。


おずおずと「昨日、なんかした?」
(まさかまったく覚えてないの??)
「覚えてないの??」
「…うん。最後までしちゃった?」
「よく覚えてないな。キスはたくさんしたけど。」
美和は多分しちゃったとは思ってるでしょう。でも全く覚えてないみたい。
キスもそんなに好きじゃないみたい。まさか別人格??

で、うやむやのまま今日に至ります。
今日も美和と2人飲み。どうなることやら。