カテゴリ:
駐車場に止まってた車で泥酔してたOLをそのまま助手席でハメた体験談

ブラック高偏差値で有名な車の営業会社で働いてた時の話。
そこは21時位になっても数字足りないと
『今日の数字足りねぇけどどーすんだよ?』
と店長から詰められる会社。
そんな時間に言われても確実なアポなけりゃどーにもならん。
で、とある日。

事務所で詰められるのが嫌だったおいらは
『直訪とポスティングしてきます』
と言って逃げ出す。
『さてどーやって時間潰すか…』
と適当に車流す。
以前アタリのあった顧客へアポ梨突撃。
勿論撃沈。

その後周囲をポンコツで徘徊してると月極駐車場の中で助手席が開いて
荷物らしきものが散乱した車を見かける。
『なんだあれ?』
と思って見てみると
OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた。



直感的に
『これを行かねばいつ行く?』
多分酔いつぶれてるんだろうと思い、自分が持ってたお茶を持ちながら
『大丈夫ですか?』
と善人ぶって声をかけた。

♀『う~ん…だぁいじょうぅぶでぇすぅぅぅ…』
自分『大丈夫ですか?これ飲む?』
みたいなやり取りを数分続ける。
田舎の街で22時は回ってたと思うので、周囲に人は全く人は居なかった。
介抱するふりしながら女の身体にタッチするとなかなかいい肉付きをしてるw
推定20代半ば、身長は160無い位、OLスーツがいやらしいムッチリ体型。
おいらはおそらくこの時点でフルおっきに近かったと思う。

車外に投げ出してた身体を起こしてやると酔っ払いながらもこっちにもたれ掛かってきやがる。
『あぁ~やべぇ~むちむちだしえぇオイニーだわぁ』
と思いながら思い切って抱きついてみると
あちらもまんざらでもないのかこっちに抱きついてきた。
服の上からパイオツを揉んでみると泥酔女は
『気持ちイイ』

『気持ち悪い~』
を繰り返してる。
しまいにはまどろんだ目でこっちの顔をじっくり見ながら
『なぁぁんか格好良くない?』
とか言いながらあちらからベロチュー。

もうこっからは善人ぶるのは完全に止めて狼モードに切り替え決定。
『どこでハメてやろうか…?』
と考えホテルで休もうかなどと持ちかけるも曖昧な返事。
酔いが冷めた後などに騒がれると面倒だと思い、その♀の車の助手席でハメてやる事に。
服の上からパイオツやマムコを愛撫しながら助手席にin。
狭い助手席でOLスーツを脱がすと推定C?位のパイオツ♪
ビーチクを舌で転がしながらスカートを脱がしパンティの中で手を入れると
濡れてはいるが指先に何か違和感を感じる。

薄暗い車内で違和感の正体を確かめるとタンポンを突っ込んでやがる!!
『ざけんじゃねぇ!!オレをこの程度の事で止められると思うなよ!?』
と心の中で叫びながらタンポンを引き抜いた。
勿論その最中もびーちくを舐めたりやディープキスなどして♀の興奮を高める。
♀は相変わらず
『気持ちイイ~』
『気持ち悪い~』
を繰り返してた。

遮る物がなくなり晴れてヌルヌルまむこにご対面。
クンニ好きではあるが鉄味まむこは苦手なので止むえず即入!
ピストンすると万汁と血が混ざって超ヌルヌル
『やべぇぇぇ!!!超温けぇぇぇ!!!!』
1分もしないうちに♀は
『あぅぅ"ーギモヂイイ~ギモヂイィ~ぅう"ぅぅぅ、あぁぐぅ、いぐぅぅ~』
と言いながら絶頂に達した。
普段なら20~30分位はピストン出来るおいらもこの時ばかりは有り得ないシチュエーションに
興奮度200%で♀が果てた後に速効で中田氏してしまった…
終わった直後、♀は寝息を立てながら即寝。
賢者モードになったおいらは
『さて2どうしようか…こいつ起こした方がいいのか?いやいや素に戻って騒がれたらマズイよね?』
とか色々考え一応声を控えめにかけてみるも全く起きる気配はなし。
面倒になってきたので、脱がしたパンスト、パンティ、引き抜いたタンポンを助手席の足元でそのままにし
散らばってた荷物は気の毒に思ったので助手席の足元に放り込んでやる事に。
♀が起きないようにそっと助手席のドアを閉めその場を立ち去った。