カテゴリ:
真鍋かをり似のセフレの子がおっさんにいいようにヤラれた話

28歳のリーマンです。
1年くらい前に、友人の結婚式で2歳年下のアキって子と知り合いました。
この子、真鍋かをりに雰囲気が似てておれ的にど真ん中だった。
さっそくメアドを交換して猛烈にアタックした。
その甲斐あって、何度目かの飲みの時に初エッチにまで持ち込んだ。

アキは細身で巨乳じゃないけど、胸の形は抜群だったし感度もよく、セックスの相性も良かったと思う。
だけど、俺と付き合う気はないらしく、どうも会社の上司と不倫関係にあるらしい。
俺に抱かれたのは「寂しかったからなんとなく」みたいな感じだったとか。
まあこの体は惜しいし、今後どう転ぶかも分からないし、俺はしばらく様子を見る事にした。
半年も過ぎると、アキとはHありの女友達みたいな関係になった。
もっとも毎回やれるわけじゃなく、ホテルに入るまでの主導権は完全にアキ側にあった。
まあおれ的には、そこに至るまでの駆け引きが面白かったりもするんだけど。



ある日、久々にアキと飲む約束をした。
結構ご無沙汰だったので、やる気満々で飲み屋に向かった。
珍しく急ピッチで酒を飲むアキを見て、「今日はできるな」と思った。
この店を出た後、近くのダーツバーに入った。
(ここで終電まで時間を潰せば確定でしょ)なんて思いながら、
二人でダーツをやりつつ水割りなんかを飲んでいた。

すると、カウンターの隅で飲んでいたおやじが「ダーツうまいねぇ」と話しかけてきた。
正直ウゼーと思ったが、「一緒にやりましょー」とアキが言い始めた。
アキは人見知りをするほうなんだけど、酔いがまわってテンションが高くなっていた。
というわけでなぜか3人でダーツをやる事に。それも一通り終わると3人で適当に雑談なんかしてた。
このおやじ(Mとしとく)、ハゲてるし小デブだしで外見はまったくいい所がない。
だけど愛嬌があるというか人懐っこいというか、なんか憎めない。話は思いのほか盛り上がった。

でもそろそろ出ないとラブホが満室に・・・と思ってる矢先、すっかり意気投合したアキとMは、
「おし、カラオケいこー。おじちゃんおごっちゃう!」「おおー、いこーいこー」なんて言ってた。
まじかよ・・・と思いつつ、主導権を持たない俺は泣々カラオケ屋に行く事になった。
で、カラオケ屋に到着。結構歩いたのと酔いで、俺とアキはちょっとぐったりしてた。
結局Mが2~3曲が歌った後、3人でまったり酒を飲んでいた。
と、Mが思い出したように「アキちゃんってすごい美人だよね~」と言ってきた。
「いえいえ、そんな事ないですよー」「いや!アキちゃんみたいな美人見たことないよ」
「えー、誰にでも言ってるんじゃないですかー?」アキもまんざらじゃない様子。

でもまさかこんなおやじに・・・と思った時、こいつが上司と不倫してる事を思い出した。
そこで俺は、Mがトイレに行った時に聞いた。
「アキ、もしかしてあーいうおやじ、好きなん?」「ん?なに、妬いてる?もしかして」
「いや、妬いてるっつーかさ、ねえ?」「んー・・・、別に嫌いじゃないかも。」
なんかこれを聞いた時、確かに嫉妬とかもあったんだけど、
Mと上司をだぶらせて、Mに抱かれてるアキを想像してムラムラっときた。

そうこうする内にMが「ただいまー」とトイレから帰ってきた。
俺はちょっとアキに意地悪をしてやろうと思い「こいつ、結構Mさんの事好みらしいですよ」と言った。
「え?ないないない!それはないよ~」顔をくしゃくしゃにして照れるM。
最初こそ「なに言ってんのよー」なんて非難するアキだったが、
「あ、でもMさん話が面白いしモテルと思いますよ」「というか、うん、全然悪くないですー」
と結構ノリノリ。なんとなく面白くない俺は、もっと意地悪をしたくなってアキの耳元で言った。

「ちょっとサービスしてやれよ」「え?なにを?」「なあ、ブラ取れよ」「はあ?」
「服着たまんまだしさ、ブラ取るくらい余裕じゃん」俺はアキの返事を待たずに言った。
「えー、これからアキがノーブラになります。」一瞬の間をおいて「おぉ~~」とMが拍手をした。
アキは「まじで言ってんの?」と聞き返しながらも、「ブラぐらい大丈夫だって」
と言う俺の言葉に「ホントかよ」と口を尖らせながら、しばらくもぞもぞした後、本当にブラをとった。
「えーと、はい、取りました。」意外に平気そうだった。
厚めの服を着てるから、正直ノーブラだろうがなんだろうが外見からは分からない。

「うおー、すごい。すごいねこりゃ~」
それでもMは興奮した様子で、真っ赤になったハゲ頭をペシペシと叩いた。
その姿がなんとも面白くて俺達は大笑いした。これで緊張がとけた俺は、ふざけてアキの胸を揉んだ。
「だめだめ、だめだっての!」と言いつつ、あまり抵抗してこない。
普段だったら人前でそんな事をしたら間違いなくキレる。
酔いの力もあったけど、Mの人柄によるところも大きかった。
「おお、すごいね。おいちゃん興奮しちゃうなー」Mは手を叩いて喜んでいた。
変に興奮して調子に乗った俺は「アキ、Mさんにオッパイ見てもらおうぜ?」と思わず言っていた。
「ありえないんだけど?」そりゃそうだよな・・・と思いつつ、強引に服をたくし上げようとする俺。
ここまで来たらアキの話なんか聞きません。オッパイ出す気満々でした。
(今考えるとホント異常なんですが、すごい興奮してました)



「いやいや、ちょっと待って。待って。」意外にもMが俺の動きを制止した。
「えと、おいちゃんもアキちゃんの見たい。すごい見たい。」
「だけど、ここじゃ廊下から見えちゃうよ。まずいでしょ?」
確かにドアの小窓はスモークガラスになっていたけど、その気になれば部屋の中は丸見えだったし、
時々とはいえ店員や他の客が廊下を歩いていた。
「だからさ、これはおいちゃんの提案と約束事なんだけど」
「まず、彼氏君の言う事をおいちゃん必ず守る。」
「それと、アキちゃんが嫌がるのならおいちゃん絶対見ないし何もしない。」
「・・・と言うのを前提に、もしよかったらなんだけど、場所変えないかい?」一気にMがまくしたてた。

俺達は口を挟みこむ余地がなく、ただキョトンとして「場所なんてある?週末だし。」と聞き返していた。
「大丈夫。おいちゃんちだし」Mは長期出張で、近くにウィークリーマンションを借りてると言っていた。
だが、今日知り合った人の家に行くのも・・・なんて考えてる間にも、内線でカウンターと連絡をとり、
「よかった。すぐタクシー来るって。」と言いながら、荷物をまとめはじめた。
「あ、はい・・」と、二人してMの後を着いて行った。
いつもならもっと警戒するはずなんだけど、なんというかMの迫力?気迫?みたいなものに流されてた。

で、Mのマンションに到着。中は普通の1DK。
玄関からすぐにダイニングキッチンがあって、そこを抜けると6畳くらいの部屋があった。
その部屋にはベットとテレビ、あとは座椅子くらいしかなくて、
一口で言うとビジネスホテルっぽい無機質な感じだった。
俺とアキはベットに座り、Mは床の座椅子に座った。
そして飲み物を片手に3人で適当に話をしてたが、それも長くは続かず無言に。
「・・・じゃあ、いい?」Mが切り出してきた。
アキが一瞬うつむいた後「・・・まじっすか?」と小声で俺に言ってきた。
「まあ、見せるくらいだったらいいんじゃね?」内心かなり興奮していたが、しらっと俺は答えた。
「んー、でも・・・・んー」後からアキに聞いたんだけど、ここに移動してる途中、
「ちょっとくらいならいいか」と覚悟はしてたらしい。
だが、アキはためらってなかなか行動にでなかった。
まあ覚悟してたとしても、かなりの勇気がいるはずだ。
でもそんな葛藤を知らない俺は、じれったくなって「手伝うわ」とアキの後にまわり、服を一気に上げた。大事な事を失念してたんだが、アキはカラオケ屋でブラを取ったままだったので当然生乳。


というわけでいきなりブルンとアキのオッパイが飛び出した。
「う、恥ずかしいって!」アキは服を降ろそうとしたが、逆にもっと服をあげてアキの顔を隠した。
服の下から「うわ!うわ!やばいって!やばいって!」とくぐもった声が聞こえたが、
しばらくもがいた後「うー、信じられん」と言って大人しくなった。
アキのオッパイは大きさこそ普通だけど、上を向いていて形もいいし、
乳首もピンク色で間違いなく美乳だと思う。Mは無言でそのオッパイを凝視していた。

「もっと近くで見ていいっすよ」と俺が言うと、Mが遠慮がちに近づいてきた。
そして「もっといいっすよ、もっといいっすよ」という言葉に従って、乳首スレスレまで顔を近づけた。
「こんなキレイなオッパイ、おいちゃんみた事ないよ」Mは色んな角度から舐め回すように観察していた。
「や、ちょ・・あ!」突然アキが声をあげた。
「どした?感じてるのか?」「バカ・・・Mさんの息、当たってるんだけど・・・」
「あ、ごめん、ごめんな!」Mはビクっとして離れ、部屋の隅で固まった。
俺は興奮しまくりで我慢できず、アキの上半身の服を全部脱がせると、ベットに押し倒した。

「え?え?やだ、ちょっと、うそ?」驚いて身を起こそうとするアキ。それを強引に押さえつけて、
両手でワシワシと乳房を揉みながら乳首を吸う、「あ、ちょっとまじ、やば、いって!」
Mは相変わらず部屋の隅で固まったままで、俺はもうアキを抱きたくて仕方なかった。
「お、お願い・・・見られちゃうのは・・・ちょっと・・・」アキが言ってきた。
俺もこのオヤジと3Pする気なんかサラサラなかった。
さてどうすっかな・・・と思っていると、その雰囲気をさとったMは、
「・・・あ、おいちゃんちょっと飲み物買ってくるよ」と言いながらバタバタと外に出て行ってしまった。

「なんか悪いね・・・」「ま、おまえのオッパイ見れたし、いいんじゃん?」
もうハァハァだった俺は、強引に会話を打ち切ると、アキの残っている服を全部脱がした。
濡れやすいアキのアソコは予想通り大洪水で、そこに手を伸ばすとぐちゃぐちゃにかきまわしてやった。
アキは「あー、信じらんない・・・」と言いながら軽く腰を使い出した。
しばらくして俺はバックからゴムを取り出して付けると、アキに挿入した。
「なんか、すごいんだけど・・・」アキはいつにも増して興奮しているようだった。
締め付けもすごい。俺はがんばって腰を動かした。
「あっあっ、うそ、・・・やば、・・・イク・・・かも」
アキは「信じられない」と俺を見た。こんなに早くアキがイクのは初めてだった。

次)真鍋かをり似のセフレの子がおっさんにいいようにヤラれた話