カテゴリ:
地元の女友達が祭りのあとで泥酔しててそのまま襲った体験談

友達の地元の後輩でMって女がいた。

このMは凄くお祭りが好きで神輿を担ぐ会に入っており夏になると東京中のお祭りを回っていた。

俺も別の神輿の会に所属していていろいろな祭りに参加していたので

よく祭り会場であって話したりしてるウチに仲良くなって携帯の番号とメアドを交換していた。

そしてある夏の土曜日とある場所での祭りがあって担ぎ終わって軽く飲んだ後、

俺は家に帰ってTVを見ながらのんびりしていた。

そこにMから俺の携帯に電話が入る。



聞くと俺の地元の駅で飲んでいるらしい。祭りが終わって神輿の会の人と居酒屋で飲んでいるので来ないか?との内容だった。
俺は疲れていたし知らない神輿の会の人と飲んでも面白くないし翌日もまた神輿を担がなければならないので断わって電話を切った。
それから何時間後だったろうか…夜12時を過ぎてたと思うがまた携帯にMから着信が入る。

とりあえず電話に出るとへべれけに酔っ払ったMの声がした。

俺「もしもしー」

M「あー401~?あーたーすぃー♪うへへー酔っ払っちゃった~~♪」…

ロレツが回ってない…完全に酔っているMの声M

「ちょっとまっれ~にゃはははは」

訳がわからないでいると一緒に飲んでる神輿の会の人らしき人が電話に出た

「もしもし?君Mの友達?あのさぁ、今まで一緒に飲んでたんだけどMが完全に潰れてんのよ?なんか君が迎えに来てくれるから大丈夫だって行ってるんだけど来れるのー?」

完全に潰れてる…その言葉で俺はスグにアッチ方面の事を考えてしまった。

これは面白い事になるかもしれない…と。

俺「あ、わかりました。いいですよ。ドコに迎えに行けばいいでしょうか?」

そうして俺はMを迎えに駅に出発した。MはELTの持田似、さほどブスでもない、スタイルもいい。

駅に着くと半纏をはおって髪をお団子にして神輿ルックのMを発見この神輿ルックがたまらない。

女の子の神輿ルックは普段のカワイさの50%UPだ。

周りにはM以外誰もいない、とりあえずMに声をかける。

俺「あれ?他の人達は?」

M「えー?あー居酒屋に戻っちゃったよ~あははははは。」

俺「おまえ酒クセーよ!!」

M「そぉ?ハァ~~~ッ!!臭い?臭い~?あはははは。」

もう完全にへべれけ状態。

俺「どうすんだよ?お前家に帰れるの?俺が送るのか?」

M「ん~~~~今日お祭りで飲むから帰らないって家に言ってあるの~~~。あははは~」

俺の心の声(あはははははははははははははははは)

俺「ちっ…わかったよ!俺の家に泊めりゃぁいいんだろ泊めりゃぁ」

補足として俺の心はウキウキだ。ちっ等とは微塵も思っていない。

M「さ~すが401!!よくわかってるっっっ♪あはははは」

とりあえず俺の家に向かって歩き出す。

といってもMはフラフラしかも酔っていていきなり大声で歌い出したり道端の植木に話しかけたりどうしようもない状態。

俺「おまえちゃんと歩けよ!!」

と言ってMの肩を抱き寄せて歩き出す。

M「401やっさしぃ~♪」

俺「何言ってるのよ?」

M「なーんかお兄ちゃんみたいだねっ♪」

俺「……(;´Д`)」そうか、俺はそう言う役目なのか。。。Mを抱き寄せながらいろいろ頭の中で計算してみる。とりあえずMとは友達の後輩、知り合いって程度で共通の友人も俺の友達1人だけ。担ぐ神輿の会も違う会だし何かあっても別に支障はない。友達にバレてもその友達とはよくナンパに行ったりする悪友。ヤッチャッタのがバレた所で

「あーMとやっちゃったの?で?どうだった?」

程度で済むと予測。

My脳内のスーパーエロコンピューターがはじき出した答え

「ヤッチマイナー」OK!!My脳内!!おまえの希望どうりにするぜ!!

今日オナニーしなくて良かった。

家について玄関で足袋を脱がせ俺の部屋に案内俺の部屋はせんべい布団敷きっぱなし、

それを見たMは「布団~~~~♪」と言って一目散に布団に行き横になった。

TVをつけて布団の横に座った

俺「なんか飲む?気分どうよ?」話しかけたら既にMは眠ってしまっていた。

俺「お~い!M!!寝たのか?お~い!!」

何度か体を揺らしてみるが全然反応無しとりあえず完全に寝つくまで何もしないでおこうとそのまま30分くらいTVを見てる。

そして何分か経過した時Mがいびきをかきはじめた。

正直ちょっと萎えたが完全に爆睡状態であると確信し行動を始める。

とりあえず唇と唇がくっつくギリギリまで顔を近づけてみる。

完全に寝ている…ってか白目ひんむいている。

それなりにブスではないのだがイビキ&白目にさすがに萎えた。

しかしそれで納得する程俺の性欲甘くない。

まず口に軽くフレンチキッス、チュッ…Mの唇は乾いていて気持ち良くも何ともない。

むしろ酒臭いわ口半開きだわカサカサパリパリだわでちょっとゲンナリ。

キスは辞める事にした。続いて半纏を脱がす。

とりあえず起きても大丈夫なように

「お~い…半纏のまま寝るなよ~、明日もこの半纏着て担ぐんだろ~?寝ゲロしたら着れないぞ~」

等と介抱してるフリの発言を繰り返しながら半纏を脱がす。

お団子の髪の毛、白のダボシャツ、白い半モモこの姿で寝ている女の子…たまんないこのシチュエーションに酒臭い匂いやイビキ、

白目等の萎えさせる要因は吹き飛んで行った。

白いダボシャツの下に見える薄いピンクのブラジャーライン1個ずつ前のボタンをはずしていく…Mは完全に寝ている。

3つか4つはずした所で生ブラジャーいらっしゃいませ。

全部のボタンをはずし終わりダボシャツをはだけさせる。

かわいい薄いピンクのブラジャー、まだ発育途中を思わせるようなハリのある胸の谷間、白くて透き通った肌もう溜まらないです。

少し強引だが酔ってるし起きないであろうと確信して抱えるような仕草でブラのホックをはずしにかかる。

ブラのホックをはずして上にたくし上げるとすげー綺麗なピンク色の乳首がありました。

とりあえずその胸を両手で覆い隠すように触ってみる。

程よい弾力とハリ、大き過ぎないピンクの乳輪とその真中にはカワイイ乳首。

たまらず俺はその乳首に向かってキスをした。

その時Mがちょっとだけ声を漏らした…

「んっ…」…死ぬかと思った。

でも起きてはいないみたいだ。

瞬間的に俺の脳内はこの状態で見つかってももう言い訳聞かないしやれるだけやってみろと指示を出す。

司令塔のナイスな判断により俺の両手は更に動き出す。

最初は軽く乳首にキスしていた俺の口も少しずつ舌で攻撃してみる。

乳首を舌でコロコロ転がしてみたりちょっと吸ってみたり…

Mはたまに「んっ…」と声を出すが起きる気配は全くない。

俺の両手は半モモの紐に手をかける。

結んである紐を解いて少し腰を浮かせて半モモを脱がせられる状態にする。

前がはだけるのでもう既にパンティ丸見え状態。ブラジャーとお揃いの薄いピンクのパンティ。

我慢出来ない俺は半モモを下までずりさげ、パンティの中に手を入れてみる。

なんと!!もうすでに濡れているではないか!!

しかも半端な濡れ具合ではない。グッチョグチョだったのだ。

次)地元の女友達が祭りのあとで泥酔しててそのまま襲った体験談 2