カテゴリ:
セフレの後輩が一途とか言ってきたから友人に寝取ってもらった結果 2

前)セフレの後輩が一途とか言ってきたから友人に寝取ってもらった結果

それから、いくら何でもヤリすぎだろ?ってぐらい長い時間ユウヤは突きまくっていました。
たぶん俺に対する自慢みたいなものもあったのかもしれませんが・・・。

「なぁ、アキナ!俺のセフレになれよ!毎日イカせまくってやるからさー」
「あんっ、あああん、そんなっ、ダメだよっ、ああんっ、あああああ」
「何で?あいつ好きなの?」「ああん、うんっ、好きだもん、ああああん、あああああ」
「じゃあ何でやっちゃってんの?」「だって、あああん、あん、無理矢理、ああああ、ああん」
「あっそ、じゃあやめる?」「やっ、ダメ、あああん、やめちゃダメ、あああああ」
「じゃあセフレ決定な!」「あっ、あんっ、そんなっ、やっ、ダメだよ、ああん、あああああ」
「うるせーよ!俺が決めてんだから文句言うな!」「ああん、ああ、ひどいよ、あああんっ」
「いいからまたヤラせろ!いいか!」「あああん、ああああああ、あっ、あああ、わかった、
あああん、またする!あああああああ」「俺とあいつどっちが気持ちイイ?」



「いやあ、ダメ!言えないよ、あああああん、ああああ、ダメ」「言えないなら止めるぞ!」
「ダメ、いやあああ、お願い動かして、お願い、ユウヤのがいいよ、お願い、
ユウヤすっごいよ、こんなにイったのはじめてだもん!」「よーし、俺のどこが好きだ!」
「あああああん、あああああ、おっきいの、すっごいおっきいの、あああああ、いやあああ、
イク、またイク、イク、イクうううううううう」「俺もイクぞ、どこに出してほしい!」
「あああああ、あああああ、はぁああ、どこでも、ああん、どこでもイイのおおおおおお」

かなり激しく動きまくった二人がやっと動かなくなったなりました・・・・しばらくすると、
アキナが「ハァハァ、中に出しちゃったんですか?ハァハァ、もー、しょうがないなー」
と笑っていました。そして二人は早々着替えたようで、ユウヤは朝方に先に帰ったようだった。


俺はホントは翌日すぐにアキナを叩き起こして、昨日のを一部始終聞いてたって事で、
キレてアキナを追い出す予定でしたが、昨日のショックで中々アキナの顔を見れませんでした。

俺は浮気?の事をアキナに言い出せないでいたんだけど、2、3日したら口論になったので、
勢いであの夜の事を言い出しました!アキナはさすがに黙ってしまい、俺は怒鳴り散らして、
「二度と俺に前に顔出すんじゃねーよ!この便所女!」と言って部屋を出ていきました!

それから1週間は何も連絡が無くて、ユウヤにも連絡は無かったようだ。
反省してるのか逆ギレしてんのかわかんないけど、何となく淋しい気持ちにはなった。

そして10日ぐらいすると電話があった。俺はハッキリ言ってアキナの電話を待っていた。
電話口でアキナは泣きながら「お願い、もう一度会いたいの」と言ってきた。

俺は『しょうがねー』的な空気を出しつつ、すぐにオッケーした。
そして10日ぶりに現れたアキナは、反省のつもりか髪の毛が黒くなっていた。

部屋に入るとアキナは徐々に泣き出して、最後には床に伏せるように泣きながら、
「ごめんなさい許して下さい。アキナを捨てないで・・・」と泣きながら必死で喋っていた。

俺はその姿に『ぐっ』と来てしまい、俺も泣きながらアキナとヨリを戻す事に決めた。
てゆーかこの時点でアキナに惚れはじめていた。
結局その日は朝まで無茶苦茶にヤリまくって、今までで最高のエッチを楽しんだ!でも、何故かアキナは一回もイク事はなかった。
・・・きっと泣きまくったからだろうって、その時はそう思っていた。

次の日、ユウヤにその話をすると「良かったな!俺も少しヤリすぎたって思ってたからさー、
よかったよマジで!」と言っていた。そしてそのまま俺はアキナとマジで付き合いはじめてた。

一件落着して幸せなはずだったのに、アキナは段々付き合いが悪くなってきた・・・。
それどころか段々とエッチすることも拒むようになってきた。


俺はいよいよおかしいと思って、色々考えた挙げ句、またユウヤに協力してもらう事に決めた。
ユウヤに相談を持ちかけ『アキナに偶然会ったって事にしてあいつの本音を聞き出してくれ!』
って頼んだ!作戦は、俺とアキナが家にいる時に、俺が忘れ物をしたって会社に戻る。

その間に偶然家にユウヤが来た感じで、はち合わせて世間話をしてもらうって事に決まった。
もうそんなスパイゴッコをするしかなかった。そしてその次の土曜日になった・・・。

アキナは俺の家にきたから、ユウヤに確認して、作戦通りに入替えで入った。
俺はユウヤには内緒にしていたけど、デジカメを動画モードでこっそり仕掛けて行った。
ユウヤを信じて無いわけじゃ無いけど、アキナが泣いたりして情にほたされるといけないので、
一応念のため・・・デジカメは4ギガで3時間たっぷり撮れるから充分だった。

そして俺は家を出ると、ユウヤに電話して行ってもらった。1時間半?位だったかな?
家の中からユウヤが家から出てきた。そしてちょっと真剣な顔をしながら、
「やっぱ、若干気になる男がいるっぽいな!ハッキリは言わなかったけど、でも大丈夫だよ!
何かその男、性格悪いって最近気付いたみたいだぜ!安心しろ!」と言っていた!


俺はそのリアルな話にすごく安心して、少し気が晴れたから嬉しかった。
そして家に帰ってアキナとエッチしようとしたら異常に拒まれて、しょうがなくふて寝した。
次の日はアキナは休日出勤で会社にいったので、昨日仕掛けた動画を再生してみる事にした。

ピンポーン!「はーい」「うぃーす、どうもー」「あはは、ホントに来た!」
「しょうがねーだろ?親友の頼みだから!あはは」このやり取りで一瞬で固まってしまった!!
なんだこれ?なんで知ってんだ?この二人事前に話てんじゃん!なんで?

俺は嫌な感じがして冷や汗がドバッと出て、心臓がドキドキしていた・・・。
「うーん、さてとどうすっか・・・そうだなぁ~取り敢えずしゃぶれ!」
「は?何それ!酷いんですけど!最近あたしの扱いサイテーなんですけど!」
「うるせーよ!おめーなんか便所女だって言ってんだろ?さっさとしろよ!」
「もー!酷いなー・・・でも本当にここでするの?まずくない?」
「あたりめーだろ?男が玄関に着いたら女はまずしゃぶれ!いつも言ってんだろ?」
「はーい、やっぱおっき!んっ、んぐっ、チュパッ、ジュルッ、んっ、ジュボッ」

カメラの位置から玄関は見えないけど、ハッキリと二人の会話は聞こえてくる・・・。
どう言う事だ?この二人こんな仲良かった?違うな・・・俺に隠れてずっと会ってたのか?
しばらくすると「さっさと脱げよ!時間ねーだろ?しゃぶりながら脱げブス!」と、
ユウヤの声がした・・・俺の愛するアキナを『ブス』って・・・コイツ・・・。

そして二人はいつの間にか裸になっていて、カメラの前に登場した。
ユウヤはベッドの上に仁王立ちすると、恐ろしく巨大なナニを見せつけてしゃぶらせていた。
その姿は壮絶だった・・・もはやフェラではなかった、ユウヤはアキナの髪を鷲掴みにして、
アキナのペースなんて関係なくガンガンに頭を突っ込ませるイラマチオだった。

アキナも苦しそうに『ゴホッゴホッ、おえー』と呻いているが、全然抵抗して無い・・・。
それどころかユウヤに「嬉しいか?」と聞かれて「嬉しい」と答えていた。

そして、ユウヤは「ケツ突き出せ!」と言うと、アキナはいつもの事のように、
出窓に手を突いて立ちバックの体勢になった。「あいつおめーがヤラせねーって怒ってたぞ?」
「やだー、超他人事じゃん!ユウヤがエッチするなって言ったんじゃん!もー!」

俺はマジで人が信用出来なくなった・・・ユウヤがエッチを禁止した?マジで?
しかもなんでアキナはユウヤの意見を優先するの?どうなってるんだよ?
「しょうがねーからエッチさせてやれよ!おらぁ!入れるぞ!おっ、ああああ」
「ああっ、やだおっきい、ああ、すっごい、あんっ、あああ、いいの?エッチしても、あんっ」
「いいよ!そのかわり俺はもうお前なんかとはヤラねーからな!」
「あんっ、やだっ、そんなのやだっ、それじゃ意味無いジャン、あああん、はぁああ、ああ
「何だよ!あいつも俺も変わらねーだろ?同じ男じゃねーかよ!」
「ああんっ、あああ、違うの、あんっ、全然違うもん、ああああん、エッチが違うの!
だってユウヤのすごいんだもん!ああああん、こんなの他に知らないもん!」
「そんなの知らねーよ!お前なんかセフレの一人だからな!しかも一番ランク下だから!」
「あん、はぁあ、んっ、いいの、それでもいいから犯して!いっぱいしてくれるだけでいいの!
お願いい、ああ、イク、すぐイッちゃう、イク、イクうううううう、はぁああああ、はうっ、」

アキナはものすごいイキっぷりで、ガックガクに震えながらベッドに倒れこんでしまいました。
ユウヤはすぐに正常位の体勢に変えて、思いっきり突っ込んでいました。

「時間ねーから出しちゃうか?中出しな!」「あん、ダメえ、今日ホントに危ないの、あんっ、
ああっ、お願い顔にかけて、お願い」「は?中出しじゃねーならお前とヤル意味ねーじゃん!」

「あんっ、はぁ、そんな事いわないで、あんっ、お願い、今日はだめなの、あんっ、ああああ」
「じゃ、今日で最後だな!お前の変わりなら他にもいっぱいいるんだから!」
「いやああ、そんなのいやあ、あんっ、あんっ、ああああ、ああああ、お願い、お願い」
「俺のガキ欲しいだろ?」「あああん、欲しいよ、すごい欲しいよ、ユウヤ結婚してくれる
あんっ、ああん、ねぇ、あんっ」「バーカ、結婚なんてしねーよ!一人で育てりゃいいだろ!」
「あんっ、あああああ、あんっ、あああ、いいの?ユウヤの子供産んでいいの?産みたいよ!
好き、すごい好きなの、あああああ」「勝手にしろ!出すぞ、あああ、イク、ああああああ」
「あああ、出して、中にいっぱい出して、ああん、ああああ、アキナもイク、イクううううう」

二人はがっちり抱き合って、ブルブル震えていました。アキナがあんなに男に媚びてる姿を、
はじめてみました・・・女ってこんな風になっちゃうのかよって感じです・・・。

その後アキナはいつも通りのようにお掃除フェラをしていました。そしてユウヤは、
さっさと着替えると、勝手に帰りました・・・そりゃあの日、僕がエッチを誘っても、
ヤラないわけです・・・だってユウヤの精子がたっぷり入っていたんだから・・・。
俺は誰も信じられなくなって、その後二人とは連絡をとっていません。