カテゴリ:
セフレの後輩が一途とか言ってきたから友人に寝取ってもらった結果

こんにちは、俺は26才のサラリーマンです。
俺には2年前からセフレがいます。
大学の後輩「アキナ」で、すげー可愛いわけでも無いけど、ギャルっぽくて可愛く見えます。
見た目が派手だからすぐにナンパされるって話です。

きっかけは卒業してすぐの飲み会にアキナが来ていて、アキナが終電を逃したからって事で、俺の家に泊まる事になって、それでヤっちまったのがそもそものはじまりだった。

いくらアキナがタイプじゃ無くても、酔っぱらって隣にギャルがいたら我慢が出来なくなり、犯したんだけど、脱がせてビックリで、とんでもないエロい体が飛び出してきた!
前から巨乳かな?って思ってたけど『寄せてるだけでしょ?』って気にして無かったけど、どうやらEカップはあるらしい。
しかも俺の大好きな着痩せするタイプで、脱いだらムッチリとしていてたまらない。



そして一番ビックリだったのは『パイパン』だった!
天然のパイパンはマジでヤバくて、毛穴が無いから舐めやすくてツルツルでサイコー!
その日はマジでアキナを犯しまくった!あいつもかなり俺に惚れてたらしくて、全然抵抗無しでソッコーで股を開いていた!帰った夜に2発ぶちかました!

そして翌朝も寝起きに生でぶち込んで、生理の臭いがしてたから勝手に中出ししてやった。
俺は付合うつもりも無かったし、顔を会わせる機会も無いからそのまま終わる予定だった。

でもアキナから何回か電話がかかってきて、たまたま酔っぱらってた時に家に呼んでしまって、そのままズルズルセフレ?みたいな感じになってしまった。
俺は遠距離の彼女もいたから、パイパンに飽きたら別れようと思っていた。
でもアキナはマジで俺に惚れてきたらしくて、かなりウザくなっていた。

俺からは何回かセフレ終了の話をしたんだけど、全然聞かない。
しかも最初はセフレの関係だから、お互いに他の相手とするのは関係ない感じだったのに、最近はそれにも口を出すようになってきたから、『アキナに浮気させよう』って考えた。

日頃からアキナは「私は一途だよ!」「好きな人じゃなきゃエッチしない!」
「昔は遊んだけど、今は変わった!」とか言っていた。

俺は『元ヤリマンが何いってんだよ!ばかじゃねーの?』って感じで聞いていたけど、今回はここにつけ込む事にした。
俺は友達のイケメンに頼んで、3人で一緒に飲んだ時にアキナを寝取ってもらう事に。

そしてその事実があれば、アキナは絶対に俺に意見出来なくなるから最高だ!
てゆーか俺自身も、アキナの本性が見てみたくなっていたから若干楽しみになっていた!
そして3人のタイミングが合った週末に、俺の家で飲みを開いた。

イケメンの友達は「ユウヤ」って言う奴で、アキナも何回か会っている。普通に飲みはじめ、
いつもならほとんど酒に酔わない俺も、早めに酔っぱらってきた感じを出していた。
アキナはあまり酒が強く無いから、ペースを注意して飲ませていた。
あまり飲ませ過ぎて意識が無くなったら何の意味も無い、アキナに自覚をさせないと!
ユウヤも俺と調子を合わせながら飲んでいて、12時位にはイイ感じになってきた。

普通なら朝方まで飲んでいてもおかしくないんだけど、この日は俺だけ2時位に寝はじめた。
俺はわざとベッドを開けとく感じで、キッチンに近い床で寝はじめた。
アキナには前の日が徹夜だったって事にしてあるので、寝込んだ事に疑いは無かったはずだ。

そして俺はたまに寝息の演出もまぜながら、二人の様子を気にしていた。
しばらくすると、ユウヤが「アキナってエロい体してるよな!」と下ネタをフリ出した。
アキナも下ネタは抵抗ないから普通に「え?マジですか?いやらしい目で見ないで下さいよー、そこに寝てるんですから!」と答えつつ俺を気にしている。



でもユウヤは関係ないから、ドンドン下ネタをフッていて、アキナも酔っぱらっているから盛り上がってきて話し出した。
「アキナって相当遊んでるでしょ?今まで何人ぐらいやっちゃった?」
「えー、それは昔の話しですよー、それに今は先輩だけなんですから!」
「マジで?でもセフレでしょ?別に一人にしぼんなくてもいいじゃん!」
「いいんです!アキナが勝手に言ってるんですから!」「でも他とヤリたい時もあるでしょ?」
「今は無いですよー!」「マジで?俺なんかアキナの谷間見ただけでビンビンなんだけど!」
「ねーねー、大きくなってきたからそれおかずにしてオナっていい?いいよね?」
「やだー!うそでしょ!やめて下さいよ!あはは、ユウヤさん彼女いるじゃないですか!」
「いやいや無理無理、今抜きたくなっちゃった!マジでヤバいわ!本気でやろ!」
「きゃっ!ちょっと!あはは、マジですか?ヤバいですよ!ズボンはいて下さいよ!あはは」
「うわっ、やっべー、こんななっちゃった!見て見て、ビンビンでしょ?」
「ちょっと、何ホントに出してるんですかー!あはは、しんじらんない!」

ユウヤはどうやら下半身裸になって、ナニをアキナに見せつけているようだった。
この展開でアキナが拒絶するタイミングは無く、うまくエロい方向に持っていったようだ。
てゆーかこの時に俺は、内心ではアキナが落ちなければいいって思いはじめていました・・・。
「あー、やべー、アキナ、もうちょっと、もうちょっとだけ谷間見せてよ。」
「ちょっと!変なとこ見ないで下さいよ!想像でして下さい!あはは」
「マジでマジで!もうちょっと、乳首のギリギリのとこまで!たのむわ!」
「えー、怒られるよー!じゃあここまでね!」「もうちょっと!ここまで!」
「キャッ!触っちゃだめでしょ!あはは、もー」「てゆーか手コキしてよ!いいでしょ?」


「ええ、それはー無理ですよー!!」「いいじゃんいいじゃん!ほら!はやくはやく!ほら!」
「ちょっ、ヤバいです!引っ張らないで下さいよー、キャッ、何か着いたー、あはは、もー、
変な汁が着いたじゃ無いですかー!あはは」「いいから!そのまま動かして、そうそう、
あああ、気持ちイイ、やっべー」「・・・ユウヤさんのって・・・すっごいですよね?」
「何が?」「すっごいおっきい・・・てゆーか今までで一番かもしんないんですけど・・・」


ユウヤはアキナの前で下半身裸になってオナをしはじめた。流れでアキナにナニを握らせた。
まだ嫌々っぽい感じが見えが、このあたりから『落とされるな!』と思いはじめていた。

「あー、気持ちイイ、もっと擦って」「もー、ちょっと!ホント見つかったらヤバいよ!」
「マジでビンビンでしょ?アキナに反応してんだぜ!」「マジですか?ちょっと嬉しいかも」
「そのまましゃぶってよ!」「もーそれはダメでしょ!バカ!」「いーじゃんじ、ほらほら!」
「ダメです!もー、ダメダメ!」「いーからいーから!」「ダメ!ホントに怒られるもん!」
「・・・・・・・・・・・ジュボッ、ジュボッ、ジュルッ、んっ、チュパッ、うはぁあ、
ジュルッ、絶対内緒だからね、チュパッ」アキナは結局ユウヤのナニをしゃぶりだした・・・。

そんなにユウヤのナニはでかいのか?っとかなり自信を失った・・・。
アキナはそのままずっとしゃぶっていて、二人のやり取りを聞いてると、
アキナは勝手に玉をしゃぶったりしていて、かなり積極的にフェラしているようだった。

しばらくするとユウヤが「うわっ、やっぱでけー、あっ、乳首立ってるよ」と言い出した。
どうやら胸を揉んでるようだったが、アキナから抵抗の声は無かった。
しかも少しすると、「んっあはぁっ、ジュブッ、ジュボッ、ああっ、ジュブッ」と気持ち良さそうな声が出た。

「あー気持ちイイ、アキナちょっと股開け」「えー、それはダメだよ、胸だけだから!」
「いいから!ほら!」「ダメだって!きゃっ、ダメ!ホントにダメ!起きちゃうから!」
「いいから!いいから!おらぁ!」「きゃっ!だめ!やだやだ!だめっ!」
「うわっ、何これ?すげー濡れてんじゃん!パンツビチョビチョ!」「やだやだ!違うの!」
「いいよいいよ!ちょっと触らせろ!もうここまで見えてんだから!」
「ちょっと!ダメ!やっ、やだ!ダメ!あっ、いやあ、あんっ、あああ、ダメ、ダメだから、
あんっ、あああ、あんっ」

最初は抵抗していたみたいだけど、ユウヤが触りはじめたら、かなり感じはじめて、すぐにアエギ声に変わっていた。
そしてアキナは口に何かをかぶせて、声を出さないようにしていた。
でもそれとは裏腹に、マン汁音が無茶苦茶に激しくなってきて、
「ブチュブチュブチュ」とバケツの水でも混ぜてんのか?ってゆーぐらい音がでまくっていた。
アキナは顔に布団でもかぶせてるみたいだけど、ほとんど絶叫に近い声で丸聞こえだった。
しかし俺とする時はそんなにでかい声出さねーだろ?って感じだった。


そしてその絶叫もヤバイぐらいになってくると、とうとう「イク、ダメ、もうイク、イク、
ああああああ、でちゃう、ダメ、イクうううう」とアキナは叫んでイってしまった。

アキナはあっさりユウヤにイカされてしまった。
その後もユウヤは攻めるのを止めない様子で、相変わらず「グチュグチュグチュ」と音が響いていた。
アキナは割とイキやすい女だけど、立続けにイクタイプじゃない。
でも、この時はユウヤの攻めにすぐに反応して、「いやああ、なんで、なんで気持ちイイの、いやああああ、またイッちゃう、イク、
いくうううううううう」とすぐに大声でイっていた。

そしてそのまま5回ぐらいイカされると、アキナはぐったりしてるようで、
「ハァハァ」と荒い呼吸しか聞こえなくなっていた。

少しすると二人に動きがあった。
「やっ、まって、ダメダメ!それはダメ!やっ、やだ!
ダメだって、あっ、やだ、あんっ、ダメ、あん、ああああ、動かないで、ダメ、いやああ、
何これ、やだああ、あんっ」「ああああ、すっげ締まる、アキナのマ○コってキツマンだな!」
「やだやだ、あんっ、だめだよ、こんなっ、あんっ、浮気になっちゃう、あああん、あんっ、
やだ何これ、あんっ」「やだやだ言って全然逃げてねーけど?すっげーヌルマンだし!」

「やだああ、ちがうの、ああんっ、あああ、やだ、こんなのダメ、ああああああ、ああん」
抵抗してるのか何なのかもう分りません。1分もしないうちにガンガン感じはじめていました。

「やだああ、いやああ、ああん、何これ、すっごいおっきいよ、ねぁ、おっきいよ、
あああん、イッちゃう、イク、ああああ、おっきいよ、イク、イク、ああああああ」
またアキナはあっさりイカされていました。俺の時の10倍ぐらいイッてます・・・。

次)セフレの後輩が一途とか言ってきたから友人に寝取ってもらった結果 2