カテゴリ:
巨乳で献身的な嫁の友達と不倫セックス体験談 2

前)巨乳で献身的な嫁の友達と不倫セックス体験談

その後は全身愛撫し、じらせまくった。
俺はデニムを下ろし、尚美さんに興奮してギンギンになったチ○ポを見せて

俺「尚美さんのいやらしいおっぱい見たら、こんなになっちゃいました。何もしてないのにもう出そう」

もはや俺AVww
そしたら尚美さんSモード入って、扱き出した。
たまりすぎで冗談抜きですぐにイキそうだったんで、「口でして下さい」と頼んだ。
そしたらメチャクチャ激しくて、バキュームっていうのか吸い込み感が強くて音もジュポジュポいやらしかった。

俺「尚美さん、止めて止めて!」

尚美さんはニヤっとしながらソフトな感じにしてくれた。
イキそうだったんで、仕返しに、頭持って口にピストンして、

俺「ハァ…ハァ…尚美さん…俺…もうダメです…」

尚美さんは口を離す様子ないし、俺は一気にピストン加速して思いっきり口の中に発射した。



相当たまってたからドクンドクンドクンドクンかなり大量に出たのがわかった。
出し切ったから口から抜いたら驚いた事に俺の精液を全て飲み干してくれた。
もちろんAVみたいにおいしかったとか言うわけもなく、無表情というか、我慢してるような表情だった。

嫁は絶対に口の中でなんて出させてはくれないし、スレンダー系で貧乳なので、尚美さんとは正反対だ。
正直、尚美さんとの方がうまくやれるんじゃないかと錯覚するくらい俺には尚美さんとするのが気持ちいい。

普通は発射したら賢者モードに入るが、尚美さんの色気を前にすると、全然衰えない。
さすがに体は即回復しないがw
しばらくイチャイチャして俺は大好きなデカパイをまた吸っていた。

嫁とは一回したらもう無理なのに尚美さんとは出来る。
嫁には悪いがやはり、体の問題なんだろうか。
回復してきたので、また再開。
やっぱり尚美さんの卑猥な黒ずんだデカ乳輪の垂れパイでパイズリしたい。

しかし、尚美さんにも満足してほしいので、二回目は俺が責めた。
もちろんAVっぽい言葉もw
体中なめまわし、オ○ンコ付近でじらした。そして、
俺「あぁ…尚美さんのオ○ンコ…ここも相変わらず黒ずんでいやらしい…濡れて光ってる」
尚美さん「恥ずかしい…そんな見ないで…」
ついにクンニへ。
匂いもかいだw
むわっとむせ返る強めの匂いだが無臭の嫁より興奮する。
俺「尚美さん、毛がすごい…処理してます?あぁ…たまりませんよ。この匂いも久しぶり…ハァハァ」
クリを舐めたり、指マンしたり、マ○コに舌入れて舐めたり徹底的に責めた。
尚美さん「ンッ…ンンン!ハァッ…アッ…ハァハァハァ…アァッ!」
何回かイカせたら、俺も入れたくなったから、まずはフェラさせた。そして挿入。

正常位で突いてるとダラーッと流れたデカパイがタプンタプンしている。
なんか懐かしい気がする。
尚美さんのオ○ンコはからみつく感じが健在だった。
ちなみにゴムはつけてない。一回出してるから、少しは長持ちするw
俺「ハッ…ハッ…ハッ…尚美さん」
尚美さん「いい…○○さんの…久しぶり…ハァン…アッ」
俺「俺も…気持ちいい…です。ハァ…ハァ」
そのあとバックで突きまくった。
尚美さん「ハァ…ハァ…ハァ…ハァハァハァ…ンンンッ!」
またイッた。
そのあと正常位に戻って突きまくり、俺もイキそうに。
俺「ハァハァ…尚美さん、俺イキそう!尚美さんのいやらしい…おっぱいに…挟んでいい?」
尚美さんは喘ぎながら頷いた。
俺はオ○ンコから抜き、馬乗りになってデカパイをわしづかみにし、チ○ポを挟んで狂ったように腰を振った。
またわけのわからない事を口走ってしまったw
俺「ハッ…ハッ…尚美さん…久しぶりですこの感じ…ハッハッ…黒ずんだデカイ乳輪…垂れたデカパイ…気持ちいい…尚美さんのおっぱい…あぁ…好きです…尚美さん…チ○ポ挟んで気持ちいい?…アァッ…ウッ!」

さっきより量は減ったが結構な量が顔にかかった。
この日はたまりすぎて相手の事より単に性欲しかなかった。
それでも尚美さんは怒らず受け入れてくれた。

普段ならこれで終わるんだが、性欲がすごかったのと、今日しかないってのが惜しかったのかまだイケそうだった。

俺「尚美さん…尚美さんの体がやっぱり最高です。○○(嫁)よりも。いつも一回しか出来ないのに尚美さんとはこんなに…まだ…」
尚美さん「…」
尚美さんはキスしてきた。
すぐには出来ないがその間にクンニや指マンでしのぎ、なんと回復し、3回目。

これが本当に最後だから、全てやりつくした。
パイズリ、フェラ、正常位、騎乗位、バック。
そして最後突いてる時に喘ぐ尚美さん見てたらたまらなくなり、前に凍り付いて気をつけてたのに中出ししてしまった。

量はかなり少ないし薄くなってるから大丈夫とは思うが、自分の性欲に呆れ果てるorz
尚美さんは妊娠しにくいから大丈夫と言ってくれたが…妊娠しないことを祈る。

不自然だからシャワーは浴びずに帰宅。
幼稚園が同じだけに何かあると関係がこじれるし、本当に今回が最後にしようと思った。