カテゴリ:
【女性】兄姉と弟妹ができてて次女の私も乱交に参加させられた兄弟5人仲良しな体験談

私は五人兄妹の次女、美紀と言います。歳は18才の高三です。
兄、健司25才、姉、葉子23才、弟、優太15才、妹、愛美14才の五人家族です。

両親は三年前に事故で他界…
それからは兄と姉が、まだ学生の私達三人の為、両親に代わって生活費や授業料を稼いで貰っています。

私が高校生になってからは、私もバイトをして生活費の足しにでもと考えていたら姉から「美紀ちゃんまで働きに出たらお家の事をやる人が居なくなっちゃうから、お金の事は私とお兄ちゃんが頑張るから、美紀ちゃんは、お家の事お願いね」と言われ、おっとりしとやかな姉に憧れがある私としては断る事が出来ず、私は家事全般をすることになりました。

もともと共働きの両親に代わって、炊事洗濯、掃除は姉と交代でやっていたので、苦にはなりませんでした。
とにかく兄妹五人力を合わせて頑張って来ました。



そんなある日、兄が突然「おーい、みんなぁ今度の週末、皆で一泊二日の温泉旅行行くぞ!♪」と言い出しました。

私達は「どこにそんなお金があるの!?」と、兄に一斉に突っ込むと「大丈夫!任せろ!実はな…」と、簡単に言うとナンバーズ4と言う宝くじで十万円程当選したと言う事です。

「これはきっと、天国の母さんと父さんが頑張ってる俺達の為に、ささやかなプレゼントをしてくれたんだと思う…」と、兄が言いました。
ホントにそうだなと私は思いました。

そして週末、流石に5人分の宿泊費となると、とても高級な所には泊まる事は出来ず、ごくごく普通な、それでいて温泉はしっかりした所を兄が見つけてくれました。

その旅館は家族風呂があり事前に予約しておけば時間無制限で利用出来ると言う、とても良い旅館でした。

兄の運転する車で2時間程、予約していた旅館に到着すると早速チェックインを済ませ部屋へ案内してもらいました。
ここは緑に囲まれた静かな所で、当然近所にコンビニなんかはなく時間の流れる早さが、ここだけ遅い様な錯覚さえ感じました。

正に大人が癒しを求めて普段の喧騒から解放される為にあるような場所でした。
そんな場所ですから、中学生の弟と妹は少々物足りなさがあるようで、なんか詰まらなそうな表情でした。


正直、私もちょっと退屈だなと思いましたが、今日は洗濯も掃除も料理もしなくて良いと思うと、それだけでちょっと嬉しい気分になったので今日ぐらいはのんびりしようかなと思いました。

部屋は本来4人部屋なのですが、今回は特別に5人一部屋で泊まらせてもらったそうです。

部屋は純和室で結構広くて八畳間が二つにトイレと部屋風呂があり六畳程の広さのテラス?ベランダ?がありました。畳の香りが何だか懐かしく感じ、昔、まだ両親が生きていた頃、夏休みにどこかの民宿に皆で泊まった事を思い出しました。

夕食の時間までにはまだ3時間ほどあったので、温泉に入る事にしました。
すると兄が「みんな!実はな家族風呂を予約してあるんだ!貸切で時間制限ないから、ゆっくり出来るぞ!」そう言って全員で入る様に言ってきました。

私は「えーマジでぇ~私はパスっ!」と拒否ると「ダメダメ!今日はみんなで仲良く、父さん、母さんに感謝して一緒に入るんだ!」と、兄に両親の事を言われ強制的に入る事になりました。

どうせ入ると言ってもタオルを巻いて入るだろうから、まぁいいかと思ってゾロゾロと貸切家族風呂へ行きました。
入口の札を「使用中」にしてノブに吊るし、鍵を掛けます。脱衣場は当然一つ…私が戸惑っていると兄と弟はさっさと裸になり浴室へ向かいました。

私がそろそろと脱ぎ始めると妹は無邪気に裸になるとタオルも巻かずそのまま浴室へ入って行きました。
まだまだ、お子ちゃまだなと思いました。

残った私と姉は脱ぎ散らかした兄妹の服を簡単にたたみ、それぞれの籠の中へ入れると、姉が裸になり始めました。
久しぶりに見る姉の裸は昔見た時よりも白さが増しているのではないかと思う位、眩しい白い肌をしていました。

裸になると姉はそのまま浴室へ向かい始めたので「ちょ、お姉ちゃん、タオルは!?」と言うと「え?タオルなんて要らないじゃないお風呂入るだから…それに兄妹なんだし♪」と、言うとそのまま入って行ってしまいました。

私はいくら兄妹でも…と恥ずかしさがあったので、タオルを巻いて浴室に入りました。
すると「なんだ美紀!タオルなんかして」と既に湯に浸かっていた兄が言ってくるので「だって恥ずかしいんだもん…」と、照れてまともに顔を見れなくて答えると、姉が湯に入り、そっと兄の隣に肩を寄せる様に浸かりました。

それはまるで恋人同士か夫婦が一緒にお風呂に入っている様な光景でした。
その光景を見た私は一瞬「えっ!?」と凄く胸が苦しくなるものを感じました。
浴槽は露天風呂によくある形の石で縁取った円形の岩風呂っぽい浴槽で広さは直径が3メートル位で、大人が軽く5~6人が同時に浸かれる程の広さがありました。
お湯は無色透明で透き通っているので、湯の中の身体までハッキリと見えてしまいます。

それでも水面が揺れているので光の反射で細部にまでわたっては見えないのが唯一の救いです。

暫く立ったままでいると、「早く美紀も浸かれよ…タオル外してな♪」と兄に促されました。

「え~…」とちょっと抵抗すると「なに恥ずかしがってるんだよ!散々一緒に入ってたじゃんかよっ!」と言ってくるので「だって、それは子供の頃話しじゃん!」と反論するが「優太!愛美!やってしまえっ!」と、私に向かって指差すと弟と妹が一瞬顔を見合わせて、コクンと頷くと勢いよく湯から飛び出る様に私へ向かってきて「美紀ネエも早く入ろうよ!」と弟にタオルを剥ぎ取られ「ほら!早く!」と妹に腕を掴まれて引っ張られると、落ちる様に湯の中へ…

諦めた私は素直に裸で湯に浸かりました。両側に可愛い弟と妹に挟まれて…
こんなアットホームな出来事の中、まさかあんな重大発表をされるとは夢にも思いませんでした。

それは兄の口からで「美紀、優太、愛美、聞いてほしい事があるんだ…」そう言うと兄はそっと隣に居た姉の肩に腕を回して自分に寄せる様に抱くと「実はな兄ちゃんと姉ちゃん愛し合っているんだ」と、一瞬何を言っているのか分からず何かの冗談でしょ?と、暫くボーっとしていると兄と姉が顔を見合わせて目を閉じるとそっとキスをしました。それを見て、はっ!と我に返り冗談ではないと理解すると私は超驚いて「えーっ!」と浴室内に響き渡るほどの大声を上げてしまいました。

すると隣りに居た弟と妹がハモる様に『美紀ネエうるさいよ~』と耳を両手で塞ぎながら嫌そうな顔で言うので「あんた達なんでそんな冷静でいられるの!」と、突っこむと「え~だってぇ~そんな気がしたから…な、愛美?」「うん。ケン兄ちゃんとヨウ姉ちゃん何時も仲良いから多分そうなんだろうなぁって」と、いともアッサリと言うものだから、私は唖然としてしまいました。

ちょっとパニクッてる私は「えっ?えっ?何時からなの?何時から、お兄ちゃん達…えっ!?えっ!?」と、自分でも何を言っているのか分からなくオドオドしていると「まあ落ち着け!」なんて言うけどとても落ち着けるワケがなく、心臓がバクバクしている中「父さんと母さんの葬儀の後、暫くしてな…お前達には強がって見せてる葉子だったけど本当は凄く寂しくて毎晩夜中に一人ひっそり泣いていてな…それを見たら何とかしてやりたくて毎晩慰めていたら何時の間にか兄妹以上の感情が芽生えちまってな…」と最後はちょっと嬉しそうな表情で答えました。

それを聞いた私は葬儀の後も今まで通りの姉を見ていて全然そんな事しらなくて、今になって申し訳ない気持ちと兄との関係が仕方ないかなと思える自分がいました。

でも、そんな二人にちょっと嫉妬している自分も居る事がなんとも言えずモヤモヤした気持ちに拍車を掛ける形となりました。

取りあえず納得?した私は弟達に聞いてみると「別にいいんじゃない愛し合ってるなら…な?愛美」と必ず弟は妹にも同意を求め、それに同意する妹達が私一人蚊帳の外的な存在で悔しかったです。

すると「優太と愛美はどこまでしてるんだ?」と、突然また訳のわからない事を言い出す兄に「はぁ?何言ってるの、お兄ちゃん…」「何って…優太と愛美もお互い好きあってるから、どこまで進んでるのかと思ってさ」と…
私は正に目が点になりました。

何時の間にか私から離れていた弟達の方に振り向くと、二人で肩を抱き寄せ合って『イエーイ!』と私に向けてピースをするではないですか!
私はもうこのまま湯船で溺れてしまいたい気になりました。

そうも出来ず「あんた達は何時からなの?」と、半ば呆れた様に聞くと「何時から?ん~何時からだろう?気が付いたらこんな感じになってた…な!愛美?」「うん私ケン兄ちゃんも好きだけど、ユウ兄ちゃんのが何時も一緒に居てくれるから色々話もするし好きだから気が付いたら…ね」

確かに両親が生きていた頃は共働きで、私達…上の三兄妹とは少し年が離れているせいもあって、余り二人に干渉していなかったので、物心ついた頃には二人はまるで双子の兄妹の様に何時も一緒に行動していたから、そう言う関係になっててもおかしくは無いよなぁと無理矢理納得している自分でした。

私自身、兄と姉とは少し年が離れているから、二人の事はちょっと憧れ的な存在であったのは事実です。

「で、どうなんだ優太?」と兄が再び弟に尋ねると「ん~まだ最後まではしてない…って言うか様子みてる。無理矢理すると愛美が可哀想だから、今は指が二本やっと入る位になったところ」と聞いてる私が恥ずかしくなってきました。

「そうか、でもそろそろイケるんじゃないか?」と、まだ15歳の中3の弟に何て卑猥な事を言うのかと兄を少し軽蔑しましたが、実のところそれは嫉妬だったのかもしれないと後で思いました。

「よしっ!折角だから今からヤルか!」と勢い良く立ち上がった兄の股間のモノは信じられない位の大きさで反り立っていました。

すると今まで黙っていた姉が「ちょっと、お兄ちゃん美紀ちゃんが…」と私の方を見ながら気を遣っている姉の顔は温泉のせいか恥ずかしさのせいか頬はピンクに染まって心なしか瞳が潤んでいる様にも見えました。

「おお、そうか美紀か…」そう言いながら浴槽の真ん中辺りにへたり込んでいる私へ近づいてそっとしゃがんで両肩に手を置き私の目を見つめ「美紀…お兄ちゃんの事、嫌いか?」と尋ねてきました。

私は首を振って否定しました。たとえ姉と関係してても私にとっての兄は変わらない存在で嫌いになるなんて事はありえない事…「そうか…俺も美紀の事好きだぞ…葉子も好きだし愛美も妹としてだけでなく一人の女としても好きだぞ」と自分の妹達をそんな風に思っている兄はどうなの?と後で冷静に考えてみると、ちょっと…って思ってしまうけど、あの時の私は温泉のせいもあったのか全然嫌な感じはせず吸い込まれる様に兄に唇を捧げていました。

それを合図に弟達も抱き合い始め、姉は私達を優しい目で見守る様に眺めていました。

次)【女性】兄姉と弟妹ができてて次女の私も乱交に参加させられた兄弟5人仲良しな体験談 2