カテゴリ:
映画館で知り合った人妻が今の嫁になるまでのちょっとエッチな馴れ初め

俺は、地方都市の工場で働く22歳だ。
田舎なので、社員寮の周辺にはパチンコ屋ぐらいしかなく、普段の休みはゲーム三昧。
今日は(気分転換のつもりで)寮の最寄駅に車を停め、電車とバスを乗り継いで、
とあるショッピングセンターにあるシネマコンプレックスに映画を見に行くところだ。

営業や配達で毎日のように車に乗っているので、今日ぐらいは運転から解放されたい。
郊外ショッピングセンターへは、ターミナル駅からバスに乗り、40分。
iPodのイヤホンを耳に挿し、発車を待っているとスタイルがよく、上品な女性が乗り込んできた。

春物の薄手の白いニットは、Cぐらいの胸の形を丸く写しだしている。
ボトムはチェックのショートパンツに、黒タイツ。
パンツの裾から見える太ももはむっちりしていて、触り心地が良さそうだ。
ロングヘアーに細面の顔。アクセサリーもさりげなく輝いている。



「きれいな人だなぁ」とみとれていると「お客さん、座ってください」と運転手のだみ声。
車内はにぎやかな中高生たちで混んでいて、女性は空席を探す・・・・・
俺と目線があい、「ここ、よろしいですか」。
うなずいた俺は、iPodで音楽を聴きながらも女性のほうをちらちらと見る。
きれいに揃えられた黒タイツの太ももは、タイツ越しにむちむちしているし、
ニットを押し上げている柔らかそうな胸も思わず触りたくなる。

何よりも、今まで嗅いだことのないような化粧品の匂いが・・・・
窓から入る暖かい日差しとバスの振動に、うとうとしていると、肩に重みを感じた。
女性が俺の肩にもたれかかって、寝てしまったのだ。俺は、女性の方を振り向き、しげしげと眺める。
ちょっと影がある様子で年は、俺より年上。二十代後半ぐらいか?? 目的地まであと10分。

女性ははっと目を覚ますと「す、すみません」「いえいえ、自分も寝ていたので平気ですよ」
気まずさを払拭するように「いい天気ですね。今日はお一人なんですか??」と女性。
「ええ、映画を」と。その後タイトルも答え、映画の話を少しした。

到着前、女性は両替のため運転席へ。ショートパンツごしに、ヒップの膨らみが揺れていた。
ショッピングセンターに着くと、まずシネコンで切符(指定券)を買った。
その後は本屋へ直行し、楽しみにしていたコミックの新刊を買う。
何か視線を感じるがそんなはずはない。今日は一人なのだから・・・・

コミックを買った俺は、シネコンのベンチに腰掛けて受付開始を待ちながら、今までのことを振り返る。
俺は、高校を出てから、遠く離れた地方都市の工場に就職した。
地元では友達も少なく、いじめのターゲットになっていたから、とにかく地元を出たかった。

工場はとんでもない田舎町で、社員寮と職場を往復する毎日。先輩はパチンコの話ばかりしていた。
そんなある日、先輩に付き合わされて参加した合コンで一つ年下の大学生の女の子と知り合った。
間もなく体の関係ももった。バージンではなかったし、
胸は小さく、体もガリガリで子供みたいだったが、明るくて社交的な性格の子だった。

学生でお金がないということで、デート代は社会人である俺が全部負担していた。
が、彼女の休みと俺の休暇が合わないことも多く、すれ違いを感じた頃、
彼女がゼミの同級生と体の関係があることが発覚した。ゼミ旅行で初Hし、だらだらと続いているそうだ。
社交的な性格が災いして、ゼミ仲間に誘われて断り切れなかったとのこと。

彼女は「あなたは好きだけど、学生には学生のつきあいがあるのよ」とゼミ仲間をかばう。
しまいには「何なら会わせてあげるから直接抗議して白黒つけてもいいわよ」と開き直られたが、
地元でのいやな思い出のため、同世代の男とはまともに話なんて出来ないだろう。
向こうは大学生、こちらは高卒。それだけでコンプレックスを感じるのに。

ということで、1ヶ月前に別れたのだった。このシネコンにも何回か車で来ているし、
色々プレゼントも買い、帰りにはホテルに寄ったっけ・・・全部俺の金で。
と、入場のアナウンスが流れた。入場前にコーラを買って劇場に持ち込んだ。

館内は3割の入り。前回の映画の時は混んでいて、隣のおっさんの口臭に悩まされたが、
今回は隣に誰か座ることはなさそうだ。左隣の席にコミックの入った袋やカバンを置くと、
「すみません、そこ私の席ですけど」と聞き覚えのある女性の声が。
振り向くと、さっき、バスで隣に座った女性が指定券を見せてくれる。

「すみません、すぐどかします」と荷物を動かしながら「ラッキー」と密かに思った。
あれ、よくよく考えると、このシネコン、空いているとき、
未知の客同士は一つずつ空けて座席指定されるはず・・・館内は空いているのに・・・まあ、いいか
本編が始まると、女性は映画を食い入るように眺めている。俺は女性の横顔が気になって仕方がない。

整った顔立ちは、ただ甘えん坊だけがとりえだった前カノの比ではなく、きれいだ。
と、女性が2人の間に置いてあった俺のコーラに手を伸ばし、ストローに吸い付いた。
一瞬飲んだあと、「す、すみません」と小声で謝った。(味で気がついたのか??)
「いいですよぉ」少しして、俺はそのコーラをそのまま飲んだ。何か面映ゆい。

「よろしければ、どうぞ」とポップコーンを差し出されたので、遠慮なく手を突っ込んだ。
狭いポップコーンバケツに二人で手を突っ込むので手が触れる。細くて柔らかくてひんやりした手だった。
ポップコーンが空になると画面は退屈な会話のシーン。女性は俺にもたれかかると、寝息が聞こえた。

画面がアクションシーンに変わると女性はさすがに目を覚ました。
目の前は目を見張るようなバイオレンスシーン。女性は俺の左腕にしがみついた。
肘には柔らかい胸の感触、手の甲は太ももの上。タイツ越しに柔らかくて汗ばんだ太ももの感触。
タイツの感触に逸物が膨らんできた・・・シーンが変わり、しがみついた腕は離されたが、
いつのまにか手をつないでいて、そのままエンディングへ。

エンドロールが流れ場内が明るくなり「お食事ご一緒しませんか」と誘われた。
心臓バクバクの俺は女性とショッピングセンターのイタリア料理店に入る。
980円のコースを注文すると、話をはじめた。まず、彼女は美穂といい、30歳の人妻で子供はいない。
俺はぎょっとしたが、「大丈夫よ」と。何か訳ありのようだ。

俺も、いろいろ喋らされた。彼女と別れたことも。
料理に続き、伝票が机の上に来た。男である俺が払うのは構わないが、
でも、向こうは年上だし・・と思っていると、美穂さんは伝票を取った。
中を見て「はい、私の分ね」と1000円札を差し出す様子が、何とも言えなく大人っぽく見えた。

帰りのバスまでは時間があるが、特に買うものもないというので、別のコーヒーハウスに移動する。
そこで、美穂さんは色々話してくれた。結婚してすぐに旦那は単身赴任。
付いて行くと言ったが、マイホームの近くに旦那の両親が住んでいて、時々顔を出して欲しいと。
割とわがままな両親で、雑用を言われることも多く、相手をするのも疲れる。

「私、何のために結婚したのかなぁ」と疑問に思う日々だった。
もちろん、旦那と顔を合わせるたびに子作りに励むが、できない。
「医者に調べてもらわなきゃ」と言っているうちに、
旦那が任地で独身の部下の女の子と不倫をして、不倫相手を妊娠させてしまったとのこと。

「あんたは子供のできない女」と旦那の両親から責められ、浮気の追求どころではない。
それどころか、「孫の顔が見たい」「相手の女性に対して責任を取らせないと・・」
「子供が片親ではかわいそう」「あなたはまだ若いのだし」と支離滅裂なことを言われ、
放り出されそうな気配もする。最悪な状態だ・・今日はその気分転換として、映画を見に来た。

「あなたのようなステキな人と居られて良かった・・」とも言われた。
と、帰りのバスの時間。俺と美穂は昔からの知り合いのように一緒にバスに乗り込む。
これで、バスが着くと別々の駅に向かわなくてはならないのか・・・
でも、夢のような一日だった。きれいな年上の女性との思いがけないデート・・

美穂は、再び俺にもたれかかっている。バスがターミナルに着いた。バスを降りても、俺の足は動かない。
と、美穂が言った。「もう少しご一緒してもいいですか?」これだけで十分だった。
俺たちは電車に乗り、車のところへ美穂を伴うと。そのまま、隣町のホテルへ直行した。

部屋に入ると、美穂は抱きついてキスをしてきた。俺の口の中を美穂の舌が暴れ回っている。
俺も、舌を絡めると、「んっ、んっ」と美穂が反応する。
長いキスのあと、美穂はベッドに倒れ込んだ。俺は、改めて美穂の体に見とれてしまう。
ニット越しに盛り上がった胸、黒いタイツに包まれたむっちりとした太もも。

「どうしたの??」「きれいだから、つい・・」「まあ、ありがとう、うれしい。好きなだけ触って・・」
俺は、まず太ももに手を伸ばした。両手で包み込むように、タイツの感触を味わう。
太もも、膝、ふくらはぎ・・・・夢中になって撫で回した。

ふと気がつくと、美穂はショートパンツのボタンを外し、ファスナーを下ろしていた。
「暑い・・・」俺はショートパンツに手を掛けると、美穂は腰を浮かせ、ヒップラインが目の前に。
黒タイツからわずかに白いパンティが透けている。
「まだ暑い・・・」今度は、ニットの裾に手を掛け、ニットとキャミソールを一緒に捲り上げる。

真っ白なお腹は少し出ているが、限りなく透き通って見える。
真っ白なブラの上から恐る恐る胸にタッチすると「取って」背中に手を回すが、緊張でなかなか外れない。
真っ赤な顔をした美穂がくすっと笑って自分でホックを外し、ブラを取り去った。

大きなバストの先には、ふんわりとしたピンク色の乳首。
バストを手で包み込むように揉みながら乳首を舐めると、「あんっ」と美穂がのけぞった。
舌で転がすようにすると、「あんっ、んっ、んっ」と気持ちよさそうにのけぞる。
ちょっと塩味がしたが、乳首が固くなっていくのがよく分かる。

「ねえっ、ちょっと待って」美穂が息を荒くしながら言った。
「どうしたの??」「シャワー浴びさせて??」「このままでいいよ」「お願い。気になって集中できないの」
あれだけ喘いでいて集中できないとは変な話だが、機嫌を損ねてもまずいので、「うん」と答えた。

美穂さんは、黒タイツを脱ぐと、真っ白な太ももと、尻に貼り付いたパンティが目に飛び込んだ。
美穂さんは、タイツをソファに引っかけると、風呂に向かった。そういえば、俺も服を着たままだった。
ベッドの上に散っている美穂さんの服を手に取ると、いい匂いがした。

レースのブラジャーをこね回したり、パンティの匂いを嗅いだ後、
さっと畳んでソファの上に置き、自分も服を脱ぐと、風呂場へ向かった。
「あら、いらっしゃい」とバスタブに浸かった美穂さんが嬉しそうに迎えてくれる。
シャワーを浴び始めると、「洗ってあげるね」とバスタブから出て、
スポンジに泡を立てて全身を擦ってくれる。背中、お腹、足、尻、そして・・・

泡をたっぷり付けた手で、逸物を包み込むように握りしめられると、
それだけで今まで味わったことがない快感。「ううっ」とのけぞると「気持ちいい??」と見つめられる。
逸物を擦りながら、玉をさわさわと撫でられると、更に気持ちよく、逝きそうだ。

「すごく気持ちよくて、逝きそうです」「まだ大丈夫だよね。出しちゃったら??」
俺は黙ってうなずくと、美穂さんは逸物をお湯で流し、ぱくりとくわえてくれた。
包み込まれるような感触に、すぐに逝きそうになる。「美穂さん、逝きます」

こくり・・・・口の中に大量に発射した。美穂さんはそれを必死で飲み下してくれた。
「飲んでくれたの??」「うん、濃くて大変だった・・」
美穂さんは既に体を洗っていたので、二人で浴槽に浸かり、美穂さんを後ろから抱え込む。
手を胸に伸ばし、大きな胸を揉むと、「あん、あん」と喘ぎ声が漏れ、乳首が固くなっている。
股間も濡れていて、クリを触るとびくん、とのけぞる。
クリをこねていると、声が大きくなり体をもぞもぞさせている。

次)映画館で知り合った人妻が今の嫁になるまでのちょっとエッチな馴れ初め 2