カテゴリ:
【女性】勤務中の社内でデリヘル嬢みたいなことしまくってる体験談

始業間もない午前9時半、私のデスクの電話に内線の電話が鳴った。

《はい、管理課、白井です。》
《おはよう、白井君… 今からお願いしたいんだけど、いいかなぁ…》

それは同じ会社の上司、総務課の新井課長からだった。

《は、はい…いいですけどやりかけの仕事の後でよろしいでしょうか… あと30分ぐらいで終わるんです。》
《ああ、いいよ それじゃあ、いつものところで30分後、頼んだよ…》

私は書きかけの伝票を急いで仕上げ、エレベーターでこのビルの最上階へと向かった。
このビルは私の勤める商社の自社ビル。
バブル全盛の時に創業した比較的若い会社である。
景気の低迷に合わせ、数年前は危険な経営状態にあったけれどなんとか持ちこたえている。
無論大量のリストラと業務の縮小を余儀なくされたが、入社2年足らずの私は周りの同期社員が次々と退職させられる中、今も残っている。
現在この本社で働く社員数は300名足らず。
そんなこの会社で私がリストラにもあわず働きつづけられるには理由があった。
最上階で止まったエレベーターを降りると私は駆け足で廊下を進み一番奥の会議室に向かった。
軽く2.3回ノックをしてドアを開けると円形に広がった会議机に腰掛ける新井課長の姿があった。



「お待たせして申し訳ありませんでした。」
「いいんだよ… がんばってるかい、白井君… 何か困った事があればすぐに私に相談するんだよ… ホントは君がうちの課に来てくれると私も嬉しいんだけどネェ… さぁ、それじゃあ、お願いしようかな…」

彼はそう言うとスーツの上着を脱ぎ、ベルトを外してズボンも脱ぎだした。
この新井課長は48歳、3人の子供と奥さんの5人で暮らしている。
会社の中では余り人気のない課長の一人で過去にセクハラで昇進が遅れた経緯もある。

「白井君、ほら、こっちに来てごらん… 実は昨日徹夜で麻雀してそのまま出勤したから風呂にも入ってないんだよ… 綺麗にしてくれよ…」

私はパンツまで脱いでチンポを丸出しにした新井課長の足元に跪き、尋ねた。

「いつものでよろしいんでしょうか…?」
「ああ…いつものように頼むよ…」

私は新井課長のチンポを掴んだ。
彼のチンポは長くはないが黒々とした太いチンポで、亀頭が少し左に曲がっている。
4.5回ゆっくりと手コキをすると即座に反応し固く硬直し始めた。
所々には白い粉のようなモノが付着していて、酸味がかった饐えた匂いが立ち込める。
私は息を止めてそのチンポを口に含んだ。
酸っぱい… そして臭い… 私はそれをこらえ、口の中で溜めた唾液をチンポに絡ませ、舌を這わせた。
更に唇でチンポを締めつけゆっくりとストロークする。
時々意図的にジュルジュルっと音を立てながら…

「君のフェラチオはいつ味わっても素晴らしいなぁ…」

そう言いながら彼は私の髪を掴み上げ、唇の動きにシンクロするように腰を振り出した。
そしてその腰の動きが段々と速くなっていくにつれて口数が減っていく…
この広い会議室に私のフェラチオの音と新井課長のハァハァという吐息が微かに響く。
私は左手を彼のお尻にまわし、撫でるように優しく這わせた。
そして右手でキンタマを包み込むように刺激した。
彼の腰の動きが一段と速くなりフィニッシュの時を迎えようとする。
私はチンポを一旦口から離し、長く伸ばした舌の上でチンポを手コキする。
大きく見開いた目で新井課長を見上げながら…

「おお… イ、イクよ…」

その瞬間、私の舌の上に真っ白いザーメンが飛び散った。
最初の勢いあるザーメンは私の喉に直撃し、次にダラリとした濃いザーメンがボトリと舌に落ちる。
私は零さないように必死になって舌を窪ませそれを受け止めた。
彼は最後の一搾りを自分の手コキで出した後、私に再びチンポを咥えさせる。
私は唇の先端で僅かに残ったザーメンをチンポから吸い取った。
口の中はザーメンで溢れそうになっている。
私は口を開けて新井課長にそれを見せてあげた。
そして一気に喉に流し込む。
粘り気の強い彼のザーメンは喉に絡み付いてうまく飲めないけれど私は耐えた。

「サイコーだったよ… 白井君… おかげでスっきりしたよ… また頼むね… はい、じゃあ、これ…」

彼はズボンのファスナーを整えながらポケットに用意していたお金を私に差し出した。
しわくちゃの一万円札一枚… 私はハンカチで唇をふき取りながらそのお金を制服のポケットにしまい込んで会議室を出た。

AM10:00 トイレで化粧直しを済ませ、デスクに戻った私は出来上がった書類を部長に回した。

「部長、これ、お願いします。」

部長はろくに目も通さずその書類に捺印する。
そして小声で囁いた。

「白井君、今夜空いてる?」
「申し訳ありません、今夜は予定が入っております。」
「そうか… 残念だなぁ… じゃあ いつだったらいいの?」

彼は周りの人達に気づかれないように周囲に目配せしながら口を動かさずにボソボソとつぶやく。

「明後日でしたら夜は空いております。」
「じゃあ 予約しとくよ… いいね…」
「はい、かしこまりました…」

私はそう答え、部長の印鑑がついた書類を受け取りデスクへと戻っていった。
私の直属の上司であるその寺田部長は大阪の支所から去年、本社勤務になった45歳の単身赴任者。
後輩をよく可愛がり課長連中からも人望が厚い。
しかし、それは私の所属課の部長であるということに原因がある。
彼は人一倍働く… 他の部署に私を奪われないために…
私はそんな寺田部長に週1回のペースで抱かれている。
彼はいつも豪華なホテルのレストランでフランス料理をご馳走してくれる。
そしてその後は私のカラダを一晩かけてじっくりと味わう。
彼は私を縛り上げ、バイブやはけでもてあそんだ後浣腸し、私の排泄を眺め、嫌らしい笑みを浮かべながら私に飲尿させる。
もう何度彼のおしっこを飲まされただろうか… 朝までそんな調子で犯されボロボロになってしまうけれど彼は私のバッグの中に10万円をそっと忍ばせてくれる。
そんなお金の大半は会社の経費から出費されている事も私は知っていた。

デスクに戻った私に一人の男性社員が近づいてきた。
彼は広報部の平塚さん、30歳の社員である。
都内の一流大学を卒業したエリート。
両手に抱えきれないくらいの書類を持っていた。

「すみません… 白井さんこの資料をこちらの方で管理していただきたいのですが…」

彼は私のデスクにおびただしい量の書類を置き、ニコッと微笑んだ。
そして目で何かの合図を送ろうとする。
よく見るとその資料の一番上に手書きの彼のメモが乗っている事に気がついた。

〈白井さん… 溜まってるんです。白井さんのその口でヌいて下さい… ショートでお願いします。屋上で待ってます。〉

「はい、わかりました。」

私はそう返事をし彼が立ち去った数分後また、エレベーターに向かった。
屋上の重いスチールの扉を開け、私は何本もの排気口のパイプを股越してスプリンクラーのタンクの横にある狭く閉ざされた場所へとたどり着いた。
ここは周りから遮断された空間で屋上という屋外ながら外からは死角になっている。
そこにはもう既に平塚さんが上着を脱いで待っていた。

「時間あるの?白井さん…」
「11時に予約が入ってるの。それまでなら大丈夫よ…」

5つも年上の平塚さんだが私は平社員とはタメ口をきける。
私は彼の奥さんとも友達で、彼の家庭での生活や金銭的な状況まで詳しく知っている。
そして異常な性癖も…

「それじゃあ30分ぐらい、いいって事だよね… 白井さん、あ、あの… Cコースお願いしていいかなぁ…」

彼はポケットの財布から15000円を抜き出すと私に差し出した。

「大丈夫なの? 平塚さん… こんなに奮発しちゃって… まだ給料日まで何日もあるのよ…」
「いいんだよ… 昨日パチンコで勝ったんだ… さぁ…早く早く…」

私は制服のジャケットを脱ぎ、片隅に置くとブラウスのリボンを解いた。
彼は待ちきれずにブラウス越しに私の乳房を触り始める。

「ちょっと待ってよ… 脱いであげるからまだ触っちゃダメ!」

私はゆっくりとブラウスのボタンを外し、袖口のホックを外すと手でブラジャーを隠すようにもったいつけながらブラウスを脱いであげた。
私の胸はEカップ… 88センチ、ブラのサイズは70E。
高校の頃から急に大きくなった。
短大の時に付き合っていた彼には毎日のようにパイズリされられていた。
その彼と同じように平塚さんも大のオッパイフェチ、いつもオッパイ系のコースを選ぶ。
15000円のCコースというのはナマオッパイ揉み、乳首舐め、ナマ尺八口内発射、もしくは顔射といった内容。
約30分の時間で勿論ザーメンはゴックンである。
コースは基本的にAからFコースまでで、それ以上のプレイにも相談に応じている。
肩書きのいい管理職や役員になればなるほど高価なオプションをつけたがる。
例えば私の上司である寺田部長はSM系を好み、常務の山崎さんに至ってはハメ撮りを趣味としている。
私は大抵、どんなプレイにも応じる。
基本的にNGはない…

次)【女性】社内でデリヘル嬢みたいなことしまくってる体験談 2