カテゴリ:
ゲーセンで知り合った女友達がうちに泊まりに来た話 2

前)ゲーセンで知り合った女友達がうちに泊まりに来た話

またしばらくそのままでいたのだが
だんだんナオミの手の動きが大きくなってきている
いつの間にか左手を俺のシャツの中にいれ、手のひらでゆったりと
俺のわき腹辺りを優しくさすっている
俺はナオミを抱き寄せたら、ナオミからキスしてきた
そしてキスしだすとナオミは手をしっかり動かせ始め、こう俺に言った
「してあげるね?」
俺はセックスも好きだがフェラや手コキも大好きなので、キスで答えた



ナオミはシャツの中の手を上に進め、乳首を刺激し始め
既にカウパーが出ていた俺のチンコをぬるぬると刺激し、キス
布団をめくり、俺のシャツを脱がせ、もう片方の乳首をなめる
どこでマスターしたのかものすごく気持ちがいい
そのままナオミは頭を下に移動させていき、チンコを浅く咥えた
乳首をなめながら唾液を溜めていたのだろう、とてもぬるぬるだ
唇と舌で亀頭を何度も嘗め回したり吸ったりしながら
根元の方は人差し指中指親指だけでやや強く締めるようにシゴく
唾液がチンコ全体にいきわたり、手を動かすたびクチャクチャと聞こえる
俺は気持ちよさについ声が出て、身をよじる
「感じやすいんだね」
ナオミがうれしそうに言った

俺はナオミの背中からシャツの中に両手を入れ
わき腹からおっぱいに向けて手を進めたところ、ナオミはシャツも脱いだ
ナオミのおっぱいは窓からの街頭の明かりに照らされてよく見えた
ナオミはこっちを見ると、いつもどおりの可愛い笑顔を見せてくれ
唾液とカウパーでぬるぬるになったチンコを大きく手コキした
俺は体を起こしナオミにキスしながら両方の胸をもみ、快感に耐えた

ナオミは俺を軽く突きまた寝させると、俺の下半身に移動し
更にフェラと手コキを激しく続けた
先端にキスしたまま唾液でぬるぬるの手コキ
左手は玉袋をフヤフヤと優しく揉みしだいている
こっちの反応を上目遣いに見ている
たまに口を離して亀頭まで激しくストロークするのだが
これが気持ちよくて、ついつい体が反応する
手コキしながら俺の上に上体を乗せてくる
温かさとやわらかさが感じられて気持ちいい
そのまま抱きしめ、キスしながらも、手コキは続く

「更に硬くなってきたね、もうイきそう?」
「気持ちいいけど、まだイけなさそう」
正直気持ちよすぎるくらいなのだが、射精とはまた違う快感だ
「どういうのがいい?もっと早いの?もっと強く?」
「入れたいんだけど」
「それはあとででいい?最初はしてあげたいんだ」
「じゃあ、いいよ」
またナオミはチンコに唾液をたっぷりとねぶりつけるようにフェラをして
すぐにニチャニチャと手コキし始めた
玉を口に含むようにほおばり、片手で亀頭を片手で竿全体を同時に刺激
すごいテクニックだ、風俗に行った事は無いのだが、こんな感じだろうか
ナオミは風俗にいたのだろうか、もしかして現役か?
そんなことを考えるも、すぐに快感で考えられなくなる
俺の体はそのたびに身をよじってうめき声を上げる

やがて射精感が深いところから上がってきた
「そろそろイきそう」
「ホント?口がいい?手がいい?」
「手でいいよ」
「手でいいの?口の方がうれしくない?」
「じゃあ口でいいかな」
「うん」
笑顔で答えたナオミは亀頭の真上から唾液をたらし更に激しく手を動かす
俺は体を起こしてナオミのおっぱいに吸い付く
ナオミも小さく声を上げる
ナオミは俺の舌に舌を絡め、さらに俺を射精に導く
「イきそう」
ナオミは激しく手を動かしながら口を亀頭に近づける
今まさにイく、イきそうだと言う前にナオミが亀頭を口に含んだ
口と手を激しく使って今までで最大の刺激が与えられる

俺はナオミの口に思いっきり射精した
ナオミはやや強く吸い込んで、射精を更に強める
精液が出るというより、ヒモというか麺のようなものが
尿道から引っ張り出されているかのような感覚
たまらなく気持ちがいい、こんな射精は初めてかもしれない
我慢できずに声が漏れまくり、体が震える
その後、朝方までたっぷりとセックスしたんだけど
とりあえずはここまで