カテゴリ:
元看護婦の会社の同僚を口説き落としてホテルに連れ込み…

数年前の夏の週末、会社の同僚(A子)に呑もうと誘われた。
当時俺は独身で、彼女は居たがあまりうまくいってない感じ。
A子は身長が高く性格は明るい方で、胸はマナ板(スマン
あまり気の進まない呑み会だったが、暇だった為行く事にした。
メンバーは俺と男の友人2人。A子と女の友人で「男3+女2」。
待ち合わせの居酒屋に行くとA子とその友達が待っていた。
A子の友人(B子)は身長が低く、体型はやや細い感じで胸は普通(BorC)。
顔は凄くかわいい。(キレイじゃなくカワイイ!!プチ童顔)
俺はB子のお陰でテンションうp!盛り上げるだけ盛り上げた。

B子はちょっと前まで看護婦をしていたらしいが、諸事情により退職し、
今は家事手伝いをしているらしい。年齢は俺の2つ上で、オネータンという訳でも
なく、とにかく可愛らしい。(童顔だから)
男友人2人も俺ほどじゃないがテンションが上がっている。
しばらくしてタバコが無くなった事に気付いた俺は
「ちょっとタバコかってくる」と言い残し、席を立った。
一人で飲み屋街を歩いていると後ろからB子が走ってきた。
内心凄く嬉しかったが平静を装い「どうした?」と聞くと
「あたしもタバコ無くなったから一緒に行こっ♪」
すぐ目の前に自販機があったが、俺の吸っているタバコは売り切れ。



B子のはあった。酔ってしまうとタバコなんて何でもいいんだが、
「別の自販機まで散歩しよう」といい、二人きりの時間延長大作戦w
別の自販機まで歩き、くだらない話をしながらの散歩は片道終了となった。
あとは帰り道のみ。そう考えながらダラダラとタバコを購入した。
そして帰り道を歩き出すと、目の前に若い男女が手を繋いで歩いていた。
「いいねぇあのカップル。きっと幸せイッパイなんだろうよ」みたいな事を俺が言うと
B子は何も言わずに俺の手を握った。
「これで廻りからは”カップル”に見えるカナ?」なんて可愛らしい笑顔で言ってきた。
「当然見えるでしょ?少なくとも俺はそう見られたいね。B子ちゃんとだったら」

そう言った。本当にそう思った。顔も可愛いが、そんな発想&行動がとても可愛く、
新鮮に思えた。するとB子は何も言わずに今度はキスをしてきた。
もちろんビビりましたとも。週末の呑み屋街で通行人が結構いる道路上で、
しかもさっき出合ったばかりの二人が何も言わずに突然キス!?こりゃ脳天直撃の
ダメージ!!「?!?ちょっ・・・ちょっと、イキナリどうしたの?俺は超嬉しいけど。」
「タバコ買いに付き合ってくれたお礼だよw」・・・ヤヴァイ・・・可愛い。猛烈可愛い。
「お礼って・・・俺がお礼するトコだろ?」
「う~ん・・・いーの。ほらっ みんな待ってるよ!早くいこっ!」
と俺の手を引く。 俺はやや呆然としながら席に戻った。
二次会・三次会と順調に終り、もう帰ろうかと道端で雑談中にB子に連絡先を聞いた。

携帯は持ってないらしい(家事手伝いだからしょうがないか)
家の番号を聞き、「あとで連絡する」と言うと
「うん!待ってる!親が電話に出るかもしれないけど気にしないでね。」
と言ってくれた。 そしてその日の呑み会は終了した。

家に帰り酔っ払いながらもB子の事を考えながら眠りについた。
ちなみにその時は、好きとか気になるとかじゃなく、「セックス」しか考えていない。

後日暇があり(いつも暇っぽかったが)B子の家に電話してみた。
運よく(?)B子が受話器を取ってくれた。
「もしもし・・・俺だけど・・・」と言うと
「わーい!本当に電話してきてくれたんだー!ありがとう!」と
喜んでくれている。嘘か本当か・・・もしかしたら誰にでもこんな感じなのか?
俺はセックスしか考えてなかった為、そんな事はどうでもいい。
電話でくだらない話で笑いあい、1時間も話しただろうか?
俺「こんなに話すなら会って話した方がいいんじゃね?」
B子「あははは・・・そうだね。なんなら今から会おっか?」
もう喜んで・B子のマンコが拝めるカモと期待を胸に抱きつつ俺は飛んで行った。

待ち合わせ場所にB子が立っている。
やけにその日のB子はオシャレな感じがした。
「何かこの前呑んだ時よりオシャレだね」と言うと
「電話切ってからがんばってオシャレしたモーーーンw」
・・・相変わらず可愛い。もうたまらん。とにかく場所を変えようと車を走らせた。
まだエロ話もしていない状況からホテルに行こうとは言えず、ホテル近くの公共施設
の駐車場に車を停めた。しばらく車中で話し合ったが、
専ら話題は先日の呑み会&友人達の話。
あの時なぜ俺にキスをしたのか聞くと、結構気に入ったから。と応えてくれた。
じゃあ気に入ったら誰にでもキスをするのかと聞くと、そんな事はないらしい。

そんな事は無いと聞きながらも俺はどうでも良かった。
とにかく美味しい関係に望んでいたから、嫉妬とかそんなのは無問題。
キス上等誰とでも上等!さー来いよし来いばっち来~い!!!
するとB子が「(俺が)気になって少しでも気を引きたかった・・・のかな?」
と素直に白状。ちょっとキュンッとした。
ここからが本番。エロトークに華を咲かせ、車から出て散歩する事に。
目の前の建物(公共施設。何かは詳しく知らない)の窓から電灯の明かりが見える。
電灯の見える窓の死角にあるベンチまで誘導し、俺は腰を下ろした。
「B子ちゃん。ちょっとこっちに来て」
「ん?なーに?」と言いながら俺の目の前に立つB子。

ここで俺は立ったままのB子の腰に手を廻し抱きしめた。
「えぇ?どうしたの?突然」B子に嫌がる素振りは無い。
俺はB子の腹と胸の間に顔をうずめながら「ちょっとこのままいよう」と
今考えると恥ずかしいセリフで二人の動きを止めた。
顔はニヤついていたかもしれない。そして次に動いた時は二人でキスをしていた。
辺りはもう暗くなっている。二人でお互いを舌を出しては吸い、絡ませては離れ、
長い時間キスをしていた。俺のティンコはもうパンパン。彼女とキスなんかしてもピクリ
ともしないのに、相手が変わり興奮するとこんなになるものかと思った。
もしかしたら汁まででてたかも?w そして俺が「えっちしよっか?」と聞く。

もう俺の考えでは

「・・・ぅん」(恥ずかしそうに)

というシナリオしか考えられない。
しばらくすると、

「今日はダメ。」

?!?!?!?!?!?!?!?

ハァ?何言ってんのコノ女
俺の股間を見てから言えよ!可愛い顔しやがってよー!!
俺「なんで?なんでぇ~?」
B子「えぇ~と・・・してもいいんだけどー・・・・・・・・・ 今日しちゃうとあと会ってくれないでしょ?」
フム・・・一理ある。しかし一回で終わらせてたまるか! と思い
俺「そんな事ねーよ!絶対そんな事ない!」
B子「多分もう会ってくれなさそうだから・・・だから今日はダメ。いい?」
この時俺はもう諦めた。次に繋げようとする気持ちにチョット惚れたかも。
俺「解った。んじゃ今日は何もしない。でも次があったら期待してます」

こうして2回目の再開は終わった。

もうね・・・こうなると寝ても覚めてもB子の事しか考えられなくなっていた。
これってもしかして恋?プ
もう耐えられなくなり、次の日速攻で電話した。
そして会う約束を取り、待ち合わせ場所へ。
彼女はもう待っていた。
昨日言った「次は期待してる」と言うのを二人とも意識しすぎて、二人で照れ笑い。
普通に「んじゃホテル行っていい?」と聞くと

「うん。」(照れ笑い)

やっと来ましたこの瞬間。まー待て落ち着け俺。必死に喜びをこらえてても
顔はニヤニヤニヤニヤ。B子が言う「顔エロぃょ~w」
当然ですよ先生!当たり前じゃないですかp
会話そっちのけで妄想モードに突入。普段の俺ならもう入れて腰振って終わるんだが、
今日はどう攻めるかなどと考える余裕がある。

次)元看護婦の会社の同僚を口説き落としてホテルに連れ込み… 2