カテゴリ:
【女性】部長のエロテクに病みつきになったえっち体験談 2 2

前)【女性】部長のエロテクに病みつきになったえっち体験談 2

まだすごい濡れていて、ぬるぬるとクリにあたり、入口へきたと思ったらまた下がってクリに触れてきます。
これがすごい気持ちいい。

クリだけでなく、入口あたりを撫でられるだけでも気持ちいい。
この経験は初めてで、気持ちよさがクセになり、その後の他の人のセックスでも要求するようになってしまいました。

部長の先が私の割れ目をなぞるたびに「あぁ…アン…」と声がでてしまう。
手は乳首をつまんだり、転がしたり、片手が離れ、腰から脚をなで、背中には舌を這わせてる。
そんな愛撫がしばらく続き、私の体はどこを触られても感じてしまい、クネクネと動いてしまう。



早く入れて、早くと思いながら、部長のアレに押しつけるように腰を振っていました。
アレの先を入口にあてがり、入れて欲しくてたまらず、くっとお尻を後ろへ動かしました。

部長はすっと離れ「んん?どうしたの?入れて欲しいのか?」と聞いてきました。
私はたまらず「お願い…早く…お願い、入れて…」と言いました。
入れてと自分で口走るなんて、これも初めてのことでした。

部長がゆっくりと私の中に入ってきました。
部長のアレは大きくて、入ってくる感触がすごかった。
ぬるっ、むあぁ…っっ、メリっって感じかな?入口がこじ開けられるような感触。

でも全然痛くはなくて、熱い大きなものがゆっくり入ってくる間、「はぁ…あっ…あっあぁぁぁ…」とため息のように声が出てしまいました。

こういう時って涎まででるんですね。
唾を飲み込んでは「あぁぁ…」と声を漏らしていました。
入ってすぐのところあたりかな?全部入る前に気持ちいいところに部長の先があたり、その刺激で、両手がガクガクとして倒れそうになる。

「はっ…あっ…あぁ…はぁん…」と悶えるように声が出る。
自分でいやらしい喘ぎ声だとか思いましたが、挿入だけでこんなに感じたことはなかった。

部長はゆっくりと腰を動かし始めます。
動くたびに私は「あっ…あっ…あっ…」と声が出て「すごい…あぁ、すごい」と繰り返していました。

彼氏とのバックは苦痛だったけど、部長のは、気持ちいい以外に何もない。
ゆっくりまわすように動き、出し入れしたり、そのたびに「あっ…あぁ…」と喘いでいました。

太ももには汁がつたうのを感じました。
私は「あっあっあん!あん!」と喘いで、部長も「ふんっふんっ」と声を出していました。
うっすら目をあけると目の前のバルコニーの窓に姿が映ってて、バックで後ろから突かれ、胸を揉まれている自分の姿を見てしまいました。

AVのようで恥ずかしくてたまらなかったけど、それにすごい興奮して、かーっと体が熱くなっていきました。
ふっと力を抜くと倒れそうになり、そばにあったクッションにしがみつき、体は斜めにお尻を突き出すような形になりました。

だんだんと何かがわたしの中にうわっと湧き出るものがきて、じーんと熱くなり、「あっダメ!あっあっイク!イヤ!イヤ!いっちゃう!!イヤ!」と声を出すと、部長の動きが速くなり、私は「ああああぁーー!!」と大きい声を出してイッてしまいました。

ハァハァと息が乱れ、べったりと汗をかき、ガクガクとして体に力が入らない。
挿入でいったのは初めてでした。

部長は「いっちゃった?」と言い、またゆっくりと腰を動かし始めました。
そこからは気がおかしくなるほど何度もいかされ、最後は正常位で部長も果てました。

これまで彼氏としか経験がなくて、二人目でこんな激しく感じるセックスを知ってしまい、それからの彼とのセックスが単調でつまらなくなり、別れてしまいました。

私は淫乱になったみたいで、ゴムなしの生でのセックスに病みつきになり、何人かと体だけの関係を持ちましたが、部長とのセックスが一番で、よく思い出しています。


部長とはその一回きりでした。
やはり彼氏への罪悪感があり、もうこういうのは良くないと思っていました。
罪悪感といいながら、思い出しては一人でしていました。
あの日から2か月くらいで彼とは別れ、部長とのチャンスにも恵まれないまま会社を辞めました。


その後の部長からのアプローチは一回だけ。
一緒のエレベーターに乗った時にお尻を触られたことがあっただけでした。
その日は更衣室で一人でやってしまいました。

飲み会などで、部長がそばにくることはありませんでした。
私も近くに行こうとかは考えませんでした。
社内で噂になるのがイヤだったので…


当時は私が20歳で、部長は50になったとか、まだ40代だとか言ってたと思うから50前後かな?
彼氏と別れてからは、自分でもヤリマンになってしまったと思います。
水商売を少ししたことがあって、その時はお客さんとかと旅行へ行ったりしていました。
いわゆるエッチ旅行です。