カテゴリ:
初々しかった幼馴染が高校でヤンキーのサセ子になって妊娠してた

個人的な考えですが比較的、偏差値の低い学校には大抵噂話としてヤラしてくれる女は存在するものと思います。
僕の田舎町の高校界隈にも噂される女の子がいました。

僕が2年生の夏休み明けのカッタルイ時期でした。
数少ない友人たちと夜通しみたアニメ批評やら隣組のブス山さんが紫外線にやられてドム化してるとか喪臭丸出しの馬鹿話をしていた中、通学の電車で聞いた話なんだけどと友人が喋りました。

○○校のあのサセ子が子供孕んだらしい と。
ショックでした。

そのサセ子と呼ばれるK子は小中学校と同じクラスで一緒に通学したり遊んだりした仲であって僕にとっては物心ついた頃から好きだったいわば初恋の女の子でした。



少し悪ぶった感じの娘でしたが意識し始めた中学の頃には、チュウで真赤になって恥ずかしがる(共に初チュウの時はお互いガチガチに緊張してたけど)可愛い娘でした。

結局僕のオクテさがタタり彼氏彼女なんて発展はせず卒業し別々の高校へ進み、何となく疎遠になってしまいましたが厨房の時はセックルや交際宣言なんざしなくても、好きあっていて意思といいますか空気と言えばいいのか呼吸みたいなものが繋がっている感じで、今思えば非常に勝手な思考でしたが漠然と偶然会えばまた以前のように・・・

嫌、いい歳だろうし今度は恋人の間柄になれるだろうと思っていました。

K子が高校に入ってからヤンキー連中とつるみヤラせる女という噂聞いて心配はありましたが、その事を知っている友人Tは僕をみて「まぁ噂だしな」と話を流してくれ、僕も何事も無い振りをしていましたが正直不安というかパニックでした。

しかし、真相を問い質せるでもない僕はやきもきしながら、遠回りをして彼女の家の前を通る事しかできませんでした。
そんな事をしてると彼女の家に彼女の自転車とは違う見知らぬ自転車が、頻繁にとめてある事に気付き彼女は母子家庭で母親は帰りは遅く、家の中には彼女ともう1台の主が居る事が想像できました。

それを何度も見かけるともし孕ませた男と二人きりだったらと流石に気になって仕方なく、家の隣の資材置き場からK子の部屋を覗く行動に出てしまいました。


何度もK子の家には遊びに来た事があり 夕方の薄暗い中でもすんなり隠れられ、慎重に鉄骨の山に登り鉄骨の隙間から彼女の部屋が見えました。


この時は相手の男への勝手な怒りや自分の不甲斐なさと共に、正直久しぶりに彼女がみれる喜びがありました。
厨房だった頃 ドキドキしながら入った彼女の部屋で、セーラー服の女の子が軽薄そうなヤンキーの男(以下ヤン坊)に跨って、対面座位の格好で抱き合っています。

誰でもなくK子です。

頭まで響く程心臓がドクンと鳴るのは初めてでした。
慌てて視線をそらしますが怒りも喜びも何も考えられなくなり、兎に角、全力で逃げたい衝動でいっぱいでしたが少し呆けた後、僕はスイッチが入ったみたいにその部屋に近づいていきました。


泥の上を腹ばいで壁伝いに迂回し束ねてるカーテンの隙間から部屋を覗くと、髪が長くなって印象が変わっていましたが間違いなくK子でした。

抱っこしたまま時折互いに胸元や首筋に顔をうずめながら何か話しているようですが、自分の心臓の鼓動がうるさくて全く聞こえませんでした。


ただボ〜(・_・)〜と見入っていましたが少し落ち着いてきたのか、ふとK子が少し泣き顔な事に気付き判別できる単語から推察するに、

 ・ヤン坊がK子をなだめてる最中
 ・ヤン坊とK子とは付き合っていたわけではなくただヤッただけ?(何人かの男の名前が出てきてた)鬱
 ・オロシタabortionブレイク?(゚∀゚)ノ堕 堕 堕

まんま噂通りの内容に気持ち悪くなりました。
ぐずるK子にヤン坊キレテきたのか怒鳴り始める、そして何故かK子がごめんなさいと何度も謝っている。

被害者だろうK子を責め立てるような理不尽な展開にみえて腹がたってきたし、ヤン坊の俺だけかとか怒鳴ってる声は恐ろしく耳障りだった。
行き場のない鬱憤のはけ口をみつけた。
窓ぶち破って鉄パイプで喋れなるまで殴ってやろう。

曖昧だった怒りはこの男への確実な殺意に固まってきた。
でも、その前に部屋の様子が変わってきていた。
ヤン坊が何かを言っていてK子が俯きがちにうんうんと振り子みたいに頷いている。

そして、(この間ずっと対面座位のような格好だったのだけど)ヤン坊が両脇から抱えるようにセーラ服の上からお腹を胸を触っている。

え?何してるの!と疑問符の沸いてる俺の前で、昔こっそり隠れて俺とチュウしていたK子の可愛い口が、ヤン坊に犯されるようにディープキスをしていやがる。

K子も抵抗する素振りもなく受け入れて・・・
なんだそれりゃあ!テメエ等!何やってんだ。なぁK子・・・

理不尽極まりない展開に全く理解できずにいると、ディープキスしたまま覆い被さるように押し倒され俺の方からはK子のスカートがめくれ、白い太ももと薄ピンクのパムティーが丸見えに鳴りました。

見たことのないレース付きのパムティ(ゴメソ、何度かタンスコソーリみてたけど可愛いやつしかなかった)に、ドキっとしていまい泣きたい気分なのに股間は自己主張を起こしていました。

何やってんだ。俺・・・
この瞬間の画が一番鮮明に覚えていて悔しく惨めなことに後々オナネタになってます(‘A)

次)初々しかった幼馴染が高校でヤンキーのサセ子になって妊娠してた 2