カテゴリ:
【女性】整体師のマッサージでそのまま体を許しちゃった人妻のえっちな体験談 2

前)【女性】整体師のマッサージでそのまま体を許しちゃった人妻のえっちな体験談

気持ち良さと恥ずかしさが同時に沸いてきました。

「仰向けになりましょう」

と言われた時、少し恥ずかしいと言いましたが、

「バスタオルを掛けましょう」

と言われ、催眠術を掛けられたように仰向けになりました。

腕から首筋初めて体験する心地好さに、緊張感も取れ、胸をマッサージされるのを待っている自分に恥ずかしさが込上げてきます。
乳首に手が触れたとき「アァ~」と思わず小さい声が出てしまいました。

「我慢しなくていいですよ、思い切って声を出してください」

と言われてからは、信じられない位の声を出してしまいました。



気が付いたときは足を開き、主人と産婦人科の先生にしか触られたことのない所に、指が入ってきています。
もうどうなってもいいと思いました。
私のアソコは、もうグジュグジュと音をたてているのが分かります。

「キスしていいですか?」

といわれた時、思わずうなずいてしまいました。
先生に治療台から、休憩のベットに連れて行かれ、先生も裸になりました。
主人より年上なのにタクマシイ体です。

舌を絡ませてのディープキスに頭の中は真っ白状態。
指は敏感な所を刺激します。

「アアン…」

私は小さく叫びました。

そして、ついに、びしょびしょに濡れた私のアソコに、先生の大きな物がゆっくりと入って来ました。
ズンズンズンと入ってくる感触がたまりません…
そして、ピストンが始まりました。
アソコいっぱいに入っているペニスが子宮に当る感じがします。

何回もイク~と叫びました。

「イクよ何処に出したらいい?」

と聞かれた時、

「そのまま中に出してっ」

って言ってしまいました。
そして、先生のアソコが私の中でグーンと伸びた感じがして、先生は熱い液を放出しました。
私は、気持ちよすぎて眠ってしまったようで、気が付いたら1時間も裸で足も開いたままだったようです。