カテゴリ:
いないはずの友達妹がベッドの上に全裸で寝てた

友人宅で遊んでいた時に、
友 「借りた本さ、妹が持ってったままだわ。悪いけど貰って来てくれるか?」
俺 「部屋に行っていいのか?」
友 「出かけていないはずだからいいよ」
と言う。

友人達の間で可愛いと評判の妹だったので内心ワクワクしながら行ってみたら、いないはずの妹がベッドの上に全裸で寝てた。
「うおっ!」と思ったが結構大きく形の良い乳の魔力に魅かれ、いけないと思いつつ指先で乳首を優しくつまみクリクリっとしてみた。

 


ピクッと動き「う、うん」と感じる姿に興奮。
こんなチャンスは二度と無いと思い乳首を舐め、吸い、甘噛みした。
「ん、くふん、はぁん」と喘ぐものの全く起きる気配が無いので調子に乗って乳首を吸いながら手で揉みまくった。
「んんん。あっ」と喘ぎ寝返ってしまったのでそこで終了して戻った。
友 「本あった?」
俺 「見つからなかった。またでいいよ」
とまた部屋に行けるかもと期待を残した。

後日、友人に
「実はこの前さー、本取りに行った時、妹がスッポンポンで寝てたんよ」
「あいつ部屋にいたんか!?あ~アイツよく全裸で寝ているからなー。俺も呼びに行ってビビる時あるもん。全然起きないし、地震があったら知らない間に死ぬタイプだアイツは」
と言ってました。
さすがにエロ行為をした事は言えなかったけど、次の機会があったらもう少し揉んでやろうかなと思ってます。