カテゴリ:
半年前に彼氏と別れた寂しさからお持ち帰りをされた女です…

お持ち帰りをされた女です、
私は24才でOLをしていて半年前に彼氏と別れたフリーの身の女です。
先週の金曜日、飲み会がありついつい飲み過ぎて酔いを覚ますつもりで公園に行き、一人でベンチで休んで居ると中年の酔っ払いが絡んできました。

隣にすわり、太ももとかさわりキスさせろ~と。
いつもなら逃げるんですが私も酔っていたのと彼氏と別れた寂しさで中年のされるままに任せました。
左手をブラウスの中に入れブラを押しのけ胸をもみ、右手はパンティの中に入れ指を中に入れたり出したりしてきました。

そして無言で私をベンチに手をつかせて後ろから挿入して来ました。
私は思わず「あぁ~」と小さな声が漏れてしまい、オマンコが収縮して男の物を咥えてしまいました。
男は私の耳元で
「生はいいな~、おら、奥まで届いてるか~?」
私は感じてしまい自分から腰を振り逝きました、
私の逝ったのをみて、男は大量に私の中に出して私をそのままにして中年男は去って行き私は近くのトイレに駆け込みました。



個室に入り便座に座っていると、ノックが。
「ネェちゃん、大丈夫かあ?見てたけど、ヒデーな~開けてよドア」
と。ゆっくり開けると、また中年男。
「ヒデー事するやついるんだな~」
中年男は個室に入って鍵をかけた。
そしてニヤニヤしながら抱き着く。
「オレにもヤラセてよ」
壁に押さえ付けられながら乳首をすわれ中年男の唾液まみれになり、
「突っ込んであげるからな」
片足を持ち上げられ、中年は挿入し、激しく突き上げてきた中年が便座に座った時は私は自分から跨がり中年男とのエッチを楽しんでた。

その中年と何回した後で、「まだ、したい?」と聞いてきたから頷くと、
中年は一度外に行き、すぐ戻り、私を連れ出した。
そして、公園の一番奥のベンチに座らせ、去って行った。
しばらくしたら、4人の中年男が出て来て私を囲んだ。
誰かが胸を揉んできたら一斉に手が伸びてきた酔いは醒めていたが、もう止まらない。
次々と挿入されイキ過ぎて気を失い目が醒めた時は、どこかのホテルでた。
隣に知らない人が寝てます。
そっと帰ろとしたら後ろから上に乗られて、また男達に挿入され
「帰る前に、やっとかないとな」
「もう、やめて」
「すげ…気持ち良い、」
結局、朝から二回も中に出されました