カテゴリ:
庭の隅に干からびたゴムを見つけた

うちは中学に隣接していて、体育館の裏手との境は背の高い植え込みだけなんだけど、ある日、庭の隅に干からびたゴムを見つけた。
そこで、たまの平日休みには、庭が見える部屋で読書しながら、カップルが来るのを待ってみることにした。
1ヶ月くらいしたある日の午後、がっちりした体格の男子生徒と、こちらも骨太な感じのするショートカットの女子生徒がやってきた。

まわりを警戒する雰囲気もなく、慣れた感じでうちの軒下に入ると、男子がズボンとパンツを脱ぎ、すでに勃起したモノを出した。
女子はしゃがんで、パクっとくわえ、いきなり激しい調子でフェラを始めた。





モノをしごきながら、技もないような感じで、ただただ激しいやり方だったけど、顔を真っ赤にして目を閉じてくわえていた。
こちらとの距離は、実は1メーター程度、カーテン越しに気配を消して眺めた。
ほんの数分で、男子が「森下!イクぞッ!あっイクッ!」と、小声でもなく普通の音量で言うと、女子の頭を押さえ付けた。
しばらく静止。吸い付きながらモノを吐き出すと、女子の喉がゴクッと動くのが見えた。


森下と呼ばれた女子は、立ち上がってキスをせがむ。でも男子がちょっと嫌がると「なんで!自分のじゃん、嫌なの?」と言いながらディープキスをする。
男子は制服の中に手を入れて胸をさわる。中学生にしてはよく発達していて、揉みながら、尻にも手を延ばす。捲れたスカートの中は白の木綿ぽい下着。
男子はお尻側から手を入れると、アソコを指でこねる。女子は小さく「んんふっ、んんんっ」と声を我慢。
それから、パンツをずり下げると、肩に頭を付けさせ、半身の体制で手マン。これまた激しい。女子は男子に掴まって肩口で「んあぁっ!はぁんっ!」と喘ぐ。
いやいや、校舎に聞こえるからって心配になるくらいの声。やがて女子が「もういい、もういいって!」と言って終了。
合計10分程度だったけど、やたらと勢いがあるカップルだった。
その後の会話で、二人は柔道部の生徒とわかった。彼らは卒業までに何度も見たけど、いつもフェラと手マンだけだった。部活前にサッと済ませるようだった。

ちなみに、この男子は他の女子とセックスしているのを一度見た。
気付いた時は、フィニッシュ直前だったけど、立ちバックでガンガン突いてた。
女子は髪の長い小柄な子で、表情は見えなかったけど、スカートを捲っただけで、制服を着たまま、大きな男子に苛められてるみたいで、興奮した。
地面にゴムを捨てて()彼女の下着を履かせ、抱き締める、彼女も抱き着く。
何回もキスをして、バラバラに校舎に戻った。中学生のくせに、この男子め、やりやがる。

上記は数年前のことで、今は別の町で独り暮らし中。この家は売りに出してる。
時々、風通しに行くけど、中学生が悪さをしてる痕跡はないね。なんなら家に入っても構わないのに(笑)
この家で、中学生のセックスを見たのは、ほんの数回。でもキスをしたり云々は何回も見た。
平日に在宅してる日だけで何度も見てるんだから、うちが中学生にとってどれだけいい場所だったのか、と。
古い家で植木が多くて、基本的に昼間は留守。学校の裏でも校舎から見えにくい(と思う)
それにしても、上の男子生徒は、しょっちゅうフェラさせてた。大柄な割に子供チンポで、森下って彼女のフェラも一向にうまくならないんだけど羨ましかったね。
はい、何回も抜きましたよ。時には胸や下の毛が見えることもあったし、何より中学生が大人みたいな表情で声を我慢してたりするのに興奮したから。