カテゴリ:
中学の同級生男3人女3人くらいで良く遊んでた時の話

二十代前半のころ、中学の同級生男3人女3人くらいで良く遊んでた。あるとき、中学のとき誰が好きだったという話になり、俺は迷わす遊んでる中にいる子のことを好きだったといった。
それから後日メールが来て、本当に好きだったの?という確認のメールだったと思う。それからしばらくして二人でドライブに行くような関係になった。

決まって近くの夜景の見える場所に車を止めてたわいもない話をした。そんなある時、彼女がラブホに行ったことがないという話をして来た。俺は普段本当に真面目なんだが、この時はじゃあラブホいってみる?と声を掛けた。

 


15分くらいでラブホに付いた。かなり積極的な子で一緒にお風呂入ろうよとさそわれた。が、本当に中のいい友達だったため仲間の顔が浮かび、この時は後悔するぞといった。しかし、キスくらいはいいだろうと、俺はディープキス好きなんだといい、舌をいれて舐めまわした。

この時は、ここまで。また後日、理由をつけて夜景の見える場所であった。この時俺は女のお尻が好きなんだよねと言いながら、運転席にいた彼女の後ろに入り、お尻を触りまくり、チンコを押し付けた。彼女は、なんか硬いもの当たってるよと言っていた。

彼女にはエッチしようよと言われたが、この時も仲間の顔が浮かび後悔するぞと言って逃げた。そしてまた後日、今度は俺の実家の部屋にいきたいとせがまれた。部屋に行くぐらいはいいだろうと部屋に入れた。
その時もエッチしようと言われ、後悔するぞと言っていたが

だんだんエスカレートし、この時はBカップのかたの良いおっぱいをさらけ出し、乳首を舐めまわした。がやはり仲間の顔が浮かびここで終了。その後日、真面目な俺は、夜景の見える場所にその子を呼び出しこんな関係は良くないと話をした。

しかし、彼女は不機嫌でラチが上がらなかった。困った俺は、なぜかじゃあ最後にラブホ行く?と声を掛け、彼女もいいよと言いラブホへ行った。この時俺はこれで最後なんだと思い後悔したくないなと思っていた。

で、話の中で、俺が包茎なのか違うのかという話しになり、じゃあ確かめてよとこの時初めてその子の前でチンコを出した。興奮していた俺のチンコははちきれそうになっていた。俺は舐めてといい、チンコを舐めてもらった。

あまりうまくはなかったが一生懸命舐めてた。俺も途中、手でマンコをさわり、イった事がないという彼女のマンコを触りまくった。俺はイかせる自身があったが、彼女はいかず、行きたくなってた俺は、舐めてといい再びチンコを舐めてもらった。

俺は必死にイこうとし、『出していい?!』『イきそう!』、『いっぱい出すよ!』『もうダメ、イきそう!』『お口の中にいっぱい出すよ!』となんどもいい、彼女の口の中に大量に白い精子を出した。

中学の時に好きだった子にチンコを舐めてもらった満足感で、完全に力尽きた。
という俺にとっては最高の思い出。あとあと考えるとやっとけば良かったとかもっと大事にしてセフレにしとけばよかっとか、マンコ舐めとけばよかったとか、いろいろあるけどね。以上

ちなみに口の硬い俺は今だに友達には言ってない。こういう事、自慢しまくるヤツいるけど、俺は俺のイメージを壊さない方が得だと思ってる。彼女も言ってないと思う。