カテゴリ:
近所にほぼ物心ついた頃からの幼馴染がいて

俺自身の話じゃないんだけど

近所にほぼ物心ついた頃からの幼馴染がいて、仮に秀子としようか、幼稚園から中学までずっと一緒でした。
近所には年の近い子供は他に居なくて、秀子とは本当によく遊びましたけど、幼馴染にありがちなあんま女を意識する事がなく中学まで過ごしました。



あいつ中学入った頃から急に背が伸び出して、殆ど俺と同じくらいになったんだけど、それと同時に凄く可愛くなってってね。だけどやっぱ女として見れなかったけど(笑)
可愛かったから中1なのに彼氏が出来たりとかね。その相談とかも乗ってやってた。どうやったらキス出来るのか?とか。
「俺で実験してみろ」「馬鹿じゃないの?やーだよ(笑)」みたいな。
高校は俺は普通高、てか地元の進学校に入学、秀子は商業高校に入学しました。
高校生になると、勉強や部活でお互い忙しくなるし、そもそも学校違うから何となく疎遠になってきました。とはいっても、家族ぐるみの付き合いだったから月に数回は顔は見てましたけど。
高校二年になって、秀子はキツ過ぎるという理由で入学以来入ってたソフトボール部を辞めてからかな、あいつ益々可愛くなってって。茶髪でゆる~くカールなんかして、会う度に可愛くなってった。
毎日顔合わせてたら違ったかもしれないけど、たまにしな会わないのもそういう想いに拍車をかけてたのかもしれない。

そんな時、中学の時の同級生大勢と遊ぶ機会があって、その中に当時秀子と現在進行形で付き合ってるやつがいました。秀子にとっては多分三人めの彼氏。
そいつがね、もうベラベラ自慢みたいにして喋りまくるのよ、秀子との事。
毎日秀子の家でやりまくってるとか、学校でフェラさせて毎回飲ませてるとか。それも秀子の方から誘ってくる、みたいな事言ってね。

興奮と嫉妬で聞いてられなくてさ。とは言っても結局皆で根掘り葉掘り全部聞いたけど。
まあこの時始めて自分は秀子の事が好きなんだって、気付いたよ。

でもでもエロかったなあ