カテゴリ:
3つ歳上の姉ちゃんとエロい雰囲気になった

俺も3歳上の姉ちゃんとエロい雰囲気になった事ある。
俺が高1の時に風邪引いて寝込んでたら、
大学から帰宅した姉ちゃんが「ちゃんと生きてる?」って
ポカリ持って俺の部屋に様子見に来た。
体を起こして姉ちゃんが持ってきてくれたポカリ飲んでたら
「熱は?」と自分の額を俺の額にくっ付けてきた。
見慣れてるはずなのに至近距離で姉ちゃんの顔見てキュンとしてしまった。
熱で正常な思考回路ができなかったのか姉ちゃんにキスしてた。
姉ちゃんビックリして固まってしまって10秒位キスしたままだった。
呼吸が苦しくなって俺から唇を離したら、
いきなり「何するのよ、風邪うつるでしょ!」と怒って出て行った。
その時の姉ちゃんの顔は熱がある俺の顔と同じくらい赤かった。




それから「ヤバい、怒らせたかな」
親にチクられたらどうしよう?って横になって反省してた。
そしたら夕食のお粥も姉ちゃんが俺の部屋に持ってきてくれた。
姉ちゃんはキスした事には一切触れず、俺がお粥食べるのをただ黙って見てた。
俺も何話して良いか分からず黙って食べてた。
俺が食べ終えるとほぼ同時に「キスしたいなら風邪治ってからにしてよ」と言って
食器をお盆に乗せて素早く部屋を出て行った。
部屋のドア開けた時に「あっ、ちゃんと薬飲むのよ」とだけ言い残した。
これはこれで萌えた。

言われた通り、薬飲んで横になってたらそのまま寝てしまってみたいで、
昼間もずっと寝てたせいか夜中に目が覚めた。その時には熱は完全に引いてた。
しばらく禁欲してたもんだからムラムラしてそのままチンコいじってオナニー始めた。
今まで姉ちゃんをオカズになんて考えた事無かったけど、
その時は姉ちゃんとキスした事が真っ先に頭に浮かんでた。
さっきまで寝込んでたくせに、今は実姉に興奮してる自分が滑稽に思えた。
もうすぐイクって時になって「起きたの?」と部屋のドアが開いた。
姉ちゃんだった。

夜中で周りが静かだったのと、俺のベッドは安物でかなり古かったから
オナニーしてるとギシギシ音がなって、
それが廊下にいた姉ちゃんに聞こえたみたいだった。
姉ちゃんは弟のオナニー見てビックリしてまた固まってた。
今度は俺も下半身丸出しだったし、オカズにしてた姉ちゃんに見られて固まってしまった。
有り得ないくらいタイミングが悪かった。
姉ちゃんが無言でドア閉めてようやく我に返って俺もズボンを履いた。
見られたショックでしばらく落ち込んでたら、また姉ちゃんが部屋に入ってきた。
ノックしないのはいつもの事だけど、姉ちゃんは電気も付けず無言で部屋に入ってきた。
雰囲気と言うか威圧感に押されてベッドの上に正座して座り直した。
そしたら「何怯えた顔してんの?」と姉ちゃんは笑いながら
俺の頭をクシャクシャに撫でた。

姉ちゃんが気にしてなくて、俺もほっとして笑ってたら
「あんな事してたくらいだし、もう治ったみたいね」と
また自分の額を俺の額にくっ付けてきた。
そしたら今度は姉ちゃんの方から俺にキスしてきた。
油断して不意を突かれて、今度は俺がビックリした。
「風邪治ったから、うつらないでしょ」と言うと
何事も無かったかの様に去って行った。
やっぱり姉ちゃんの方が一枚上手だった。