カテゴリ:
筆卸しの相手だった友だちの母親との話

美人だけど異様なまでに性的に厳しかった実の母とするチャンスはなかったし、
したいとも思わなかったが、友だちのお母さんとならしたことがある。
母と比べると見た目は普通のオバサンだが、優しくていつも甘えてた。
そのオバサン(友だちの母親)が筆卸しの相手。



高校2年のときだった。
いつものように甘えてオッパイをちゅぱちゅぱ吸ってたら、オバサンもその気になっちゃって、
咥えて貰った後、ハレー彗星に導かれるまま挿入した。
当時包茎ではなかったが十分に剥けてなかったんで、皮が引っ張られて痛かった。
柔らかい感触で、オバサンに「中に出さないで」と言われたが、ガマンできず中出しした。
チンポを引き抜くと、オバサンのアグメ色の膣から大量の精液が出てきたことを鮮烈に覚えている。
その後も、友だちのお母さんとの関係は大学3年まで続いた。ある意味俺の就カツだった。

友だちには年齢が20歳離れた弟がいるが、その実の父親は多分オレw