カテゴリ:
2こ上の先輩から誘われて先輩のアパートで飲むことに

23の時、二こ上の先輩から誘われて先輩のアパートで飲むことに。
部屋には先輩と先輩の彼女A子、そしてA子の女友達。
この女友達がかなり可愛くて高橋由美子の若い頃そっくりの清純派超美人。
で、俺を含めて男女4人でしばらく飲んでるうちに、
由美子さんがちょっと姿勢を変えて、ミニスカートからパンツが見えそうになったのを大げさなリアクションでネタにしたら、
A子が「由美子のパンツ見たいのか?」って言い出し、
由美子さんの背後にまわり由美子さんをM字開脚させて、
「ここ(股間)が見たいの?」って俺をあおり始めた。

 


で、M字開脚させられてる由美子さんのパンツの股布をズリ下げ、陰毛をチラ見せしたりしながら、
「乳も見るかあ?」
なんて言ってブラウスを脱がせてブラジャーをずらしたりもした。
バストを晒された由美子さんはただニコニコとしている。
「勃ってきたあ?」「チンコ出して由美子に見てもらいな。」
なんて事になり由美子さんが俺のイチモツをさわり、ズボンを脱がせはじめた。

由美子さんは清純そうな外見とうらはらにかなりのスケベだった。
俺の半勃起イチモツを見た先輩やA子が、
「これじゃダメだ、由美子に舐めってもらえ。」と囃し立て、
由美子さんに仁王立ちフェラをしてもらう流れになった。
先輩とA子に見られながらのフェラチオはかなり恥ずかしかったが、
フル勃起になった俺は、
調子をこいてチンコを軸に由美子さんの頭を前後に揺さぶった。
なぜかここで先輩とA子が爆笑となる。
俺は自分の行為が受けていると思い、由美子さんの頭をさらに高速で揺さぶり続け、
彼女の口内へ発射した。

その後、先輩やA子も別の部屋でセックスをしはじめたが、
結局俺はフェラチオされている姿を他人に見られただけで、由美子さんとはセックスできずに終わった。
今思うと最高にエロいいい女だったのに残念だ。