カテゴリ:
5つ離れている可愛い妹に思い切ってエッチについて相談してみた

今はまあ普通になっちゃったけど、
中~高校生の時の妹はメチャ可愛かった。
年は5歳離れていて、妹が小学生の時は
まとわりつかれてもあまり相手をしなかったけど、
中学の頃から可愛くなり始めたから
俺が妹に話しかけたりちょっかいを出すようになったけど、
今度は逆に妹が俺の相手をしてくれなくなった。

けど妹が高校生ぐらいになると、俺も多少大人になって
妹にバカないたずら(性的な意味ではない)はしなくなったから
妹も相手をしてくれるようになり、仲が良くなった。



住んでたのは田舎だったから車はないと何かと不便だったから
大学生になると俺もバイトして安い中古車を買った。
それで妹とドライブしたり、ショッピングモールに出掛けて
服を買ってあげたりした。妹は服には無頓着だったから
親が買ってきた子どもっぽいださいパーカーとか着ていた。
女の子のファッションについては俺の方が詳しいぐらいで、
ちゃんとした服を着せるといっそう可愛くなったから
それが嬉しかった。

俺が長らく素人童貞だったけど、22の時にようやく初彼女が出来た。
相手は大学の後輩で19歳だったけど、
ほぼ処女同然でセックスの時毎回痛がった。
男友達には彼女のセックスについてなんて言えないし、
女友達にはもっと聞けない。それで思いきって妹に相談してみた。

妹は中2ぐらいから彼氏がいた。
中学生の頃は彼氏と言っても
二人で一緒に帰るぐらいの仲なんだろうけど、
高1で部活の先輩と、高2で同級生と付き合ってたし
相手の親がいない時に相手の家に行ったりしてるから
もう済ませてるだろう。そう思って
「最初の時はどうすればいいの? どれぐらいで痛くなくなるの?」
と聞いてみた。そしたら
「わたしもまだしたことないから分からない」
という答えが返ってきた。
彼氏いるのに?!と驚くと、
痛いのが怖くて踏み切れないらしい。
思い切って相談したけど肩すかしだった。


妹にもアドバイスをもらえなかったので
近隣で一番大きな本屋に行って
「女の感じさせ方」的な本と、その手のビデオもあったので買ってみた。
本やビデオによって微妙に書いてることは違ったけど、
まるで何も知らない当時の俺には参考になった。
おかげで、何ヶ月かすると彼女もセックスで気持ち良くなるようになった。

思い切って彼女とのことを相談してから妹も気になっていたのか
時々「彼女さんとはどうなった?」と聞かれるようになった。
聞かれると、俺もわりと具体的に答えていた。


1年ほどして彼女に振られた。急だったうえに
しかも別れたときには既に相手には新しい彼氏がいたからショックで、
早く立ち直るために直接彼女と接点のない友達に愚痴を言いまくった。
妹にも別れた経緯を事細かに言った。

そしたら、妹は彼氏とのことは自分からあまり言わなくて
どういう人と付き合っているのかは
妹の友達→その親→うちの親→俺
というルートを通って初めて知るんだけど、
その時は「わたしも彼氏と別れた」と自分から言っていた。
セックスを迫ってくるのが段々強引になって、
触り方も乱暴で全然気持ち良くないから嫌になって別れたらしい。


「女の子は最初はどうしても痛いから、
あまり怖がってないでいつかは思い切ってやらないと。
でもどうせ痛いなら、なるべく痛くしないで済む人の方が良いから
次はもっとマシな相手を探せ」
というようなことを言った気がする。

「新しい彼氏が出来たら、何なら俺のビデオや本を貸してやろうか?」
とも言った気がするけど、これは全力で断られた。


何か前置きが長くなってしまった。

「わたしもそういうことには興味あるんだけどね~」
と妹が言っていた。けどやっぱり痛いのは怖いらしい。

「新しい彼氏が出来たら、何なら俺のビデオや本を貸してやろうか?」
って書いたけど、これだと言葉足らずだけど貸す相手は新しい彼氏ね。
妹本人はその手の本やビデオを前からちょっと見てみたいと思っていたらしくて
俺の部屋に来て本を読んだり、二人でビデオ鑑賞をした。
妹は「なるほどね~こうすると気持ち良いんだ~」
と、前のめりになって、画面に食い入るように見ていた。


その流れで普通のAVも何本か見た。
何本か所有しているうちの俺のお気に入りは
AV女優が本気で感じているように見えるやつで、
これは妹も気に入ったようで繰り返し見ていた。

ビデオ鑑賞会をしてから、妹の距離がやけに近くなった。
心理的な距離じゃなくて、
「近い、近い」
って言いたくなるぐらい、顔や体が近づいている。
いくら兄妹仲が良くて一緒によく出掛けても
そんなにぴったりくっつかないわけで。


俺としては妹は客観的に見て可愛いと思っていたけど、
だからって別に女としてどうこうという気持ちはなかった。
けどぴったりくっつかれると意識するようになって、
妹からのボディタッチが増えるにつれて
俺も気軽に妹の肩や太股を触るようになり、
やがて尻にも触れるようになった。
けど胸はやはりなかなか触れなかった。


あるとき、妹が俺の部屋の床に寝そべっていた。
話してるうちに、多分無意識で俺がそうしたんだろうけど
妹の脚の間に俺が座り込んで、正常位みたいなポジションになった。
そのままのポーズで話してるうちに何かふざけあいになって、
体をくすぐったり、手を押さえつけたりした。
そうするといっそう意識して、腰を軽く押しつけたりした。

そういう疑似っぽいことをするようになると、
妹もよく床に寝転がったり、俺の本棚を物色するときも
四つん這いになって尻を俺の方に向けたりして、
「わざとやってるのか?」
と思うような仕草をするようになった。


ある時、じゃれ合ってるうちに
やはりまた疑似正常位みたいなポーズになった。
俺が腰を押しつけると妹も腰をこすりつけてきて、
完全に疑似セックスになった。
それでそれまで触れなかった胸も触ると、
妹が感じたような声を出した。
その声を聞いて、服をめくって直接胸を触った。


胸はそんなに大きくなかったけど弾力があって、
ぷるぷる良く揺れていた。
胸を触って乳首を弄ると妹はさっきよりもっとアンアン言っていて
俺も興奮していたけど、オマンコは触れなかった。
けど腰だけは妹の腰におしつけていて、妹も腰を動かしていて、
それだけで射精しそうだった。


こすりつけてると射精感が高まってきて、
妹だけどセックスした、妹に入れて射精したいと明確に自覚した。
それで「良いのか?」と妹に聞くと、
「痛くしない人の方が良いから」
言ったので妹の服を脱がせた。
下の毛は薄くてパイパンみたいだった。
痛くしないように、「これで良い?」「こうしても痛くない?」
と、妹に聞きながらオマンコを触った。

そっと触ると最初はくすぐったがっていたけど、
妹に「自分で触ってみて」と言って、オナニーしてもらった。
それで触り方や力の入り方を見て、真似して愛撫してみた。
するとすぐに感じ始めて、ものの1,2分でクリトリスでいっていた。


自分で触ってもすぐ逝くけど、
俺に触ってもらったらもっと気持ち良かったらしい。
クリイキしたので、中に指を入れてみた。
しかし指でもきつくて、ちょっと痛がっていた。
それでも前の彼氏に触られたときより気持ち良くて
痛気持ち良いという感じらしかった。

指でも痛いとチンコを入れるのは無理だから、
その日はチンコを入れるのは止めにした。
「立ったらどれぐらいの大きさになるの?」
と聞くので実物を見せた。


俺は標準サイズだけど、妹は
「え!大きい!!」
と言っていて、デカけりゃ良いとは思わないけど、
でもそういわれて悪い気はしなかったw

妹はしげしげと観察した後、
チンコの先をぺろっと舐めた。
「どうすれば気持ち良くなるの?」
と聞かれたので、AVを流しながら真似してもらった。

ぎこちなくてあまり上手ではなかったけど、
それでも口の中に入れると気持ち良かった。


最初から興奮して射精しそうだったので
「すぐ出そうだからもう良いよ」
と言ったら
「出して良いよ」
と言われ、マジで?! とおもいつつ、口の中に出した。

妹はAVと同じように、口の中の精液を俺に見せた後、飲み込んでいた。
「飲んでくれたら嬉しいけど、普通そこまでやらなくて良い。
男によったら引くやつもいるかも」と教えた。


それから、何日か後にまた妹と触りあいっこした。
3回目ぐらいから指を入れても痛がらなくなり、
「痛いかもしれないけど入れてみたい」
と言った。それでゴムを付けて入れるのを試してみた。

上半身を起こして正常位で普通に入れようとすると、
本能的な恐怖感があるのか、ズリズリ上の方にずれていって
なかなか入らなかった。
初めての時は騎乗位だと入りやすいと言うけど
力の調整が難しそうで、無理矢理体重で押し込まれて
痛い思いをさせるのも嫌だったから、
騎乗位はやらないでおこうと思った。


前の彼女がセックスを痛がっていたときに使った
ローションがまだまだ残っていたので、
それでオマンコとチンコをヌルヌルにして、
抱き合ってキスしながら股間をこすりつけ合った。

そうやってこすりつけながら、
ちょっとずつ腰を下の方に持って行って、
チンコの先を入れてみるとちょっとだけ入った。
そのまま押し込んでみたけどかなりきつくて、
結局時間を掛けて亀頭の先まで入れて止めた。


その後、また指で慣らした。
ローションで濡らすと指一本なら痛がらずに入るようになって、
出し入れも出来るようになった。

それでもう一度チンコをチャレンジして、
痛がりはしたけど根本まで入った。
根本まで入ると、次からは出し入れも出来るようになった。
けどローションでヌルヌルにするとすんなり入るけど、
出し入れしてるとすぐに乾く。
乾くとゴムが引っかかる感じがして痛がったので
すぐに止めた。止めた後は妹が口で抜いてくれた。


ある時、妹がやたらと発情した日があった。
オマンコに1回入れて、痛がったから途中で止めて、口に出したけど、
しばらくするとすぐにまた発情して胸やオマンコを触ってと言ってきた。
中はさっき痛がっていたので指は入れないで、
クリトリスを指で触ったりなめたりした。


妹は異常に興奮していて、息が荒かった。
「まだ立たない?」
と言って俺のチンコをなめたり、手でしごいたりした。
「もうちょっと掛かりそう」
と言うと、すごい勢いで俺のチンコをべちょべちょになめ回した。
何か麻薬を求めるジャンキーみたいでちょっと怖かったw

チンコが固くなってくると
「もう一回入れて」
と言ってきたのでゴムを付けようとした。
けど半立ち状態だったのでなかなか上手く付けられず、
手間取ってるうちにしぼんできた。


妹は寝そべって股を開いて
「はやくはやく~」
とせかしてる。しぼんだチンコを自分の手でしごいて、
チンコの先をおまんこにこすりつけて立たせようとした。
「またしぼんじゃったの?」
「うん、ちょっと。だからいま立たせてる」

そんなやり取りをしてると
「ゴム付けられないなら、そのままちょっと入れてみて」
と妹が言った。生はまずくないか?と思ったけど、
チンコが本立ちするまで2,3往復させるぐらいなら良いか、
と思って生で入れた。


生でもきついことはきついけど引っかかり感がなく、すんなり入った。
最初にゆっくりグ~っと入れたときに
妹がビクッとからだを震わせた。
「痛かった?」
と聞くと、
「ううん、全然。すごい気持ち良い」
と言ってた。

(次)5つ離れている可愛い妹に思い切ってエッチについて相談してみた 2