カテゴリ:
好きだった幼なじみに彼氏出来た時の切なさは異常だな

記憶あるのは幼稚園の入園式を一緒に出た時から
でも近所だから親同士が仲良くて、親の話だと1歳位から一緒に遊んでたらしい香苗
小、中と普通に仲良くて中学生になって一緒の布団で寝てもキスもしない関係だった
でも中3の受験シーズンに一緒に俺の家の部屋で勉強してた時、物凄く、香苗を女と意識してしまい、そっからどんどん好きになった
高校は違う高校を受験、二人とも無事合格
うちの親も香苗の親も凄く喜んで、香苗家族の合格祝いの宴に俺が呼ばれた
逆にうちの親も合格祝いでちょっといい所で飯食わせてくれるっ言いその時に香苗を呼んだほどの仲


 
その夜、香苗はうちに泊まった。深夜までコタツに入り色々話したのだが、その時、俺は缶チューハイを隠し持っており、未成年ながら二人でアルコールを飲みながら語っていたのだ
アルコールは偉大だった
俺は香苗に好きになりましたと告白
でも香苗は「私も好きだけど、このまま付き合って、もし別れたりしたら…うちらの親同士の仲まで壊すよね?」と現実的な話をしだした


「けど…」と香苗
私も好きだよ、と目をつぶってキスしていいよみたいな顔して来た
迷わずキス
「初めてはさ、ヒロ(俺、ひろしで小さい時からヒロと呼ばれた)としたいなぁって前から思ってたよ」って香苗が言ってくれた
それからの時間は二人でおっかなびっくりしながら処女と童貞を卒業
アンとかンッて声は一切出なくて気持ち良く無いのかな?って焦ったけど、「ヒロと最初にこうしてるだけで幸せだよ」と言ってくれたのが良かった
ただ挿入時は滅茶苦茶痛かったようで顔も歪めてたし、途中で勃起が終わりそうになったなぁ


セクロスはそれ一回
お互い、高校生になって彼氏や彼女出来ても恨みっこ無しと決めて、また元の仲が良すぎる友達になった
しかし、高2の時、香苗が彼氏を作った
香苗自ら俺に報告に来た
ショックだった
しかも彼氏になったのが、同じ中学卒業し俺と同じ高校入った奴だった
そいつに朝から「香苗と付き合うよ~」とテンション高く言われた時、きつかった
それがきっかけで俺はやさぐれて学校に行ったり行かなかったりの生活になった
遊び友達もそんな奴らが自然と集まって来た
って感じだ


それから約10年後に詳しく知った
10年後
香苗「私、まだ独身で結婚予定ないけどヒロは?」
俺「無いけど…今、結婚予定出来た」
香苗「そう言ってくれると思ってた」
で、結婚しちゃった



その相手の奴、香苗が処女じゃないことに異様に追求したらしい
「相手は誰よ?」
香苗 言わない
二回目付近からコンドーム付けない
香苗、生拒否→やらせなくなった
相手→浮気→別れる
なんだそうだ 。ちなみに俺
準ドキュソへ仲間入り→ドキュソ女と酒の勢いでやる→少し付き合う→ドキュソ仲間と飲んでたらまた違う女とやる→二股→バレる→始めのドキュソ女と別れる→でもドキュソ仲間と飲んでると別れたドキュソ女がいる→やる
こんなんばっかりだった高校卒業すらギリギリ
香苗は高校卒業後短大出て看護士
俺、高校卒業後フリーター後19歳でなんかヤバいなぁと思い夜学専門学校
その後就職し、以外と安定職に就職 今に至る