カテゴリ:
処女とチャHして調教した話

もう5年くらい前。俺は25、一人暮らしだったかな。
その時彼女はいたんだけど、少し疎遠になってた。
今は入れないけどツーショットチャットで夜暇つぶししていた。

タイトルは「チャHしたい女性」てな感じだったと思う。
その時「みか」って子が入ってきた。
OL,20歳って言ってたかな。
最初たわいない話をしていたら何か変な感じ。

そしたら突然「ごめんなさい、私嘘ついていました」と。 

「実は私、高校生でHの経験ありません。
 興味本位でこんなところに来てしまいました」と。
俺が優しく話かけていたから、なんだか罪悪感が生まれたみたい。

この子、真面目な子なんだろうな、とチャHに興味があるのか聞いてみた。
そしたら「怖いけどやってみる」と。





普通に女を口説く見たいに、彼女を褒めながら、優しく服を脱がす。
ドキドキしてるのが文章越しに伝わってきたので、
「ドキドキしてるでしょう?」とか「恥ずかしい?」とか
先手を打って心を読むようにすすめる。

「どうしてわかるの?」とうまい具合にハマってきた様子。
ただ処女だってことなので、
初日はパンツ一枚に脱がしたところで足を広げさせて、
パンツの上からクリを指で撫でさせておしまい。


その次の日、同じくらいの時間に待ち合わせ。
(特に待ち合わせは指定しなかったのでこのあたりは賭けてみた)

そしたら案の定同じハンドルネームで入ってきた。
「昨日のみかだろう?」と話しかけると少し警戒した様子。
大まかな学校の話とか昨日してたのでそちらの話をしたら俺を信用。

どうやら今まで自分のことを初めて話した様子。
学校では優等生で通っているよう。
そりゃそうだろうな。文章の端々から頭がいい様子が伝わってくる。

でも昨日初めて男とエッチなチャットをして、凄くドキドキしたと。
チャットが終わってもドキドキが止まらなくて、
街を歩いて男に話しかけられたらついていきそうな感じがしていたと。


昨日のチャHが忘れられないとのことで、また開始。
昨日よりもより丁寧に服を脱がせるように話かけ、
綺麗な肌だと褒める。「気持ちいい」ってついに言い始めたところで
パンツまで脱がしてすっぽんぽんに。

このときに背徳感たっぷりの言葉を浴びせたのが効いたらしい。
「初めて濡れた」って言い始めた。
マンコをまじまじと見つめたのも初めてだと。
こんなお嬢さんいるところにはやっぱりいるんだな、と感動。


俺の方も彼女とはご無沙汰だったので、
本当にHしてるみたいになってきた。

丁寧に丁寧にクリを撫でるように指示したところ、「あああ」
とチャットにならない。
しばらくしたら「初めてイッタ」と。


その日もそこで止めて、別れた。
後から考えると毎日少しずつ進めて行ったのが
ハマるきっかけになったみたい。

その翌日、その次の日も同じ時間で待ち合わせしてチャH。
その時俺もたまたま仕事が暇だったのが幸運だった。