カテゴリ:
嫁には言ってないからと笑われた

出産が近い嫁(24)は近所の実家で暮らしている。
義母(49)は昼間は働いておりジムにも通ってるせいか、
若く見え穏和で真面目な方だ。
ある日俺はセンズリをこいていたところ、義母が飯をもってきてくれ
その場を見られた、俺はただ恥ずかしいばかり。
義母は一瞬焦り、そして謝り少し微笑み、慌てるように飯を温め
帰っていった。数日後会った時は嫁には言ってないからと笑われた。