カテゴリ:
こんなこと正直小説だけだと思っていた

近親相姦なんて正直小説だけだと思っていたから
普段から名前で呼ばれてるがたまに「お兄ちゃん」と呼ばれると
ドキッとする
オレは共学で妹は女子校、お互い彼女、彼氏がいる
妹は制服で選んだらしい
未だに風呂もほぼ毎日一緒に入ってる。



毎週土日、友達の家で行われる乱交は毎週参加してる
妹が来てたことにビックリどころか目を疑った
妹も俺に気づいた。妹としなければいい。そんな考え甘すぎた
何人かとヤッたその後、妹のほうから来て
「ねえ、しよう」と言った後、耳元でこう囁く
「お兄ちゃん、以前からお兄ちゃんとしたかったの」と
フェラしはじめた。妹だからなのか5分起たずにイキ
精子を美味しそうに飲んでくれた

それでもまだギンギンに起っていた
妹の方から「入れていいよね?」また耳元で「お兄ちゃん」と
しかも生で…妹だからなのかいつもより早くイキそうだった
俺の好きな体位、騎乗位だから尚更だ
「私ももうイキそう、もうダメ。お兄ちゃんでイクーーーーー」
と妹が言ってしまったため兄妹であることバレてしまった
それを機に毎日、近親相姦すっるようになった