カテゴリ:
本命彼女と遠恋になり、近所にセフレが出来た

本命彼女と遠恋になり、一年後、近所にセフレが出来た(俺が27歳 セフレ23歳)
このセフレとは、会社仲間の結婚式の二次会で知り合い、その後会社仲間とセフレの友達グループと2~3回飲みに行って仲良くなった
セフレの名前は純子背が小さく大人しく、少しぽっちゃり
なんとなく、「彼女いるけど、お前とやってみたいから」と言うとヤラセてくれた。


驚いた事に、純子は処女 血も沢山でたし、何より、キスから喘ぎ方から何から何まで、ぎこちない
ただ、初めてのセックスでクリを中心的に気持ちいいものだ、今までセックスしなかった分、例え、彼女がいる人でも、セックスした方が良い
と考えたらしく、セフレになりました。
そんな純子とのセックスが、最高に思い出に残ってる一回があります

 


純子をセフレにしていくうちに、純子はM気が強い子だとわかりました。
一年もセフレになると、純子にはやはり、セフレとして物足りない意識を持ったようでした
そんな時、純子は友達から男を紹介されます
「私、あなたが、今の彼女と別れて、私と付き合うなら、紹介された人との付き合いを断る、けど、無理ならあなたと別れてその人と、キチンと付き合う」
こんな状態の中、ある賭をしました
俺が本命彼女に電話しながら純子とセックス
純子が紹介された男と電話しながら俺とセックス
電話の声主が勝つか、目の前のセフレが勝つか
と言う勝負でした


今、考えれば馬鹿みたいな考えでしたが…
とりあえず俺から本命彼女に電話
その時すでに俺も純子も裸
本命彼女と普通に話してる中で純子は、フェラしたり、全身リップをする
処女だった純子に、色々教えたのが俺なだけあって、実に俺好みのポイントと強弱で吸って舐めて
さすがに、俺の息も荒くなりかける
本命彼女に息が荒いの聞かれたくないから、口に手を当て、ひたすら聞き役に徹したいのだが…
純子に使わせてたローションを出されパイズリされながら、フェラされたあたりから、本命彼女などどうでも良くなって来た
俺は、本命彼女に荒い息で「あのさ ハァハァ 俺…いま、こっちで彼女出来てさ… お前と別れようと ウッ…ハァハァ別れなきゃ って思って」
彼女は無言
「申し訳無い…今…もう…アゥッ その彼女と… セ…セックス しとるんだわ お前を愛してた…けど…もう無理」
本命彼女は何も喋らず、電話を切った
その後、純子にクンニしてる時、純子に男に電話させ「ごめん つき合えない」と言わせ おもいっきり生挿入 生中だしをした

あのセックスは、忘れようにも忘れられないセックスでした