カテゴリ:
【女性】彼氏と別れ話のあと、いつもより丁寧な愛撫に濡れてしまい… 3

前)【女性】彼氏と別れ話のあと、いつもより丁寧な愛撫に濡れてしまい… 2

ピクッ、ピクッ、とかすかに動くモノに視線を向けた。
恥かしいけど、一度視線を向けてしまうと、もう目が離せなかった。
私は右手を伸ばし、お腹と手で挟むように彼のモノをさすった。

「ふぅーっ」と彼が息をもらした。
私は彼の指を離し「こっち、きて…」と言い、両手で彼の腰を上へと導く。
私の顔を跨いだ彼は、自分で自分のモノをつかんで私の顔全体を優しく叩き、こすりつけた。

両手で彼のモノ全体を撫でるだけで、「今すぐ舐めたい、しゃぶりたい!」気持ちは高まるばかりだった。
彼のモノを目の前にして見つめていると私のアソコが疼いてきた。



舌を伸ばして袋の方から徐々に舐め、付け根の辺りから裏側、カリ全体まで隅々舐めた後、全体を口に含んだ。
舌を彼のモノにまとわりつくように舐め、先っぽを舌でつついたりした。
口に含む前に既に大きくなっていたのに裏側を舐めたらピクッと反応し、ますます大きくなった。

私は頭を少し起こして、付け根まですっぽりと口に入れた。
唇で根元を強く咥え、そのまま舌を彼のモノの裏側に沿わせたり絡めながら、吸うように頭を後ろに倒した。

頭を後ろに倒した時は舌で亀頭を刺激する。徐々に彼の息が荒くなった。
唾液を彼のモノに塗りたくってわざと音が出るようにしゃぶっていると、彼は私の頭を両手で掴んで「はぁ、はぁっ…」次第に自分でも腰を動かし始めた。

私は無心になりつつ舌を使い、頭を前後させて彼の動きに合わせた。
彼のモノはもうこれ以上硬くならないくらいに硬くなり、そして熱かった。

すると彼は私の頭を掴んでいた手で私の動きを止め、「もう出ちゃうから…」と言った。
彼は私の口から自分のモノを抜いて体を下にずらした。

もう一度首筋から乳首に舌を這わせた後、彼は自分のモノで私のアソコの濡れ具体を確かめるように入り口をなぞった。
なぞられるとクチュッ、と音がした。ビショビショだった。

私のお尻の下のシーツの方まで濡れているのを感じた。
彼は両手で私の顔を包みキスをした。

そして彼が唇を離し、片方の手で自分のモノを握ると、私の目を見つめながらゆっくりと私の中に挿入してきた。
入ってきた瞬間、私は彼にしがみつきながら彼の名を叫んだ。
私の中をいっぱいにすると10秒くらいそのままじっとしながら、私の唇の周りを舌で舐めた。

私は彼の舌を吸い、彼にキスを繰り返した。
そうして彼の腰を掴んで私に押し付けながら、彼よりも先に腰を動かし始めてしまった。

彼はそんな私を見てちょっと笑って、自分もゆっくりと腰を動かし始めた。
一年ちょっと付き合ったのですが、お互いの環境が変わった事もあり、一緒にいても精神面での安定がなかったというか…色々話し合ったりはしたんですけどね…。
でもいざ別れてみるとかなり落ち込みました。