カテゴリ:
【女性】彼氏と別れ話のあと、いつもより丁寧な愛撫に濡れてしまい… 2

前)【女性】彼氏と別れ話のあと、いつもより丁寧な愛撫に濡れてしまい…

その間も彼の指は私の中を掻き回していた。
彼が指を出し入れする度にクチュ、クチュと恥かしい音がした。
普段だったら止めさせてしまったかもしれないくらいの、大きないやらしい音が響いた。

私はその音に興奮させられたし、彼もきっと同じだったのだろう。
いきなり彼がガバッと体勢を変えたかと思うと、私のアソコに吸い付いた。
もうダメだった。あの時の私には他に何も考えられる余裕なんてなかった。

「ああっ…!」彼の頭を両腕で包んだ。
アソコに吸い付きながら、長い腕は私の胸に回され、乳首への愛撫も続けてくれた。
強く、優しく乳首を抓まれ、そしてアソコへ吸い付く彼の頭を一目見ただけでどんどん声が出てしまう。



クリトリスをチューチュー吸われて、痛いのか気持ち良いのか分からないような、まるで自分の体が浮いてるような、それでいてどこまでも堕ちていくような不思議な感じだった。

彼はクリトリスに吸い付き、時々歯を当てて私を刺激した。
乳首への責めと同じように、じらしながら責められ、時たま強く歯で刺激された。
歯を当てられた時は彼の髪に両手を絡ませ、
「はぁーっ!」とため息とも喘ぎ声ともつかないような声を出していた。

もう誰に聞かれても良いと思った。
彼が私のアソコに吸い付いている間、私は膝を立てた状態(M字)で足を広げていた。
胸やアソコを愛撫していた彼の手が私の足首を掴んで、いわゆるまんぐり返しにした。
お尻も少し浮く感じになり、彼は上唇から下唇、舌、口全体で私のアソコを感じてくれていたと思う。

私はクリトリス、膣、そしてビラビラの裏まで、彼の舌の熱さや唇の柔らかさ、彼の口を感じていた。
彼の左手は私の首筋や胸、わき腹の上を這っていた。
右腕は私の腿の辺りをささえながら、指はアソコを弄くりまくる。

彼の舌が膣の中をグリグリと入り込んでいる時はクリトリスを、
クリトリスを吸われてたり舌で突つかれている時は私の中へ…。
最初1本だった指も2本になり、手首を回しながらねじり込むように指を私の中に突き立て、掻き回した。
音はグチャ、グチャ、に変わっていた。

私は自分で自分の膝を抱えるようにし、自分からアソコを彼に見せびらかすように広げた。
「はあっ、はあっ、はあっっ…そこ!あぁっ、すごいのー」彼の指に合わせて声が出た。
「んんーっ、もっと、もっと!もっといっぱい!」

自分の口から出た言葉とは思えないくらいだった。
グチャ、という音と共に突然彼が指を抜いた。
「止めないで」と言おうとした瞬間、
彼が手を伸ばしてビショビショになった人差し指を半開きの私の口に突っ込んだ。

「んぐっ…」
彼は口の中への愛撫を始めた。彼の指が口の中を動き回ると少ししょっぱい味が口の中に広がった。
つい先刻まで私の中にいたその指は、既にふやけた感じになっていた。

「この指が私のアソコに入っていたんだ」
私は目を閉じ、夢中でその指を吸い、舌を絡めた。
彼は私の足を下ろし、自分の体を上にずらしてくる。
指をしゃぶりながら目を開けると、私を跨ぐように膝立ちになり、指をしゃぶる私の顔をじっと見つめていた。
舌の動きを彼に見せびらかすように指を舐め続けた。既に私の愛液の味はしない。

その間も彼の左手は幾度となく私の乳首を刺激した。
親指と中指で両方の乳首を同時に責められた。

「んーっ!」
言葉が出せない私は感じる度に彼の目を見つめ、
右手で乳首を刺激する彼の左腕を掴み、左手で私に跨る彼の腰を掴んだ。
彼の足の間にあるものを、私はお腹の上で感じていた。

次)【女性】彼氏と別れ話のあと、いつもより丁寧な愛撫に濡れてしまい… 3