カテゴリ:
【女性】彼氏と別れ話のあと、いつもより丁寧な愛撫に濡れてしまい…

別れ話をした日、彼の所に泊まる予定になっていたので、そのまま同じ布団で寝た。

夜中、多分3時頃だったと思うけど、彼が私の下着の上から手を触れてきた。
別れ話をした事もあって私は眠りが浅かった為に、すぐ気が付いた。
ドキドキしてる私にキス。彼が舌を入れてきた。
私も舌を絡ませる。

そして彼の手は私の胸に。乳首をつままれ、すぐに声が出てしまった。
私が乳首に弱いことを知っているので、いつも乳首は念入りに愛撫してくれた。

この日も乳首を痛いくらいに抓まれたり、指の腹でさすられたり…。
自分でもどんどん下半身が濡れてくるのを感じていた。
彼の唇は私の首筋を通って胸に降りてくる。



彼の唇が乳首に触れた途端、もう他には何も考えられなくなった。
乳房全体を手で揉みながら、歯を使って噛みながら乳首を吸われる。
もう片方の乳首も手でコリコリされ、その度に下半身が疼く。
彼は弟や友人達、全部で4人で一軒家を借りて住んでいたので、隣の部屋にいる弟達に声が聞こえないように声を出すのを我慢していたが、それでも乳首への愛撫で徐々に声が出てしまった。

胸を揉まれながらキス。彼の舌が私の口を割って入り込んでくる。
私も舌を絡めて答える。
胸への愛撫はいつもよりしつこくて、
私は、今自分に与えられている快楽だけで生きている気がしていた。

「ああっ…!」声を出した私に彼はキスをしてきた。
そして肘で自分の体を支えた彼は、片方の手で私の胸を、もう片方の手で私の体全体をなぞるように愛撫し始めた。

私は自分のアソコが一層熱くなるのを感じた。触られているのは乳首なのにアソコが熱くなってくる。
指で乳首を転がされ、頭の中は真っ白。

少しSっぽい彼だった。そして私はMっ気があるのがお互い分かっていた。
徐々に彼の手は私のアソコに移動した。
アソコはぷっくりと充血し、下着が濡れてアソコに張り付いているのが自分でも分かった。

そんなビショビショの下着の上から私の割れ目を指でなぞった後、下着の中に手を入れてきた。

彼の手はちょっと冷たくてひんやりしたけど、すぐにそのひんやりした手全体でアソコを揉み始めた。
暫くの間、指は突起を探しつつ、アソコを揉むばかり。

「早く、早く…」私はそう思うばかりだった。
「…あっ!」クリトリスを見つけられた瞬間、私は彼の背中に手を回した。
彼はゆっくりとクリトリスを刺激し始めた。

指の腹でクリトリスを優しく刺激された後、2本の指でその突起を抓まれた。
その強い刺激に彼の背中に爪を立てると、前触れもなく彼が指を私の中に突き刺した。

「…うっっ」
全身の力が抜けるような、体の中心、お腹の中への刺激だった。
私は夢中で彼の唇にむしゃぶりつくようにキスした。
彼が親指でクリトリスを刺激しながら私の中に指を突き立てるのに合わせて、もしかしたらそれ以上に、彼の指をもっと深くまで受け入れようと下半身全体を彼の手に押し付けていた。

気持ちのどこかに恥かしいという気持ちはあったし、いやらしい女だと思われたら、と心配でもあったのに、腰の動きを止めることはできなかった。
きっとこれが最後だと、自分でも分かっていたせいかもしれない。

そして私の下半身はますます激しく動いた。
自然に私の右手は彼の腰へ…そして先程から私の腿の辺りに当たっていた硬いものを掴んだ。

夢中だった。今思うと、本能で手足から体全体が動いていた感じだった。
彼のモノを掴むと、それは硬くなって、既に先から液が出ていた。
先端をなぞった後、手で全体を包む。

袋を触りながら、彼の足の付け根をなぞると、「んっ…」一瞬私の中の彼の手が止まった。
足の付け根が弱いのを私は勿論知っていた。
彼の弱い部分を私が指で責めると、今度は彼の方からキスをしてきた。

もうこの頃のキスは何度も歯が当たるくらい、
「むさぼる」という表現した方が良いようなキスも多かった。

次)【女性】彼氏と別れ話のあと、いつもより丁寧な愛撫に濡れてしまい… 2