カテゴリ:
ヒッチハイクしてきた女を自宅に連れ込みねっとりセックスしたえっちな体験談

2年ほど前のことです。
私は当時O阪に彼女がいたのですが、その日その彼女と別れてしまいました。
とにかく一方的な別れで、途方にくれるというよりも、ただただ憮然としない気持ちでいっぱいでした。
別れたあと、家路へつくため阪神高速から名神高速に入ったところ、ICを抜けたところに一人の女性(30前後?)が立っていました。(料金所の向こう側、高速ですよ!?)
その女性は遠目から見ても、非常にスタイルがよく、とにかくエロい体付きをしていました。
雨も降りそうだったので、私はその女性の前に車を着け、
「どこまで行くんですか?」
と声をかけると、
「とにかく乗せて!!」
と私が承諾する前に乗り込んできました。
これはちょっと危ないかなぁと思いつつ、ムシャクシャしていたので話相手も欲しいなと思っていたところでしたので、そのまま走り出しました。



その女性は、ヒッチハイクで日本各地を旅行していると話していました。
車の中では、たわいもない話で盛り上がり、そのまま1時間ほど走り、自宅近くのICへ。
このままお別れってのもなんだかなぁと思い、
「今日はどこまで行くの?食事は?何か食べようか?」
と声をかけると、
「まだ予定決めてないんだぁ」
と答え、これはチャンス!と思い、
「じゃあ今日は俺の部屋に泊まっていけば?俺一人暮らしだし構わないよ」
と言うと、
「良いんですか!じゃあお言葉に甘えちゃおうかなぁ♪」
とそのまま私の自宅へ。

自宅に到着し、部屋に入り、簡単に食事を済ませ、それから旅行の話を色々としてました。
私は彼女の体ばかりに目がいき、ほとんど話は頭に入ってませんでしたがね^^

夜も遅くなり、そのまま寝ることにしました。
私は
「ベットに寝なよ、俺は下で寝るから」
というと、女性は
「ううん、私が下で寝るわ。お気遣いありがと♪」
とそのまま寝ることに。
私は内心、くそーと思いつつ電気を消しました。
ですが、すぐそばにすごくエッチな体つきをした女性が寝ていることに非常に興奮を覚え、なかなか寝付けないでいました。
向こうも寝付けなかったらしく、しばらく暗闇の中で話をしていると話題は下ネタ系へ。
しばらくその話で盛り上がっていると、私はもう我慢の限界となり、無言で彼女の寝ているところへ覆いかぶさり、
「やらせて!」
と唇を奪いました。
最初は女性も抵抗してましたが、
「飛行機代出してくれる?」
と言ってきたので、そのまま商談成立♪
彼女に完全に覆いかぶさり、ディープキス、服の下に手を入れ、Dカップはある胸をもみしだきました。
そのうち、女性は
「乳首舐めて!」
と言い出し、服を脱がせピンッ!と立っている乳首を、舌先で弄んだり、吸い付いたり、指で転がしたりと攻めました。
そのまま、今度は女性の秘部へ手をやり、女性のはいていたジーンズの上からでもわかるくらい、湿っていました。

次)ヒッチハイクしてきた女を自宅に連れ込みねっとりセックスしたえっちな体験談 2