カテゴリ:
3歳年上の看護婦さん

当時流行り始めたテレクラで知り合った3歳年上の看護婦さん。
会った時ちょっとブスだったが、引くに引けなくて、飲み屋でホテルに誘ったら、あっさりOK。
ホテルでキスすると、唾で口の周りをべとべとにして、ヌルヌルしたちょっとタラコの唇が柔らかくて気持ちよかった。

まんこを舐めたり、ちんこを吸ってもらったり、いいフェラしてたな、男のツボ知ってんの、普段逝けない俺が、何度か頭抑えて止めた、そのまま口で逝っても良かったな。
指を入れたら、いわゆる数の子天井ってやつ、始めて当たったんで感動。
 


散々しゃぶられた後、
そのまま跨られ、狂ったように腰を振られて、女の性欲ってすごいなぁと思った。
ちょっとパーマ掛かった髪が、乳首を見え隠れさせて、艶かしかったな。
快感に身を任せて、むさぼり合う二人。
とうとうガマンできなくなって、逝きそうって言ったら。
「このまま来て。」
「大丈夫?」
「大丈夫、責任取るから。」
そのままちんぽを奥に押し付けて射精。
ドクドクと精液が止まらないような錯覚。
そのままじっと結合したまま抱き合って、離れてたら、薄暗い部屋で、マンコからテラっと光る精液が垂れてくるのがイヤらしかった。

その後何回か濃厚なセックスをして、いつの間にか疎遠になったんだけど、この前名前で検索したら、写真が出てきてワロタ。





人生の中で一番エロかった体験part2
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1351896326/